レンバンの太いヤツ

流行りにつられ、ロード用に25cチューブレスタイヤを購入しました。

クロスバイクPANDAは以前から25cですが、元々ワイヤービードの28cクリンチャーだったのをアラミドビードの25cへ大幅な軽量化で、スリック化も相まって、そりゃもう体感できるくらいに走りも変わりました。 

さて本題。 この間シートポストが重量アップしたところへ、23cだったのを25cへ。 軽量化を逆行する話です。


外して廃棄とする23cと比べてみます。 まず、広げてみたところ、25cのほうが僅かに大きい。 内心もっと差があると思ってました。

続いて重さ。 摩耗した23cと新品の25cを比べる事が無意味とは分かってますが、とりあえず計量。


23cと25cの違いよりも、同じ23cなのに283gと327gとで大差があるのに驚きました。  

ペッタペタになるほどすり減ってないのにこの重量差。 後輪の減りが早く前輪の倍くらいかな、前後を同時に交換するとは限らないので、購入時期の違いからマイナーチェンジで大幅に軽量化されたとか?(←根拠無き憶測です)

重い方の23cと、新しい25cとの質量の差がほとんどない。 これはスゴイかも?
装着の作業はひとつにつき5分かからず、これまでに無いくらい装着が簡単でした。 好感度バツグンですね!

ロゴ部分に「25」とデカデカ書かれてます。 そしてホイールにはリム高の24で連番。 サイズばっかり表示してどーすんだ?

A型向けの手組みホイール

前スレッドの続き、自宅から自走してきた健脚な2人の自転車の話。

デローザの持ち主は、江戸川区の私より遠いところから自走でやって来たという美女。 ブルベやってるそうで走りはシッカリ、使用感あふれるチタニオがかっこいい。

悪条件にも強いチタンはブルベ向けなのでしょう。 雑に扱えるはずですが、私にはそんな使い方できませんがな。。。 A型ですから(自爆)


続いてコレ! 注文フレームもステキですが、なんと言っても手組みホイール。 ネットでスポークの長さを計算し、自分で組んだそうです。 『キンリンのリムが安かった』と笑ってましたが、そんな銀色リムが光っててカッコイイ!

ここ10年以上、完成車をバラしては組み直し学んできた私には、こうして自分で調べて作るなんてスゴイ!と感心するばかり。

計算してスポークを選定する自信が私には無いので、ちゃんと指導して部品手配くれるか、もしくは最初だけは組んでもらうか? などど、プロショップを模索中(^^)v A型ですから〜アハッ

最後の箱根が雨でDNFでも、こんなトキメク自転車に出会えたんなら、私には十分な収穫でした。

キャリア搭載ロード

ロードバイクへリアキャリアを搭載する話(続編)です。 前スレッドではシートステーにキャリア脚部を固定するパーツを2種類用意し、このゴム付きの方を使うことにしました。

 

こっちのほうが車体を傷つけずに済みそうだし、後述する『水平な設置』に効果ありそう。 下部の固定は他の選択肢を知らず、まぁこれでヨシとして。。


上部についてはロードバイクの場合、本品に限らずシートポストへ固定する物をよく見ます。 本品にもその為のクランプが付属しますが、水平な設置には程遠く、恥ずかしいくらいに後ろ下がり。

水平仕上げに向けていろいろ考え、ホームセンターやダイソーで見つけた金具を加工し、組み合わせました。


ミノウラ製でボトルケージホルダーという品で、なぜか?道具箱にクランプ部分だけが有り、加工したステーと組み合わせます。 このクランプには大小あって大きい物ではバイクタワーとか、よく考えられた品だと毎々感心します。


ミノウラに限りませんが、周辺機材の会社ってすごい。 発明王か!という品が、不便なロードバイクを使いやすくしてくれます。 

そんなクランプの助けあって、無事シートポストへ固定。


結果こんな感じ。 すこーし、後ろ下がり。。 完全を求めたいですが、バッグを装着するとほとんど分からないのでオッケーとします。 

 

話変わって、カッパ号のホイールはデュラのWH-7801SLで23cチューブレス、普段はこれを履いてますが。。


ここでPANDAのWH-R501の25cクリンチャーと交換します。 リアキャリアには前回の伊勢〜神戸のときからWH-R501のスポークをくくりつけてまして、スポークが折れたくらいで旅は諦めないという意思でもあります。

そして、クロモリで旅をしたかった! 数日間ですが間もなく、神戸の先へ出発します。 

それにしても、カッパ号には黒いホイールでなく銀色のピカピカなホイールを履きたいですね。 こりゃぁもう手組みか!? ぐふふ(^^)v

革命のサムシフター

7月末から1ヶ月半もかかってますが、パーツが届かなかったり工具が足りなかったり。 実質的にそんな作業時間かかってませんが、学ぶことが実に多く、また頑丈なママチャリも思った以上にダメージを受けてることが分かりました。


