ニワトリ号と折檻イス

vha24-01ニワトリ号、ひさしぶり!

リタノフやツバメ号で酷使したパーツを寄せ集めニワトリ号でさらに酷使したため、チェーンリングが限界まで磨耗。 やがて加速時や登り坂でチェーンがガツン!と脱落するようになりまして、、これ、けっこう怖いし危ないので以来1年半、ニワトリ号は玄関先のオブジェとなっていました。

部分的に交換しても磨耗したパーツが全体の偏磨耗の原因ともなります。 ホイールを共有しているカッパ号の分も含め、時間をかけてパーツを買い集めました。

とりあえず今回はニワトリ号の駆動系パーツを一新します。

chb04clg5チェーンリングにFC-6650(アルテグラSL)50Tです。 品薄の中、運よくネットで見つけました。 チェーンはCN-7801(デュラA)でやはり品薄気味。 スプロケットはCS-5700/12-25T。 一世代新しくても互換があり、高級感あるアルテグラでなくピカピカした105です。 僅かに重いが変速性能は劣らないそうで、ここは見た目の好み優先!

世間は11段へと順調に変遷していく中、私はこうして10段に居座ることにします。

続いて、例のアレを。

続きを読む

クロスバイクと硬いサドル

vha09-03Pandaはタイヤ・ホイールの換装で933gの減量。 あと67gの大台へと乗るところまできました。

スタンドや前カゴをつけてる時点で、軽量化なんて何のことだ?って話ですけど、フカフカすぎて長距離には不向きと感じていた初期サドルを硬めのものに変えたいと思っていたところなので、サドルを使って67g軽くしてみたいと思います。

ということで、サンマルコ・ポンザを用意いたしました(ここまでが前回の話です)。

vha09-06が。 実物に手にした感触は私が求めていたものでなく、、、もうちょっと硬いのが良いんですヨ。 ポンザは装着することなく未使用のままヤフオクへ出品、その代わりに、ちょいとスパルタンなサンマルコ・コンコールをゲットしました。

コンドルのクチバシに似た形状だからコンコール。 往年のコンコール(スーパーコルサ)や、ランスやコンタドールといったツール名選手の愛用品のコンコールライトとは異なり、こちらのコンコールは現代風にアレンジされた形状で、さらにセンターに溝・穴があります。

vha09-91これまで使用してきたサドルのうち、座面中央が全体に凹んでいるサンマルコ・アスピデスペシャライズド・トゥーペは200km走っても平気なほど、私には相性ピッタリでした。 対して、このコンコールの座面後部(座骨が乗るあたり)がアスピデやトゥーペほど中央が下がっておらず、かつて、名品にも関わらず相性NGだったサンマルコ・リーガルに似た座面を成しています。

高確率で失敗しそうなのに、形状がカッコいいという理由だけで買ってしまった。 という事です。

それでは、本題?である重量比較へいってみたいと思います。

続きを読む

1キロ軽量化

vgi28cf-11先日、Panda(Gios Mistral)のタイヤ換装が失敗に終わりました。

純正のワイヤービードをアラミドビードへ換装し500g超もの軽量化でしたが、結果、旧タイヤのほうがスピードに乗りやすく、おそらくそれはトレッドパターンが要因だったかと思われます。

vgi28cf-51そこで。

快適な28c、スリック、軽量、廉価という条件から適した品を探したところ、全て該当する品はなく、パナのクローザープラス(Panarecer Closer Plus)700x25cとなりました。 タイヤ自体の嵩(かさ)が少ないため、さらに軽量化されるというオマケがつきます。

28cに対し25cはタイヤ自体の嵩(かさ)が少ない分さらに軽く約220g。

バネ下重量、特に外周部の軽量化は、単なる車体の軽量化の何倍!?もの効果あると言われます。 せっかくの機会だし、余ったアレを使っちゃいます。


続きを読む

3本目チューブレス

gj03md01何とも幸運な話。 仲間が使わなくなったホイールをお譲りいただきました。

WH-7900-C24-TL

グレードはデュラエースで、アルミにカーボンを被せた軽量かつ頑丈なホイール。 チューブレス派の私には嬉しい、7801SL、6700に続く3本目のチューブレス向けホイールです。

続きを読む

快楽コンフィ

gf26clg01Pandaの700×28c標準タイヤ:KENDA-WESTを、同サイズのPanaracer-Confy (以下、コンフィ)へ入れ替えました。 ブログ上は直前ネタですが、これまで3ヶ月もの記事放置や怠ったコメレス、失礼いたしました。

タイヤ1本あたりの重さは、KENDA-WESTは535~549g(個体差、摩耗差あり)、コンフィは285gです。 軽量なチューブ:R’Air(78g)に入れ替えてあり、前後タイヤ+チューブで500gを超える軽量化となります。

gf26clg02バネ下の軽量化による効果は、本体軽量化の5倍?10倍?15倍?? 諸説あって、どれが正しいか分かりませんが、とにかく効果は大きそうです。 個人的には、乗り手の体重を減らすのが軽量化の近道だと思いますけどね。w

