オレサマエンジン

年末に110ccスクーターを買って1ヶ月半で初回点検へ。 うん、ご夫婦でやってるバイク屋の大将がホントにバイク好きなオジサンで、心休まるお店。 走行350kmで『あんまり乗ってないねぇ』と。 そうなんです。 自転車の方が多くて、倍くらい走りました。


10年前に乗ってた250ccとは違ってスクーターと言えども、やっぱりバイクで風を切ると気持ちいい。 ひょっとするとバイクあったら自転車乗らなくなっちゃうか?とも思いましたが、結局普段と変わらなかった。 小田原に行ったし東京港1周もしてきました。


やってみて分かった事。 同じ距離走るのにバイクは多少速い。 使う体力は、自転車のほうが楽チン。 人生初のスクーターなので慣れてないせいか、数十キロでヘトヘトでした。

昔から二輪車が好き。 中でも自転車はトビッキリテスト(^^) 年齢を考えてケガしないようにしなきゃ。

琵琶湖イチバン

自転車野郎にとって東京湾一周と似たような、西では琵琶湖一周。 ニッポンイチなのに、ちゃんと見たことがない琵琶湖。 このままでいいのか、と夜行バスに乗り11月24日朝、大阪へ。 

琵琶湖には大きな北湖と小さな南湖。 今回は私、北湖の下半分を軽く走っただけですが、1周200kmの『ビワイチ』コースを走ってる自転車乗りが沢山いました。 内回りとなる反時計回りをビワイチと呼ぶらしく、路面の随所にビワイチの青いマークが描かれていました。 次回は朝からスタート出来る体制でビワイチやってみたいっすねー!


写真は県庁所在地の大津のマンホール蓋。 湖畔の道路には下水の地下水路が少ないのか、マンホールを全く見なかった自治体の区間もあり、ネタが大して集まらず、マンホール蓋は次回以降の課題です。

こんな感じで1日半。 の〜んびり走ってきました。


旅の締めくくりに京都の伏見稲荷大社で御朱印を戴く予定でしたが、行ってみたら受付時間を終えてました。 ありゃりゃ。。 新幹線の指定席は終電まですべて完売だと。 うぎゃおぅ。。 紅葉シーズンの連休だったんですね〜 普通気が付くだろう、、ズボラすぎ。

1週間前に決めて忙しくて指定席まで気が回らず、結果、東京までデッキに立ったまま。

座席無いと気付いてたら行かなかったかも? でも思い返せば楽しく、座れなくても大して疲れず、自転車持って乗れただけでも十分。 御朱印が欲しければ、また京都に行けばいい。 すべて結果オーライな、気負わない琵琶湖でした♪ イッテヨカッタ!

レンバンの太いヤツ

流行りにつられ、ロード用に25cチューブレスタイヤを購入しました。

クロスバイクPANDAは以前から25cですが、元々ワイヤービードの28cクリンチャーだったのをアラミドビードの25cへ大幅な軽量化で、スリック化も相まって、そりゃもう体感できるくらいに走りも変わりました。 

さて本題。 この間シートポストが重量アップしたところへ、23cだったのを25cへ。 軽量化を逆行する話です。


外して廃棄とする23cと比べてみます。 まず、広げてみたところ、25cのほうが僅かに大きい。 内心もっと差があると思ってました。

続いて重さ。 摩耗した23cと新品の25cを比べる事が無意味とは分かってますが、とりあえず計量。


23cと25cの違いよりも、同じ23cなのに283gと327gとで大差があるのに驚きました。  

ペッタペタになるほどすり減ってないのにこの重量差。 後輪の減りが早く前輪の倍くらいかな、前後を同時に交換するとは限らないので、購入時期の違いからマイナーチェンジで大幅に軽量化されたとか?(←根拠無き憶測です)

重い方の23cと、新しい25cとの質量の差がほとんどない。 これはスゴイかも?
装着の作業はひとつにつき5分かからず、これまでに無いくらい装着が簡単でした。 好感度バツグンですね!

ロゴ部分に「25」とデカデカ書かれてます。 そしてホイールにはリム高の24で連番。 サイズばっかり表示してどーすんだ?

