ロードとダボ穴

クロモリロードのカッパ号にリアキャリアが付かないか?と。 目的違うだろ?という話はヌキね。w 

今持ってるキャリアを取付けるには車体側にダボ穴が必要ですが、そんな穴なんて一切ないロードバイクにどうやって取り付けるか、です。 上部(シート側)と下部(車軸側)のうち、今回は下部がテーマ。


とりあえずコレ。 クイックリリースに一緒に噛ませる為の金具で、M5ダボ穴があいてます。 薄型で頑丈、取付も非常にカンタン。 

 

130mmのエンドに対して135mmのQR軸を用意し、実際取り付けてみると、、、いや、取り付けようしたのですが、向きが難しい。 車体側の構造上この向きしか出来なさそう。 実際やったわけでないのですが、おそらく振動で回転しシートステー末端に当たって塗装が剥げるかな? 車体エンド部の形状によると思いますが、少なくともカッパ号には不向き。


仕方ないので、シーステーに締め付けるタイプの物を購入。 これでうまくいくかどうかは次のお楽しみです。 

 

スポルティーフが欲しいと思いますが、すでに3台を室内に置いてる身としては増やせないなぁぁ。 増やせたとしても、それはチネリ・スーパーコルサかな。 ちょっと話の方向性が違う?(笑)

 

終電ちうい

総武線各停。 この時間帯に乗る事が多いのですが、今日の車掌さんはいつもと違った。

 

車掌さん: この電車は船橋付近で上り最終電車とすれ違います。 お乗り過ごしのないようお気をつけください。

 

車掌さん、人の痛みが分かる人らしい。 

 

小岩で降りるはずがつい1駅、江戸川を渡って市川へ。 上り終電が終わってて徒歩で帰った事が数回あります。 たった1駅で済んでるからまぁいいですが。 

 

point of no returnは西船橋か。 車掌さんの心意気が嬉しいですね。

ドラム抜き工具

ママチャリのドラムブレーキを着脱するための工具。 

 

正しくは、ユニバーサルホルダー。 こんなのどこにつかうんだ?と思ってるのに、ママチャリのドラムブレーキのバンドがキーキー言い始めたら自分で交換できる!とこじつけ、いちばん廉価な1,100円(送料込)のを、またまたAmazonをポチッとやって購入しました。


他に使い道あるのか?と調べてみると。 こいつは自転車のドラムブレーキ専用なんかでなく、クルマやバイクのドラムとか何とかプーリーとか? いやいや、すごい汎用性じゃないか!

 

でも、この先1回でも使うんだろうか??

カオスなママチャリ

緑ママチャリの修理開始。 後輪を外すのが少し慣れてきて、YouTubeを見ずにできるようになりました。 後輪軸にはスタンド、リアキャリア、RDガードが重ねて固定されており、ここはカオス? 順番忘れないようにしないと。 

ママチャリやシティサイクルの詳細は分かりませんが、この車体にはチェーンアジャスターが付いていません。 何故だろう? 

スポークが折れてリムが大きく歪んだために今回はホイールまるごと交換となりました。 内心ローラーブレーキに換えたかったのですが、そこはぐっとガマンしてドラムブレーキ用のホイールにしたわけですが。いざ、旧ホイールから新ホイールへ移植! という段になって。

  どーやって外すんだ、おい? 

どうやら。 ドラムを外すには専用工具が必要ですと。 

ネット上では自作工具を作った人もいましたが、ケガしそうなので、専用工具をアマゾンでポチッと。 工具が届くまでは後輪の作業は中断です。 


お話のオマケに、、 

たった2年なのにハンドルが酷く錆びてます。 グリップやレバーが付いてた所だけ、もとの黒色。


たまたま新品みたいなフラットバーが1本。 クロスバイクについてたやつを外したものだと思いますが58cmもあるので、フラットバーのママチャリ何台かに当ててみて、同じ幅にカットしました。

 

予定外の工具と予定外のハンドル交換。 片手間にやってたら時間かかりそうですねえ。。

後輪パッチパッチ

妻の赤いママチャリがパンクしていて、私の黄緑のママチャリはスポークが折れて動かない。 ママチャリ全滅。 


乗るのが無いのは困るので、作業時間がかからない、パンク修理から開始。 

ママチャリの後輪を外すのが大変なためチューブだけ取り出す作業。 水を張った洗面器でパンク箇所を探し、パッチ当て。 

前に貼ったパッチもあってボコボコしてるし、全体的に品質が粗悪なチューブだから、そろそろ交換かな。


話変わって、ロードバイク系のチューブ。 『パンクしたら新品チューブ』なんて耳にしますが、私としてはそんな無駄より他にお金使うところあるだろ?と思い、チューブ自体が劣化するまではパッチ当てで再利用しちゃいます。 

レースやってるわけでもなく、そもそもロードバイク2台はチューブレスだし、クロスバイクで再利用チューブは当たり前。 過去、多くて4ヶ所パッチなんてのも(笑) 

 

写真のパッチの小さいほうがロード用です。 比べるところは大きさでなく厚み。 小さいほうは0.8mmで、通常版よりかなり薄いです。 ヤスリとゴム糊を使う点は同じですが、従来のボコボコした感じがほとんどなく、私みたいなチューブが劣化するまで使い続ける派には打って付けです。

 

10枚くらいいけますかねぇ~? セコセコ?

スポーク72本ください

ママチャリのスプロケットとチェーンを換えようと言ってから1ヶ月が経ってしまいました。 格安グリップが中国から届くのに半月。 やるやると言いながら後輪の脱着が面倒でさらに半月。 そろそろやろう! と、ウソっぽい決意をした、その時。 

 パキッ!

