レンバンの太いヤツ

流行りにつられ、ロード用に25cチューブレスタイヤを購入しました。

クロスバイクPANDAは以前から25cですが、元々ワイヤービードの28cクリンチャーだったのをアラミドビードの25cへ大幅な軽量化で、スリック化も相まって、そりゃもう体感できるくらいに走りも変わりました。 

さて本題。 この間シートポストが重量アップしたところへ、23cだったのを25cへ。 軽量化を逆行する話です。


外して廃棄とする23cと比べてみます。 まず、広げてみたところ、25cのほうが僅かに大きい。 内心もっと差があると思ってました。

続いて重さ。 摩耗した23cと新品の25cを比べる事が無意味とは分かってますが、とりあえず計量。


23cと25cの違いよりも、同じ23cなのに283gと327gとで大差があるのに驚きました。  

ペッタペタになるほどすり減ってないのにこの重量差。 後輪の減りが早く前輪の倍くらいかな、前後を同時に交換するとは限らないので、購入時期の違いからマイナーチェンジで大幅に軽量化されたとか?(←根拠無き憶測です)

重い方の23cと、新しい25cとの質量の差がほとんどない。 これはスゴイかも?
装着の作業はひとつにつき5分かからず、これまでに無いくらい装着が簡単でした。 好感度バツグンですね!

ロゴ部分に「25」とデカデカ書かれてます。 そしてホイールにはリム高の24で連番。 サイズばっかり表示してどーすんだ?

夢の25cチューブレス

ドライ系チェーンルブを3種類買ったら、あわせて5種類になり『こんなに使えねぇよー!』と。 長期保存のため中身が分離して使用不能になりチェーンに固形アブラがつきまくる。 ゆうべ、そんな夢を見ました。 なんか病んでますね、ワタシ。 

 

その矢先、会社へ25cチューブレスが届きました。 ウワォ 

シートポストの軽量化は拘らないと書いたばかりですが、バネ下重量は全体に影響大というのはクルマでも常識。 これまでの23cよりサイズが増える分を軽量化すべく上位のフォーミュラと迷いましたが、何度も換える消耗品のお値段も重要。 とりあえず従来と同じ品でやってみます。

流行に近づくのも目的ですが、ニワトリ号のチューブレスがヒビ割れてたので要交換でした。 タイヤが5本になってヒビ割れる夢を見るのかな、ワタシ。。

ロード野郎25cが熱い!

物欲党の仲間と近所のプロショップへ行った先週末。

ゴードンさん、今はみんな25cなんだよ。 って。

はっ?何ですと!? 23cじゃないの? 店内のロード完成車もフレーム売りの展示車も、見てみたらほとんどが25cだった! カルチャーショック! 

ゴードンさん、サイクル誌見てないでしょ? と。

ハイその通りです。 初期28cのクロスバイクはだいぶ前から25cですが、世の流れには無関係。 ロードバイク2台は何れも23cチューブレスのまま。 

調べてないので、いまなぜ25cなのか理由は分かりませんが。 イイんじゃないですか〜 摩耗や劣化でチューブレスは間もなく交換時期、私もこれからは25cだな (^^)v

  

※注 太めのタイヤが入らないような23c専用ってフレームもいっぱいありますから、『私も25c!』というブログ読者様が居られましたら、念のため買う前に装着可否を確認してくださいね。

簡単チューブレス

eh16-02毎々チャレンジャーの如く、チューブレスタイヤの交換です。 これ、苦手な人が多いですよね。w

2組あるチューブレスのうち、WH-6700(ULTEGRA)は購入以来リタノフで数千キロ走り、そろそろハブのメンテをしたいので、現在はお休み中。

写真のWH-7801SL(Dura-Ace)は5月までツバメ号に装着していましたが、現在はチネラーとカッパ号の2台で使い回しとなり、ここへ来て急に出番が増えました。

表面はさほど磨耗していないのですが、ひび割れてしまって、やむなく交換となりました。

続きを読む

チューブレスは手でやれ

ea25-01リタノフの後輪が年末に2回パンクしました。 滅多にパンクをすることのないチューブレスタイヤですが、接地面が平らになってしまうくらい磨耗してきているのが連続パンクの原因の様です。

2010年9月からリタノフをチューブレス化。 このキッカケで200kmライドが習慣化し、年末のパンクで使用不能になるまでに、リタノフで34回(7,471km)行ってきました。 200kmに達しないライドを足すとおおよそ1万キロ。 前輪は1本で持ち、後輪は2本目が終わりました。 乗り方に個人差はありますが、前輪は10,000km、後輪は5,000kmが磨耗の目安の様です。