疑惑の白い粉



例のアレを小さいビニール袋へ小分けにします。 気をつけてても、粉でむせます。 

 

ウチの読者様には『またその話か』と言うくらい10年ほどやってますが、パンクのお供にベビーパウダー。


パンク時など、チューブ装着の都度使って、そろそろストックを作ろうかと、通りがかりの薬局でコンパクトなボトル状のがあったので買ってみました。 

 

が、これ。 蓋とれないじゃん! 結局無理矢理こじ開け、捨てようとしてた旧容器に移すことになりました。 粉が立ってむせる。。 

腹立つからベビーパウダーやめて、今度はシッカロールにするぞ(言いがかり)


こうやって作っては使い、何年もやってると、袋詰めも自分流にレベルアップか。 粉がもれず、すぐ開き、閉じて収納、繰り返し使える(3〜4回くらい)。 

加えて、適度な大きさに切った100番紙やすり、超薄型パッチ、ゴム糊。 こうすればチューブ1〜2本で、長旅も対処可能。


しかしですよ。 しかし。 自らの袋詰めを、さも良さそうに言いましたが所詮は自己満足。 対して、こじ開けて捨ててしまったボトルはシェーカータイプというらしい。

写真は破壊前ですがw、逆さまにフリフリするだけで適量が手にとれるがチューブ交換にも便利。 言いがかりはやめて、次回もリピるかなぁ。。 いや、すぐに買うかもw

はばかり一歩前へ出ろ

ニワトリ号ではドロップハンドルとシートポストがチョットした変態的な形状で気に入ってましたが、、、ポジションの前進のため、この度シートポストを変態的でない物へ換装することとしました。


外したカーボン製:コロンバスは163g。 新しいアルミ製:アデプトが225gで62g増、締付トルクや諸パーツ取付などが扱いやすいアルミを選択。 


バテッドはなさそうですが、仕様ではオーバル断面で肉抜き。 65g増でもまだ、一般的なシートポストより軽量でコスパ高い。 中が抜けてるデザインが独特で気に入りました。 変態の一歩手前。


実測で15mmほど前進しましたが、比較しても差が分かりにくいでしょうか? 


分かりにくければ、ひとまず成功(^^)v あとはタイヤを新調し、再開を待つところです。

夢の25cチューブレス

ドライ系チェーンルブを3種類買ったら、あわせて5種類になり『こんなに使えねぇよー!』と。 長期保存のため中身が分離して使用不能になりチェーンに固形アブラがつきまくる。 ゆうべ、そんな夢を見ました。 なんか病んでますね、ワタシ。 

 

その矢先、会社へ25cチューブレスが届きました。 ウワォ 

シートポストの軽量化は拘らないと書いたばかりですが、バネ下重量は全体に影響大というのはクルマでも常識。 これまでの23cよりサイズが増える分を軽量化すべく上位のフォーミュラと迷いましたが、何度も換える消耗品のお値段も重要。 とりあえず従来と同じ品でやってみます。

流行に近づくのも目的ですが、ニワトリ号のチューブレスがヒビ割れてたので要交換でした。 タイヤが5本になってヒビ割れる夢を見るのかな、ワタシ。。

昆虫向けシートポスト

ニワトリ号。 先日ステムを短くしたのに、それでもまだハンドルが遠い。 後端で坐骨を立てると脚が回りやすいサドルなので、必然的にハンドルは遠くなるが、、、、むむむ? カラダが固くなった!? アリエルナ


今回は、後方へオフセットされたシートポストからオフセットゼロへ換装して自分のカラダを前進させることに。 これまではコロンバスの軽量なカーボン製。 

新たなアイテムとしてKCMC、TNI、WOODMAN等の超軽量アルミも気になりましたが、足回り以外の軽量化を数十グラム拘るくらいなら73kgの自重とアタマ(つまらん拘り)を軽量化せい、、、と、デザインが良くそこそこ軽量でお手頃なアデプトのアルミをゲットしました。 


私より先に仲間も使ってて、カッコよくてコスパ優れたシートポストだと思ってました。 ただし、ヤグラ部が難解パズルのようで、手が4本ないと無理らしい。 昆虫かっ!


そうなんです、軽量シートポストってヤグラがバラバラになるのが多いでしょ? 前述の比較相手の超軽量シートポスト3種。 カッコイイけど、どれもみんな手が4本ないと。。


と思えば、こっちの仲間(物欲党T監督)は、そんな難しいのなら早起きして手伝いに来いと命令調、、、召使いかっ! 


面倒なので丁重にお断りしたところ、お酒飲みながらすぐ出来たという報告。 実は器用なんだ? よかった、よかった。 イカズニスンダ


肝心のニワトリ号。 取り付けは次回。(^^)v 

一応書いときますが、昆虫の6本あるアレは全部、足です。 手ではありません。 

ニワトリ号は先日箱根を走ってきましたが、前輪のエアーが抜けがちで、間もなくタイヤも交換予定。 ポジション直して完全復活か? だと嬉しいですねー

クレルブ始めました

2種類購入したドライ系チェーンルブ。 洋モノ・アメリカ野郎のフィニッシュラインを差し置き、和モノから使用開始としました。 

チェーン下にウェスを添えて一駒ずつ滴下していく。 これ、初めてなのですが、ポタポタとうまくいかず、出なかったりピュッと出過ぎたり。 意外とロスが多いかも。 慣れが必要ですねぇ 

肝心の使用感? これは暫く使ってみないと分からないですねー 以上、和モノ初日レポでした(^^)