と聞こえた気がしました(たぶん聞こえてない)。 スポークが折れてリムがぐんにゃり。 

 

スポークのサイズも販路もわからずDYIは断念、スポーク1本に対して脱着工賃が高そうだけど徒歩5分の購入店へ押して行ったが定休日。 毎日前を通る徒歩2分の自転車屋さんへ行くと、スポーク全部変えないといけないから、72本だから5000円以上かかる、、、と。 

 

私見ですが、1本だけ交換は同品以外はテンションが不揃いになるため全交換が必要なのか? でも、単位は一台分の72本か? 36本って無いの?

という話が自転車屋さんであったわけでなく、明らかに面倒そうな態度。 日を変えてでも購入店へ持ち込むべきだったか。

 

ロードと違って1本くらい折れてもママチャリは平気と思ってましたが、チューブがはみ出て破裂するほど歪んでます。 買い替えが無難か。

結局、いつものアマゾンで送料込3,030円の27インチホイールをポチッと。

 

ローラーブレーキにしちゃう? と迷いましたが、従来通りのドラムブレーキ用にしときました。 ハハハ 

シビレ花山椒

本日のランチは錦糸町の会社近くにある中華料理。 谷記と書いて『くき』と読み、錦糸町には何店舗かあります。 

個人的好みですが、麻婆豆腐定食(ランチ/税込627円)がすごく美味しいと思います。 

メニューは豊富なのに、麻婆豆腐を食べないのが惜しくて、麻婆豆腐しか頼まない。 

実は私。 近所で買った花山椒(漢源花椒面/カンゲンファージョーメン)を小瓶に入れてコッソリ持ち込んでました。 ビリビリ痺れてさらに美味しい! 3回ほどお店に置き忘れましたけど(アセ) 

 

ある日小瓶を持ってなくて、試しに『山椒増やせますか?』と聞いてみたら快くオッケー! なんだ、今まで何をコソコソやってたんだろ? 今では『山椒多めにお願いします』が普通になりました。 

青椒肉絲定食が美味しそうだけど、次回もまた麻婆豆腐定食なんでしょうねぇ。。。

由比ヶ浜の夏

毎年の事ですが、気がつくと8月末。季節を1週間に例えると日曜日のサザエさんの時間帯。 

暑い分には平気だと普段から言ってるように、ほんと、一生夏でもいいくらいです。(^^) 

由比ヶ浜のこの防波堤の上。 普段はカップルでいっぱいなんですが、最高気温37度の今日は私の貸し切り! ウハウハ

カクテイ日立

仕事がらみで茨城県の日立まで行ってきました。 契約者は日立へ転勤してる友人なのですが、何かにつけてわざわざ上京してくれるので、たまにはこっちから行こうと。 

 

が、それ。 予想外にものすごい距離でした。


江戸川区に住んでる者としては、茨城県なんて千葉のちょっと先くらいの感覚ですが、実際の茨城県は縦に長い! 

 

職場から3時間半。 快速と普通列車乗り継ぎという青春18きっぷみたいな交通手段で日立駅へ。


日立駅に着くと目の前に海がバーッと広がります。 眺望がスゴイ。 

 

ここは自転車でまる1日かけて、どっか泊まって朝日を浴びて海沿いを走ったらさぞ楽しいだろうなって思いました。 少し先は高萩、さらに先は福島県。 もう、東北行っちゃう??


この距離で特急を使おうという気がなく、やっぱり18きっぷみたいな旅が好き。 ブログネタにしてませんが、昨年まで3年連続で夏、大分まで18きっぷ旅してました。 めちゃタノシー! 

 

帰路は混んでドア際に立った私。 皆さん『すみません』と言いながらドア開閉に手を伸ばしてきます。 そうそう、ドア際の人は皆のために操作する暗黙のルールがあります。 4駅目あたりで皆さんのお気に召すタイミングで開閉ができるようになりました。(^^)v 

 

自転車旅もいいけど、チンタラ電車旅もいいなぁ〜


夏休みの宿題

私の実家の2mある大谷石の外壁。 私の記憶では40年も昔、当時は見た目に立派な外壁でしたが、厚さ僅か16cmで鉄筋なし。

先月の大阪の地震でお子さんが下敷きになったという痛ましい事故がありました。 

倒壊、きっと怖かったでしょう。 私感ですが、下敷きとか生き埋めなど、、何よりも恐怖を感じてなりません。 地震や災害で尊い命を終えてしまった方々へご冥福をお祈りいたします。


あのニュースを見て、今度はウチが同じ事故を起こす!?と慌てる思いで、とりかかりました。 

何でも自分でやりたい派として。 大谷石の塀は庭の土留の役割をしてるので、次の作業のため、ある程度の土を取り除きます。 掘った土は圧縮から解き放たれ容量アップ! 土嚢袋で23袋。 けっこう重労働です。。手作業ですから。


何でもやる派と言っても、ここから作業はプロのおじさん任せ。 ユンボでガッツンガッツンやって、トラックで運んでいっちゃいました。 プロの仕事は速いしキレイ。 

土嚢袋の作業は工費をケチっただけですけどねw まぁ、そこは質の低下にはならないでしょう。


8月のお盆あたりの日程で大谷石の撤去に1日。 休日2日あけてアルミ製フェンスの設置に2日。 あっという間に完成しました。 予算や工事規模から全部とまではいきませんが、グラつく危険のある部分はなくしました。 なんか、ホッとした瞬間。 

 

工事で変わりゆく写真がありますが、絵日記の数ページにしやすそう? 

 

そーいやー、子供が小学生のときは宿題手伝ったけかなぁ、、、嫌な大人の私は、自分がやった痕跡として大人の技術を宿題の中に残しときました(自爆)