ではここで。 前後ともタイヤ交換したいと思います。

続きを読む

タスキリレーは横浜で

ea03-072013年の初ライドは1月3日。

お初は横浜。 「好き」という理由だけで、大晦日の走り納めが横浜。 三が日の走り始めも横浜。 往復90kmという距離は半日サラッと流すには程よい距離です。 写真の場所。 ロングライドのときは右へ行きますが、今回はロングへ行けないので、左のMM方面へと行きます。

まず、MM(みなとみらい)に入ってすぐのベイクオータ(Bay Qurter)のあたり。 いつもならば何気なく渡ってる帷子川(かたびらがわ)で、橋の際から降りれるのを発見しました。

降りた場所は高島水際線公園(水際線プロムナード)という場所で、夏だったら涼しげですが、冬の水辺ってのは、ホント寒いですねぇ。

季節を外して失敗した感たっぷりですが、行く先にはちーっと面白い奴らがいました。


続きを読む

クリスマスのパンク王

dl24-12.jpg夏型人間を自称する私は猛暑も平気だし、暖かい日なら雨でも平気です。 一方、寒いのがまるでダメでして、12月~2月という苦手なシーズンが到来です。
それでも、こうして自転車をやるようになってから風邪をひきにくくなったのは嬉しいですネ。
記事を書いてる今はもう年末年始モードですが、これは12月24日の話。
もともと22日(土)に200kmライドに行くつもりが雨だったので中止とし、24日(振替休日)に変更。 クリスマスイヴだからと私に予定があるわけではありませんが、少しは早く帰ろうと、いつもの小田原より片道にして30km短い江の島を目的地としました。
江の島に到着する寸前。 『そういえば、奴らはどんな服を着てるんだろう』 そう思って、江ノ電の江ノ島駅前へと入っていきました。

 

続きを読む

少数でもチューブレス党

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

ci17-01.jpg9月17日(土)
青空の下をリタノフに乗って、いつもの鎌倉方面へ出かけました。
材木座海岸から逗子方面へ。 三浦半島を時計逆周りに走って200kmライドと行くつもりでしたが、逗子で昼食をとってる頃に仕事の電話が。。
すぐに対応しないといけない内容で、やむなくライドは断念。 走行距離76kmにして、逗子から横須賀線に乗り、輪行での帰宅となりました。 輪行袋は持っていませんでしたが、先日仕込んでおいた90リットルのゴミ袋+ストラップが大いに役立ちました。
(だからといって、あんまり嬉しくありませんがw)

ci20-06.jpgここで気になっていたのが、タイヤの劣化です。
1年前に購入のこのタイヤを履いたリタノフでの走行距離は、判明しているかぎりで4720kmとなりました。(200kmライドは17回)
自転車のタイヤは後輪だけが早くに磨耗しますが、この距離を走ってみて後輪の表面が平らになっているのが手で触っただけで分かるほどに減っちゃってました。
この状態に気付いたのが7月の事。
「そろそろ後輪だけ交換すっかな」と思って新しいタイヤを1本だけ購入しておいたのですが、17日(土)の走行の直前になって、表面のヒビや亀裂が意外と多い事に気付き、途中でパンクするのでは?という不安を持っていました。
結局、仕事の都合でDNFとなってしまいましたが、これを機にタイヤ交換をしたいと思います。

続きを読む

タイヤ修理5本 総額105円

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

cf11-01.jpg先週のライドでは1年半ぶりのパンクで、チューブレスタイヤに大穴があきました。
新品に買い換えるのがベストですが、スポンサーがあって機材が供給されるプロの世界とは違い、機材は大切に、たとえ消耗品であっても寿命を迎えるまで使い切りたいのが我々アマチュアの世界なのではないかと思います。
という事で、 大穴があいたチューブレスタイヤを補修 する事にしました。 やってみてダメなら、そこで諦めて買い換えようと思います(–;
写真のタイヤは、ツバメ号に装着されているチューブレスタイヤ“FUSION-3”です。
先日のパンクの際に、チューブを突っ込んだ上で穴をアロンアルファで応急処置しました。 処置の直後は表面にアロンアルファがテカテカになっていましたが、その後200km走り、表面が削れて傷口が分かりにくくなった状態となっています。
見た目に表側は塞がっていますが、裏側にはきちんとした補修が必要です。

 

続きを読む

ハングリーは精神だけに

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

cf06-01.jpg江戸通り(R6)の小伝馬町を走っていると、後輪からシュルシュルシュル・・・
それはパンクして空気が抜ける音。
チューブレスだからエアーが抜けるのが遅いな、などと感心してる場合ではない。 それにしても、最後にパンクしたのはいつの事だろう?というくらい、長い事パンクしていませんでした。
2009年12月のパンクが最後
このパンク、わりと大きな穴ですが、とにかくすぐ走れる様にしないといけない。
6月4日(土) ・・・ このパンクが1つ目の事件。 こうして受難続きの1日が始まりました。

 

続きを読む