A型向けの手組みホイール

前スレッドの続き、自宅から自走してきた健脚な2人の自転車の話。

デローザの持ち主は、江戸川区の私より遠いところから自走でやって来たという美女。 ブルベやってるそうで走りはシッカリ、使用感あふれるチタニオがかっこいい。

悪条件にも強いチタンはブルベ向けなのでしょう。 雑に扱えるはずですが、私にはそんな使い方できませんがな。。。 A型ですから(自爆)


続いてコレ! 注文フレームもステキですが、なんと言っても手組みホイール。 ネットでスポークの長さを計算し、自分で組んだそうです。 『キンリンのリムが安かった』と笑ってましたが、そんな銀色リムが光っててカッコイイ!

ここ10年以上、完成車をバラしては組み直し学んできた私には、こうして自分で調べて作るなんてスゴイ!と感心するばかり。

計算してスポークを選定する自信が私には無いので、ちゃんと指導して部品手配くれるか、もしくは最初だけは組んでもらうか? などど、プロショップを模索中(^^)v A型ですから〜アハッ

最後の箱根が雨でDNFでも、こんなトキメク自転車に出会えたんなら、私には十分な収穫でした。

キャリア搭載ロード

ロードバイクへリアキャリアを搭載する話(続編)です。 前スレッドではシートステーにキャリア脚部を固定するパーツを2種類用意し、このゴム付きの方を使うことにしました。

 

こっちのほうが車体を傷つけずに済みそうだし、後述する『水平な設置』に効果ありそう。 下部の固定は他の選択肢を知らず、まぁこれでヨシとして。。


上部についてはロードバイクの場合、本品に限らずシートポストへ固定する物をよく見ます。 本品にもその為のクランプが付属しますが、水平な設置には程遠く、恥ずかしいくらいに後ろ下がり。

水平仕上げに向けていろいろ考え、ホームセンターやダイソーで見つけた金具を加工し、組み合わせました。


ミノウラ製でボトルケージホルダーという品で、なぜか?道具箱にクランプ部分だけが有り、加工したステーと組み合わせます。 このクランプには大小あって大きい物ではバイクタワーとか、よく考えられた品だと毎々感心します。


ミノウラに限りませんが、周辺機材の会社ってすごい。 発明王か!という品が、不便なロードバイクを使いやすくしてくれます。 

そんなクランプの助けあって、無事シートポストへ固定。


結果こんな感じ。 すこーし、後ろ下がり。。 完全を求めたいですが、バッグを装着するとほとんど分からないのでオッケーとします。 

 

話変わって、カッパ号のホイールはデュラのWH-7801SLで23cチューブレス、普段はこれを履いてますが。。


ここでPANDAのWH-R501の25cクリンチャーと交換します。 リアキャリアには前回の伊勢〜神戸のときからWH-R501のスポークをくくりつけてまして、スポークが折れたくらいで旅は諦めないという意思でもあります。

そして、クロモリで旅をしたかった! 数日間ですが間もなく、神戸の先へ出発します。 

それにしても、カッパ号には黒いホイールでなく銀色のピカピカなホイールを履きたいですね。 こりゃぁもう手組みか!? ぐふふ(^^)v

ロードとダボ穴

クロモリロードのカッパ号にリアキャリアが付かないか?と。 目的違うだろ?という話はヌキね。w 

今持ってるキャリアを取付けるには車体側にダボ穴が必要ですが、そんな穴なんて一切ないロードバイクにどうやって取り付けるか、です。 上部(シート側)と下部(車軸側)のうち、今回は下部がテーマ。


とりあえずコレ。 クイックリリースに一緒に噛ませる為の金具で、M5ダボ穴があいてます。 薄型で頑丈、取付も非常にカンタン。 

 

130mmのエンドに対して135mmのQR軸を用意し、実際取り付けてみると、、、いや、取り付けようしたのですが、向きが難しい。 車体側の構造上この向きしか出来なさそう。 実際やったわけでないのですが、おそらく振動で回転しシートステー末端に当たって塗装が剥げるかな? 車体エンド部の形状によると思いますが、少なくともカッパ号には不向き。


仕方ないので、シーステーに締め付けるタイプの物を購入。 これでうまくいくかどうかは次のお楽しみです。 

 

スポルティーフが欲しいと思いますが、すでに3台を室内に置いてる身としては増やせないなぁぁ。 増やせたとしても、それはチネリ・スーパーコルサかな。 ちょっと話の方向性が違う?(笑)