琵琶湖イチバン

自転車野郎にとって東京湾一周と似たような、西では琵琶湖一周。 ニッポンイチなのに、ちゃんと見たことがない琵琶湖。 このままでいいのか、と夜行バスに乗り11月24日朝、大阪へ。 

琵琶湖には大きな北湖と小さな南湖。 今回は私、北湖の下半分を軽く走っただけですが、1周200kmの『ビワイチ』コースを走ってる自転車乗りが沢山いました。 内回りとなる反時計回りをビワイチと呼ぶらしく、路面の随所にビワイチの青いマークが描かれていました。 次回は朝からスタート出来る体制でビワイチやってみたいっすねー!


写真は県庁所在地の大津のマンホール蓋。 湖畔の道路には下水の地下水路が少ないのか、マンホールを全く見なかった自治体の区間もあり、ネタが大して集まらず、マンホール蓋は次回以降の課題です。

こんな感じで1日半。 の〜んびり走ってきました。


旅の締めくくりに京都の伏見稲荷大社で御朱印を戴く予定でしたが、行ってみたら受付時間を終えてました。 ありゃりゃ。。 新幹線の指定席は終電まですべて完売だと。 うぎゃおぅ。。 紅葉シーズンの連休だったんですね〜 普通気が付くだろう、、ズボラすぎ。

1週間前に決めて忙しくて指定席まで気が回らず、結果、東京までデッキに立ったまま。

座席無いと気付いてたら行かなかったかも? でも思い返せば楽しく、座れなくても大して疲れず、自転車持って乗れただけでも十分。 御朱印が欲しければ、また京都に行けばいい。 すべて結果オーライな、気負わない琵琶湖でした♪ イッテヨカッタ!

箱根芦ノ湖へ挑むオトナ

6年前から “ひとり箱根駅伝” と言っておりますが、箱根駅伝の全区間を自転車で走破しようとしてました。 

が、今年は前日仕事で寝不足のうえ右脚が不調なため、大幅に距離を減らし北鎌倉スタートとしました。


今年は私を含め参加者5名。 小田原に集合ですが、2人は自宅から自走という健脚で安定した走り。 もともと平地専門のところへ寝不足でロヘロの私は、距離を離されるばかりでした。 

まぁ、坂は苦手ですが、とにかく楽しかった!


こんな楽しい“箱根”は物欲党仲間のなかこ〜さんが過去6回にわたって企画してくれてましたが、全体の年齢アップ?からか参加者減少という傾向をみて、本年度を最後の箱根イベントとしていました。 

なかこ〜さん、これまで毎年ありがとうございました。 次は何して遊びましょうかねぇ? 東京湾1周とか、三浦半島1周とか。 しばらくやってないからw


このイベントを振り返りますと、7回中6回の開催(雨天中止1回)で私は5回参加。 走破できなかった2012年2013年はブログ記事にしていますが、あとはサボって記事にしておらず。 実はちゃんと走破していました(嬉)

  • 2012年 復路横浜でDNF 217km
  • 2013年 復路横浜で予定終了 211km
  • 2014年 不参加
  • 2015年 全区間走破 256km
  • 2016年 全区間走破 259km
  • 2017年 雨天中止
  • 2018年 往路北鎌倉・・・



  • 北鎌倉からスタートして北鎌倉で終える133㎞の予定でした。 復路の茅ケ崎から雨が降り始め一旦は雨宿り。 再スタートし、行く先の江の島に上がる花火の二尺玉を眺めたところで雨が本降りとなりました。 天気予報を信じて雨具用意していない。 

    箱根駅伝のコースと称してながら実は当該コースでなく、毎回R134を直進して鎌倉を経由していた私。 DNFを決めて曲がった場所は松波交差点、不本意で偶然にも駅伝のコースへ。 藤沢駅で自転車を丁寧に拭いて輪行、半分にも満たない119㎞で旅を終えました。 

    惜しいには惜しいが、これまで2回走破しているし、また走ればいい。 オトナの判断って便利!? 神戸を走破するにも2年かけ、西への旅は台風で持越して次回のオタノシミ。 うはは、自転車ってリタイヤしても面白い~!

    QRは使い回せ

    前スレッドに続いて輪行の話です。

    先代の輪行袋(オーストリッチ・ロード220)はサドル後面とリアエンドを底面とし、機材保護のためリアエンドには専用金具を用いてました。 

    現・輪行袋逆さまに収納。 サドルとハンドルが底面なので、エンド金具はフレームのヨジレ防止だけを考えれば良さそう。

    そこで。


    ステンレスパイプとワッシャだけを用意。 クイックリリース軸(QR軸)はホイールから外したものを使用です。 先代のオーストリッチ製の時も、やはり付属のQR軸は使わずホイールのQR軸を使って荷物を減らしてました。


    ホームセンターで売ってるステンレスパイプ(外径13×910mm)を、ワッシャー2枚の厚みを加算して100mmと130mmになるようにカットし、切り口はヤスリで磨きます。 約300円で売ってるので1台分で100円ほど。 ヤスイ〜

    レディース輪行袋

    かれこれ2年近く使ってます。 この輪行袋、すごく良い。

    赤い自転車のロゴがレディースっぽいですが、実際にもレディース用として販売されています(使ってる私は男です)。

    grunge(グランジ) キャリー輪行袋
     

    自転車を逆さまにして両輪を外し、ホイール専用袋に入れ、ファスナーを閉じるだけ。 あとはトートバッグの様に肩からかける。 エンド金具(別売)は必須と思いますが、車体やホイールの固定が不要なので作業時間が短縮され、パッド付の太いストラップが持ちやすい。


    商品説明では520mm以下のロードバイクとあり、フレームサイズとは一般にシートチューブ長(クランプ上~BB芯)を示すものと思われます。

    対して、身長172cmの私が乗る2台のロードバイク。 カッパ号(MASI)は表記フレームサイズ530㎜でトップチューブのホリゾン換算の実寸が545mm。 ニワトリ号(CINELLI)は510㎜(←スローピングの為、表記は小さくなる)のホリゾン換算545㎜。 いずれもBB~サドル上面705㎜。 この2台で使用しても問題なしでした。

    クロスバイクだと話は別。 写真のPANDAはハンドルを幅485mmにカットしていて、何とかギリギリ入るくらい。 他の車体は未経験ですが、普通のハンドル(520mm)だと、たとえ小さい車体であっても厳しい気がします。


    難点は、、、畳むと意外とかさばる。 ホイール袋を含めると、オーストリッチ製の一般的な輪行袋(私のですとロード220)の、体積が倍近いかな。。 袋自体の厚みがあって頑丈だから、個人的にはまぁヨシです。

     

    同社商品でもっと薄手な品(ホイール袋なし)が売られてるので、コイツが破けたら薄手の品も考えてみたいと思います。 気に入ってるから高確率でリピるということで(多分また厚手の同品を選択すると思うw)。

    ハートマークが、ちと照れくさい。。w