昆虫向けシートポスト

ニワトリ号。 先日ステムを短くしたのに、それでもまだハンドルが遠い。 後端で坐骨を立てると脚が回りやすいサドルなので、必然的にハンドルは遠くなるが、、、、むむむ? カラダが固くなった!? アリエルナ


今回は、後方へオフセットされたシートポストからオフセットゼロへ換装して自分のカラダを前進させることに。 これまではコロンバスの軽量なカーボン製。 

新たなアイテムとしてKCMC、TNI、WOODMAN等の超軽量アルミも気になりましたが、足回り以外の軽量化を数十グラム拘るくらいなら73kgの自重とアタマ(つまらん拘り)を軽量化せい、、、と、デザインが良くそこそこ軽量でお手頃なアデプトのアルミをゲットしました。 


私より先に仲間も使ってて、カッコよくてコスパ優れたシートポストだと思ってました。 ただし、ヤグラ部が難解パズルのようで、手が4本ないと無理らしい。 昆虫かっ!


そうなんです、軽量シートポストってヤグラがバラバラになるのが多いでしょ? 前述の比較相手の超軽量シートポスト3種。 カッコイイけど、どれもみんな手が4本ないと。。


と思えば、こっちの仲間(物欲党T監督)は、そんな難しいのなら早起きして手伝いに来いと命令調、、、召使いかっ! 


面倒なので丁重にお断りしたところ、お酒飲みながらすぐ出来たという報告。 実は器用なんだ? よかった、よかった。 イカズニスンダ


肝心のニワトリ号。 取り付けは次回。(^^)v 

一応書いときますが、昆虫の6本あるアレは全部、足です。 手ではありません。 

ニワトリ号は先日箱根を走ってきましたが、前輪のエアーが抜けがちで、間もなくタイヤも交換予定。 ポジション直して完全復活か? だと嬉しいですねー

A型向けの手組みホイール

前スレッドの続き、自宅から自走してきた健脚な2人の自転車の話。

デローザの持ち主は、江戸川区の私より遠いところから自走でやって来たという美女。 ブルベやってるそうで走りはシッカリ、使用感あふれるチタニオがかっこいい。

悪条件にも強いチタンはブルベ向けなのでしょう。 雑に扱えるはずですが、私にはそんな使い方できませんがな。。。 A型ですから(自爆)


続いてコレ! 注文フレームもステキですが、なんと言っても手組みホイール。 ネットでスポークの長さを計算し、自分で組んだそうです。 『キンリンのリムが安かった』と笑ってましたが、そんな銀色リムが光っててカッコイイ!

ここ10年以上、完成車をバラしては組み直し学んできた私には、こうして自分で調べて作るなんてスゴイ!と感心するばかり。

計算してスポークを選定する自信が私には無いので、ちゃんと指導して部品手配くれるか、もしくは最初だけは組んでもらうか? などど、プロショップを模索中(^^)v A型ですから〜アハッ

最後の箱根が雨でDNFでも、こんなトキメク自転車に出会えたんなら、私には十分な収穫でした。

箱根芦ノ湖へ挑むオトナ

6年前から “ひとり箱根駅伝” と言っておりますが、箱根駅伝の全区間を自転車で走破しようとしてました。 

が、今年は前日仕事で寝不足のうえ右脚が不調なため、大幅に距離を減らし北鎌倉スタートとしました。


今年は私を含め参加者5名。 小田原に集合ですが、2人は自宅から自走という健脚で安定した走り。 もともと平地専門のところへ寝不足でロヘロの私は、距離を離されるばかりでした。 

まぁ、坂は苦手ですが、とにかく楽しかった!


こんな楽しい“箱根”は物欲党仲間のなかこ〜さんが過去6回にわたって企画してくれてましたが、全体の年齢アップ?からか参加者減少という傾向をみて、本年度を最後の箱根イベントとしていました。 

なかこ〜さん、これまで毎年ありがとうございました。 次は何して遊びましょうかねぇ? 東京湾1周とか、三浦半島1周とか。 しばらくやってないからw


このイベントを振り返りますと、7回中6回の開催(雨天中止1回)で私は5回参加。 走破できなかった2012年2013年はブログ記事にしていますが、あとはサボって記事にしておらず。 実はちゃんと走破していました(嬉)

  • 2012年 復路横浜でDNF 217km
  • 2013年 復路横浜で予定終了 211km
  • 2014年 不参加
  • 2015年 全区間走破 256km
  • 2016年 全区間走破 259km
  • 2017年 雨天中止
  • 2018年 往路北鎌倉・・・



  • 北鎌倉からスタートして北鎌倉で終える133㎞の予定でした。 復路の茅ケ崎から雨が降り始め一旦は雨宿り。 再スタートし、行く先の江の島に上がる花火の二尺玉を眺めたところで雨が本降りとなりました。 天気予報を信じて雨具用意していない。 

    箱根駅伝のコースと称してながら実は当該コースでなく、毎回R134を直進して鎌倉を経由していた私。 DNFを決めて曲がった場所は松波交差点、不本意で偶然にも駅伝のコースへ。 藤沢駅で自転車を丁寧に拭いて輪行、半分にも満たない119㎞で旅を終えました。 

    惜しいには惜しいが、これまで2回走破しているし、また走ればいい。 オトナの判断って便利!? 神戸を走破するにも2年かけ、西への旅は台風で持越して次回のオタノシミ。 うはは、自転車ってリタイヤしても面白い~!

