目覚めのエイプリル

fd07-05クルマに比べればゆっくりですが、目には速く流れるロードバイクの景色が好きで自転車を7年やってますが、少しゆっくり進み小さな情景も見れるクロスバイクもこれまた良い。

(冒頭の写真は仕事中(4/7)の小松川)

3月は911kmだったところ、4月はニワトリ号が復活したわりに764kmと減りましたが、クロスバイクの比率が上がって、むしろ多く乗ってるような気さえしました。

そんな4月の走行記録(まとめ)をレポいたします。

続きを読む

70回やった200km

fc29-34走行まとめ記事も甚だしく、2月~3月のまとめ記事です。 これって、サボりすぎだろう? 記事と同じく、寒い間はけっこうサボりましたが、乗りたくても雪で乗れなかったという日々もありました。 結果、2月は290kmと少なかったです。

少し暖かくなった3月。 昨年11月から68回で止まっていた200kmライドを4か月ぶりに再開して2回。 前月3倍の901kmを走り、200kmライドはこれで70回目となりました。

ろくろく走らない2月ロード復活の3月。 備忘録丸出しですみませんが、日を追ってレポとさせていただきます。

続きを読む

神楽月の小田原

ek23-1610月末に小田原・箱根へ211km走ってから1ヶ月経ちました。

11月は土曜日が5回あり、すべて天気がよく休日仕事がなければ単月で800kmいけるかもしれない、、ひょっとしたら1000kmもいけるかとまで期待しましたが、そんな他力本願は思い通りにいく筈もなく、結果は9・16・23日の3回だけ。 小田原往復の200km超を2回、片道のみの輪行帰宅を加え、単月557kmの走行となりました。

狙った800kmには到底及びませんが、走り応えはそれなりにありました。



続きを読む

挑まずとも箱根芦ノ湖

eg27-0110月27日の事。 2時半起床、3時出発。 外はまだ真っ暗! 朝早いというよりも夜遅いという時間でしょうか、都内の随所では酔った人が歩いてました。

一方で、新聞配達の人は仕事が始まってました。 真っ暗なうちから新聞満載の重~い自転車で、ご苦労さまです。

早起きはとっても苦手ですが、この日はお仲間と同行です。同行のお仲間と、田町に4:30、横浜(通町)に6:40、北鎌倉に7:25という待ち合わせ。

eg27-14いつもなら7時半くらいに家を出て、お昼前後にR134へと達するくらいノッタリしていますが、こんな狂ったほどの早起きのおかげで、8時前に江の島を見ることができました。

由比ガ浜から始まって七里ガ浜まで。 朝だとこんなに沢山のサーファーが海に入ってるんですね! この写真、認識できる範囲で110名を超えてます。 海も楽しそうですが、こっちの自転車も楽しいです。(^^)

早起きは三文の徳とはよく言ったもので、いつものコースもちょっと違って見えてお得(お徳)な気分で、マイペースな1日が始まりました。 次の休憩ポイントは茅ヶ崎なり。

続きを読む

香り高きギンナンロード

ej12-04カメキチは何処へ行った??

先月から言っておりますが、、、やはり、9月16日の台風18号で下流へ流されてしまったのでしょう。 カメキチだけでなく、たった1回だけ見たカメゾウも行方不明。 その代わり?に21日にはカモがいました。 空を飛ぶヤツが現れるなんて、私には想定外の出来事かな。

10月12日(土) 今度はカモを楽しみにして来ましたが残念ながら居なくなっており、鯉や小魚がのんびりと泳いでいました。 この魚達もまた、上流から流されてきたのでしょうか。

静かになってしまったかのようないたち川ですが、少し上流のカメゾウの瀬を見てみたらまたまた想定外。 別のヤツが現れました。

続きを読む

オダちゃん。亀と共に

ei07-09200kmライドは2013年に入ってからこれが11回目。 過去の累計で66回目となりました。 わざわざ書いたにしては、キリ番じゃないんですけどねw 

2010年春から本格的に始めてから3年半。 飽きっぽい私にしてはここまでよく続いたもんですが、これには横浜~湘南~小田原の気に入ったコースが有ってこそだと思います。

そんな小田原。 酒匂川河口付近と二宮の梅沢海岸に、ゴマアザラシ: オダちゃん が現れたって。 そりゃもう、ビッグニュースでしょう!

ei07-11オダちゃんに会えたら!と子供のような思いつきで、9月7日(土)の行き先は二宮・小田原。 とその行きがけ、先週の続きで七里ガ浜で遊んでいきました。

海を見渡せる高い場所を探して七里ガ浜から内陸へ入ると、雨乞橋という橋が。 「あまごい」とでも読むのでしょうか。 なんか、私の為にあるような名前ですね。 雨乞橋の先は狭くて激しい坂が続きます。