さておき、ブログはサボっても自転車にはちゃーんと乗ってましたので、使った結果をレポしたいと思います。

続きを読む

パナキヌメ、パナスギメ

ge28-01アダムセブンで、仕事先からの帰路の事。

後輪の回転毎に鈍い異音が発生、だんだん音が増し、しまいには何かを踏んだようなモコモコ感が。 会社に帰着する直前、ガムでも踏んだみたいにピタンピタンと車体に何かが当たる音がするのでタイヤを見ると、黒い大きな物がくっついてる様に見えました。

あっ! これだ! と思った直後に パーーーーーーーーン!! と破裂。 びっくりした通行人に謝っておきました。。

ge28-07タイヤ表面のケーシングが裂けた穴から焼き餅のようにチューブがはみ出し、膨らみ切って破裂をした、という事態でした。 同じ事が8年前にもありましたが、その時は不良ロットのタイヤ(パナレーサー)でしたが、今回は摩耗を放置していたことが原因です。

遠方じゃなくて、会社の前でよかった。 とりあえず今は前後とも外し、家で余ってた23cを履かせています。

こんな摩耗状態でもあったので、次はどんなタイヤを買おうかと思案していたところで、ついに購入へと至りました。 懲りずにパナレーサーですヨ。(^^) なんとなくパナが好きなもんで。

続きを読む

ちょこっとクロスレシオ

gd18-03今回のお題。 Panda(ジオス・ミストラル)のギア比の話です。

初期状態は、前48-38-28(3s)/後11-32T(8s)で、ギア間が粗いのが特徴です。 加速時には気になりませんが、一定速度で走りたいとき、その速度に適したギアが無い事がしばしばありました。

前48Tの場合。 自分が使いたい速度域にリア18Tと15Tの3T差が有って変速時にガツン!と衝撃がきます。

ge_gr1132表にしてみましたが、こういうのをワイドレシオと言うのでしょう。 カバー範囲が広く、加減速が多い街中では便利なギア構成かもしれませんが、私には不便どころかストレスです。

シクロクロスでもグラベルロードでも、ましてMTBでもない、Pandaはただのクロスバイクです。 ヤワなこの子で悪路は走りません。 私が使いやすいクロスバイクにしましょう。

今度はあんまり弄らない。 のような宣言をしたばかりですが、あれは嘘です(ワハハ)

あれこれ欲しがる前に、まずは手持ちの物から開始。 初代リタノフの時点で他人からの譲渡 → アンジェ → アダム へとジプシーの如く渡り歩いてきた13-26T(8s)へ変えてみたいと思います。 コーカン~♪ コーカン~♪


続きを読む

クランク異音オシマイ

ge24-05カッパ号のクランク回転毎にカチカチと異音。 こいつぁ、聞き飽きました。

ペダリング周期の異音の原因は、ペダル、クランク、BB、シートポストなど様々挙げられますが、高確率?と言われるペダルが異音の原因ではありませんでした(前スレッド)。

立ち漕ぎをしても音はやまないため、シートポストの線もなし。 よってクランク周りが原因と思われるので、今回はクランクとBBをすべて外し、再度装着してみることにします。

これで異音が消えれば万事オッケー、消えなければ機材の故障(=交換)って事で。^^

続きを読む

ペダルを分解してみたぞ!

gd29-08シマノ PD-A530  私のペダルの中では最も新しいもので、クロスバイク=Panda用です。 見た目にデカい!

片面が普通の靴でも使えるのはもちろん、SPD使用の発進時にキャッチし損なっても、広いフラット面を踏んで加速できるのが便利です。

gd29-07対して、ロードバイク=カッパ号で使用しているPD-A600。 アイスグレーで無駄のないフォルム。 さすがアルテグラと思うほどに美しいペダルです。

ただし、裏返って踏んでしまうとクリートでガリガリとやってしまうため、昨年10月から僅か半年でキズだらけ(泣)。 傷はまぁ仕方ないとして、つい先頃からクランク回転毎にカチカチと異音を出すようになりました。 すごーく気に入ってるのにショックが隠せません。

とにかく使用を中止。 策を練ることにしました。

続きを読む

トリセツモトム良品キャリア

gc29-05乗りつけたらサッと降りて遊び、終わったらサッと去る。 そしてまた次へと。 横浜や鎌倉でこんな風に楽しめるといいですねぇ~

アダムセブン号で覚えた楽しみ方ですが、手始めにスタンドをつけたPanda。 今回はフロントキャリアの装着です。

このキャリアは本体305g、金具あわせて370gを割るくらいで軽量な部類です。 実は2個目でして、不良品のため返品した最初の品は2倍の重さがありました。 取付先はスポーツ車なわけですから、2個目の本品は重量を考慮して購入しました。

続きを読む