    夏のロードバイク

    梅雨明けが異様に早かった今夏。 連日のように40度近い海の日(2018年7月16日/祝日)は、短めステムに交換したチネリに乗り、チーム物欲党の面々9名で湘南へと走ってきました。

    皆さんと大人数で走るのは久しぶり! 非常に暑かったのですが、平塚までの片道で90kmを切る距離で無理もなく、とにかく喋るのが主体でとっても楽しかったです。

    今回はニューマシンの方がいなくて、11速コンポーネントの方はひとりだけ? 私も多数派?の10速コンポ。 普段は8速クロスバイクで不自由してないんですけどね。。w

    ステムについては、たった1センチ近くしただけで随分と楽になりました。 ステムのお陰なのか、単に慣れただけなのか? 無理ないポジションとれるのが嬉しいです。

    やっぱり、ロードバイクって楽々スピードが出て、すごくいいっすねー!

    ホームグランド134

    eg21-05海の日は7月の第3月曜日です。 元来は7月と8月には祝日が無いことから、7月20日が海の日(1996年~)となったと聞いてますが、ここ10年は第3月曜に変更され、今年は15日が海の日でした。 土・日・月の連休は何かと便利ですが、週半ばのスポット的な祝日ってもの嬉しいですね。

    そしてこの時期は夏休み! 7月20日頃から始まって8月末までの約40日間が夏休みでした。 ただし、気候や風土によって夏休みの期間は全国一律ではないそうですね。 今ではカリキュラムの都合もあって、さらにバラつきがある様です。

    まぁ、40日もある長~い夏休みは学生に限った話で、オトナの私達は気分だけ夏休みの始まり。 そんな7月21日(日)、物欲党の仲間達と湘南を走ってきました。

    続きを読む

    富士山は楽して登れ

    ※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

    di16-04.jpg坂が苦手なくせに、また富士山 \(^〇^)/yah!
    9月16日(日) 私の誕生日ですが、それには関係なく富士山を登るのに集まったのが、Qさんmasakingさんなかこ~さんマツさん、私の5名。
    Qさんにクルマを出していただき、柴又集合&新宿集合。 朝っぱらから新宿で物欲党の底辺ぶりを発揮しております(Mキンのみ)
    7月に一緒に登ったQさんとの約束で、9月にミニベロで登ってしまおうという話になってました。 当初は、Qさんはルイガノのミニベロ、私は同じくルイガノの折りたたみ自転車という予定でした。 しかし、私のルイガノが故障(詳細は前スレッド)し、走行不能になってしまいました。
    折りたたみ自転車で富士山に登ろうなんていうのがムチャな話です。 いい歳なんだから落ち着こうよ。 富士山にはロードバイクが妥当であろう、話がマトモな方向へ行ったつもり。 が、しかし。。

    続きを読む

    富士山は手ぶらで登れ!

    ※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

    dg22-02.jpg中央自動車道を快適ドライブ。 しかも人さまの運転で、こんな有り難い話はないです。(^^)
    7月22日(日)
    自転車仲間のQさんのお誘いのもと、nabeoさんなかこ~さん、そして私の4名で、富士山へ行ってきました。 自転車は車載!
    山梨県側から富士山へ登るルートは富士スバルラインで、毎年6月には自動車を遮断した『Mt.富士ヒルクライム』という自転車競技が行われます
    麓(ふもと)から5合目までの全長約24km、標高差約1200m。 走り出したら上りが終わることのない坂ですが、山好きなローディの方に言わせれば初心者向けコースだそうです。 そう言われても、、、私みたいな坂が苦手な者には厳しい上り坂なんですけどね。

    dg22-03.jpgそんな富士山へはQさんの運転でアッという間に到着、そのまま富士北麓公園の駐車場へと参りました。 Mt.富士HCが開催されている時は、この場所がスタート会場でテントが沢山設置されている場所ですが、何もやっていない今日はとっても静かで、駐車車両もまばらでした。
    林の向こうに富士山がどーん!と見える筈ですが、今日はあいにくの天気。 出発で柴又に集合した時は雨が降っていたし、肝心の富士山も天気悪そうですヨ。 「また雨を降らせやがった!」と責められましたが、どうやら雨男は私だけではなさそうです。 ねっ、なべちゃん!
    雨なんか降りたきゃ降れ。 構わずみんなで富士山に向かおう!