この日を思い返すとこの登坂が一番キツイ場所でしたが、その先にはご褒美のような景色が待っていました。

続きを読む

静かなる8月の海

eh17-06強烈なファンでもないし、行ってもいないサザンのライブで騒いでる私も如何なものかと思いますが(自爆)、少なからずともその影響を受けたのは間違いありません。 そうして江の島を見たいと強く願った前週は、強烈な暑さのため断念となりました。

どんなに暑かろうと 絶対に江の島へ行く。

ということで、8月17日(土) 今回はチネラーにて暑さへの準備をし、猛暑を耐え抜く気合いを入れて臨みました。

eh17-04まずは滑川(鎌倉)からR134へ。 由比ガ浜を横にしてゆるやかな左カーブを抜けたとき、ふと山側を見ると小高い山へ登る道を発見。 公道ですが生活道路と思われますので住人の方々の邪魔にならないよう、そっと登ってみました。

目下に海がどばっと広がるようなロケーションではなく遊び場にはならなさそうですが、住むには良い雰囲気の場所の感じです。 由比ガ浜を静かに楽しんだ後は再びR134へ戻りました。

では、江の島へのリベンジライドです。

続きを読む

脚が攣ったら塩なめよう

eg13-01梅雨明けに気付かなかった、というより梅雨を忘れたまま7月前半は猛暑の連続でした。 時折書いてるように暑いのは苦手ではありませんが、水分補給と塩分補給を怠ると酷い目に遭います。

7月13日(土)は水分を多めに&早めに飲むのを意識していました。 そのおかげで、オナカがガボガボだったのは予定外でした。 熱中症になるよりは、飲みすぎてオナカを壊すほうがまだマシか。

eg13-10フェイスブック上のひょんなやりとりから、先輩と湘南で合流。 ご本人はもちろん、なんと、奥さまもちゃんとしたロードバイク&ウェア。 夫婦で素敵ですね。 男同士は日に焼けっぱなしで放置してますが、女性は日焼け対策が大変でしょう。

ひと時を語らい先輩方は帰宅方向、私は西に向けて再び単独走。 先ほどからオナカがガボガボのところにさらに水分補給。 こんなに水分をとって大丈夫なのだろうか?などと思いながら、いつもの小田原へ到着しました。

続きを読む

6月のチッポケな花火

ef09-04夏はもうすぐそこ。 どんどん外へ出ないと損!

6月9日(日) チネリに乗って小田原方面・200kmライドへと行ってきました。 もちろん、R134経由のいつものコースです。

砂浜に基礎を打ち込んで海の家を作っている場所もありました。 7月には海開きなのでしょうか(昨年は7月1日)。 梅雨にしてこんなに雨が降らないのは世間では渇水の心配ともなりますが、自転車乗りにはありがたいです。

ef09-07先週あたりから方々の路上で、あじさいの花を目にするようになりました。 昨年は6月下旬に開成町のあじさい祭りへ行きましたが、明らかに時期が遅く、花が枯れ始めて鮮やかでなく残念な結果でした。

そこで小田原城。 小峰橋(南側の入口)から城址公園に入る道端にあじさいがあり、5月下旬に訪れたときはまだツボミでした。 その3週間後の今日という日は6月の上旬にあたり、沿道のあじさいの様子から今が見頃っぽいです。

もともと「いつもの小田原城にもあじさいがあったかも」という軽い気持ちでしたが。。 行って見てみたら、小田原城のあじさいは予想を超えて凄いものでした。

続きを読む

湘南の粋な初夏

ee18-015月18日(土) 海からの横風が強い日でした。 こんな時の湘南は多数のトンビが空中に停滞して地上の獲物(=人間が手にしている食べ物(笑))を狙ってるので、要注意です。

不覚にもこの私。 先日はチョコモナカアイスを手にしたところをトンビに襲われました。 しかも餌だけをピンポイントで狙うという鮮やかな手口。 こんなナメた真似をされるなんて、よっぽどマヌケ面してたのでしょうか。 悔しい話
です。

上空のいまいましいトンビ達に注意しながらR134・滑川(鎌倉)を右折し由比ガ浜へ出ると、出向く西の空に帯状の何かが揺れていました。 少し近づくと、それはズラリと並ぶ鯉のぼりだと分かりました。

ee18-06鯉のぼり達は、地面(砂浜)から空に向かっており、列全体がゆらゆらと風になびいているのですが、遠くから見ているとロープの端をどうやって固定しているのかが不思議でした。

ラジコンヘリ? アドバルーン? 鳥?

自転車で徐々に近づき、見上げ、その離れ業にビックリ!! ぶったまげました。
続きを読む