チェーン、スプロケット、7Sサムシフター、グリップを用意し、スポーク折損により後輪自体を新たに購入(ここまでは前スレッドの話)。 その後、ケーシングが破けるほど後輪タイヤが劣化していることが判明しタイヤも購入。 これらの消耗品が約8,400円。 今回購入したユニバーサルホルダー等の工具は含んでません。

ここでは趣味と割り切ってますが、普通はここに工賃も加算されるので、こんなにもダメージ受けたら買い換えるのが普通かも。。


さて、6段→7段とした結果。 写真のマル印2ヶ所に問題がありました。 

ディレイラープロテクターにリアディレイラー(以後RD)が当たって6→7へシフトできない。 これはディレイラープロテクターを取り外し、RDは外側へシフトできるよう可動域を調整。 RDが7段に対応してるかの互換性は調べていませんが、正しく変速されるしキャパシティ(ローとトップの歯数差)は同じなので、これでオッケーとしました。 

あと、6→7へシフトするとチェーンカバーの固定ボルトが貫通して裏に突き出た部分にチェーンが当たる。 短いボルトを持ってなかったため、ワッシャー2枚を挟みボルトを浅く挿して対処しました(いーのか、こんなんで??笑)。


スプロケットのデータ等でのサイズが不明で、実測もしていません。 同じ変速幅の中で6段7段と刻みの違いだと勝手に思い込んでましたが、状況から推測して6段より7段のほうがスプロケットの厚みが増したかの様。 結果的にうまく動きましたがRD可動域を広げる必要があったので、互換性どころか規格を外れた改造だっと思われます。 ママチャリの多段化は、人さまにはオススメできないカスタマイズです。

さておき、フラットバーのママチャリ(シティサイクル?)は大抵、リアキャリア無しでサイドスタンド。 リアキャリア+両立スタンドはチョッパーハンドルが多く、今回のフラットバー+リアキャリア+両立スタンドはあまり見ない気がします。

けっこう使いやすいですよ、これ。 特にサムシフター最高! オススメしませんが、お気に入り^^

カオスなママチャリ

緑ママチャリの修理開始。 後輪を外すのが少し慣れてきて、YouTubeを見ずにできるようになりました。 後輪軸にはスタンド、リアキャリア、RDガードが重ねて固定されており、ここはカオス? 順番忘れないようにしないと。 

ママチャリやシティサイクルの詳細は分かりませんが、この車体にはチェーンアジャスターが付いていません。 何故だろう? 

スポークが折れてリムが大きく歪んだために今回はホイールまるごと交換となりました。 内心ローラーブレーキに換えたかったのですが、そこはぐっとガマンしてドラムブレーキ用のホイールにしたわけですが。いざ、旧ホイールから新ホイールへ移植! という段になって。

  どーやって外すんだ、おい? 

どうやら。 ドラムを外すには専用工具が必要ですと。 

ネット上では自作工具を作った人もいましたが、ケガしそうなので、専用工具をアマゾンでポチッと。 工具が届くまでは後輪の作業は中断です。 


お話のオマケに、、 

たった2年なのにハンドルが酷く錆びてます。 グリップやレバーが付いてた所だけ、もとの黒色。


たまたま新品みたいなフラットバーが1本。 クロスバイクについてたやつを外したものだと思いますが58cmもあるので、フラットバーのママチャリ何台かに当ててみて、同じ幅にカットしました。

 

予定外の工具と予定外のハンドル交換。 片手間にやってたら時間かかりそうですねえ。。

スポーク72本ください

ママチャリのスプロケットとチェーンを換えようと言ってから1ヶ月が経ってしまいました。 格安グリップが中国から届くのに半月。 やるやると言いながら後輪の脱着が面倒でさらに半月。 そろそろやろう! と、ウソっぽい決意をした、その時。 

 パキッ!

と聞こえた気がしました(たぶん聞こえてない)。 スポークが折れてリムがぐんにゃり。 

 

スポークのサイズも販路もわからずDYIは断念、スポーク1本に対して脱着工賃が高そうだけど徒歩5分の購入店へ押して行ったが定休日。 毎日前を通る徒歩2分の自転車屋さんへ行くと、スポーク全部変えないといけないから、72本だから5000円以上かかる、、、と。 

 

私見ですが、1本だけ交換は同品以外はテンションが不揃いになるため全交換が必要なのか? でも、単位は一台分の72本か? 36本って無いの?

という話が自転車屋さんであったわけでなく、明らかに面倒そうな態度。 日を変えてでも購入店へ持ち込むべきだったか。

 

ロードと違って1本くらい折れてもママチャリは平気と思ってましたが、チューブがはみ出て破裂するほど歪んでます。 買い替えが無難か。

結局、いつものアマゾンで送料込3,030円の27インチホイールをポチッと。

 

ローラーブレーキにしちゃう? と迷いましたが、従来通りのドラムブレーキ用にしときました。 ハハハ