     

    続きを読む

    持ってる奴の荒川ライド

    ※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

    de27-01.jpg5月27日(日)
    岩淵水門で赤いフォールディングバイクに跨っているのは、物欲党からおたけびさん。 2日前に納車された私のルイガノですが、もともとリタノフで行くつもりがチョッと笑いでもとろうかと乗っていったものです。
    10日くらい前にtakaさんとどこか近場に走りに行こうかと話していたところ、スタさんが榎本牧場方面へ行こうとしている話を知り、そこに便乗させていただく事にしました。
    今さらですが、、、榎本牧場へ行くのは初めてです。 もちろん、高半も。
    行き方さえも分からないので連れて行ってもらうしかない、仲間あってこその他力本願。 よろしくね、スタさん!!

    de27-02.jpg今回ご一緒いただいたメンバーは~
    (私が会った順に)スタさん かえでさん takaさん おたけびさん ひろおじさん Ryuさん オムアリさん kanokaさん。 私を含めて9名、
    最後に解散となる秋ヶ瀬で、はるさんに出迎えていただき、総勢では10名です。
    秋ヶ瀬までの右岸(南岸)は広めなので、時には並んで喋りながら走ったりしましたが、秋ヶ瀬から先は道幅が狭いため列は縦に、話す事も減ってひた走りになってきました。
    入間大橋が近付いたとき、自然とスピードが落ちる。 後輪に異変を感じました。
    やっぱりパンク。 買ってまだ3日目、初のライドだというのに。。

     

    続きを読む

    物欲党に大遅刻なのだ

    ※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

    cl04-14.jpg12月4日(日)はチーム物欲党の走行会でした!
    今年の幹事は、芸達者なおたけびさん。 いつも何か笑いネタを投げてくれる男ですが、幹事となるとけっこう真剣モードでして、新たな一面を見たかなって思いました。 いや、これが本当の姿かもしれない?
    そういう人柄が出るのでしょうか。 総勢31名ものサイクリストが集まりました。 すんごい人数で、しかも大半が物欲党ジャージ・ウィンドブレーカーを着用で、かなりの迫力でした。
    その楽しい顔ぶれ(HN、記事リンク)は本スレッドの最後に列挙いたします。
    、、、と、さも全容を見たかの様にレポをしたいのですが、私は 大遅刻 m(_ _)m sumimasen
    何年も放置していた虫歯が最近から痛みだし、金曜夜に痛さがピーク、土曜の午後に抜歯。 最も奥の歯でして、抜歯の痛みはそのまま日曜日に突入となりました。 朝は完全アウトで、痛み止めで抑えながら昼から参加させていただいた次第です。
    自慢はおろか言い訳になる事なんてひとつもありませんがな。。 皆さま、不摂生の成れの果てに大遅刻をして申しわけありませんでした。
    現地に向かう中 『早く来い、ノロマ』 などとメールを受けながら葛西臨海公園へと急ぎました。 あんまり飛ばすと血行が良くなって歯が痛みますが、幸い、追い風に助けられました。

    続きを読む

    1週遅れのヒルクライム

    ※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

    cf19-08.jpg6月12日の富士山はMt.富士ヒルクライムの日でした。 ご参加の方々はもがきにもがいて富士山を登ったことと思います。 皆さま、お疲れさまでした(^^)
    私は登坂が苦手なくせに、一昨年、昨年と2年連続で出走しましたが、今年は残念ながらエントリーに失敗しました。 出る気満々だったのですが、受付開始と同時に何千という人が順番待ち。 どんだけ大人気なレースなんだ? レース本番以上に白熱でしたネ~
    私のように「出たいのに出れなかった人」は多数いたと思いますが、それを見かねて立ち上がったのが、いつもお世話になっているライトサイクルさん
    何と。 Mt.富士HCの次の週に、同じコースをみんなで走ろうという素敵な企画で、走りたかった私は二つ返事で参加させていただく事にしました。 ありがたや~!

    cf19-11.jpg予定通り、6月19日(日)
    私を含めて多くの方々は朝6時にJR総武線・新小岩駅前で集合、御茶ノ水から中央特快で高尾へ、高尾発の電車は大月から直通で富士急行へ乗り入れ、そのまま河口湖まで来れるという便利さでした。
    切符は車内販売です
    河口湖駅前で自転車を組み立て、一同出発。 これが多人数でして、最後にクルマで合流した方を含めると19名という大所帯でした。
    じゃっ! 富士スバルラインへと向かいましょう。

    続きを読む