オレサマエンジン

年末に110ccスクーターを買って1ヶ月半で初回点検へ。 うん、ご夫婦でやってるバイク屋の大将がホントにバイク好きなオジサンで、心休まるお店。 走行350kmで『あんまり乗ってないねぇ』と。 そうなんです。 自転車の方が多くて、倍くらい走りました。


10年前に乗ってた250ccとは違ってスクーターと言えども、やっぱりバイクで風を切ると気持ちいい。 ひょっとするとバイクあったら自転車乗らなくなっちゃうか?とも思いましたが、結局普段と変わらなかった。 小田原に行ったし東京港1周もしてきました。


やってみて分かった事。 同じ距離走るのにバイクは多少速い。 使う体力は、自転車のほうが楽チン。 人生初のスクーターなので慣れてないせいか、数十キロでヘトヘトでした。

昔から二輪車が好き。 中でも自転車はトビッキリテスト(^^) 年齢を考えてケガしないようにしなきゃ。

チューメン野郎の洋モノ原チャ

110ccのスクーターを購入しました。 

50cc超〜125cc以下のバイクを道路運送車両法では原付二種、道路交通法では小型自動二輪車といわれ、損害保険では50ccと同様に扱われ税金は大差ない。 それでいて原付50ccのように30km/h、二段階右折の制限がありません。

今回は仕事の足代わりなので趣味色はさほど無いし、過去に250cc乗ってたけど10年も前なので現在はビギナー同然。 そこで。

自転車では2007年にリタノフが新車で14,500円で極めて廉価だったように、今回も同じ始まり方で。

HONDA CLIQ(クリック) 車体価格は10万を切っててオール込みで13万と、新車にして破格。 

HONDAと銘打ってますが、これはインドのHONDAで本家HONDAとは別物。 パーツ手配に時間がかかる場合があるそうです。 現代の主流:インジェクションに対しキャブレター。 これを落とし穴と感じるならヤメればいい話。 まぁ、私が乗ってたハリケーン(CBR250R)なんて、古すぎてパーツなくてチョークのワイヤが切れても使ってました。 それを思えば新車である時点でオッケーですね。

何よりも、スクーターに乗るのがほぼ初めて。 気をつけて乗らなきゃ〜ですよ。

悪魔のおにぎり2

10月初旬に100ローで見つけて記事にしました。 写真は10月中旬、本家ローソンでまた名前につられて買ってしまったが、記事にもしなかった。 

知らなかった、、噂ではバカ売れですって? ハロウィンだったからこの名称?(実情は私には不明) 

これ、『たぬきおにぎり/たぬきむすび』といって、別のところで紹介されてたのを商品化したとか、天かす使ったおにぎり。 

そーいえば、100ロー(ローソンストア100)のかき揚げおにぎり。 ワタシはかき揚げおにぎりに夢中。 自転車で出かけた時とか、たぶん過去30回は買ってるはず。 あれは天才的だ。

終電ちうい

総武線各停。 この時間帯に乗る事が多いのですが、今日の車掌さんはいつもと違った。

 

車掌さん: この電車は船橋付近で上り最終電車とすれ違います。 お乗り過ごしのないようお気をつけください。

 

車掌さん、人の痛みが分かる人らしい。 

 

小岩で降りるはずがつい1駅、江戸川を渡って市川へ。 上り終電が終わってて徒歩で帰った事が数回あります。 たった1駅で済んでるからまぁいいですが。 

 

point of no returnは西船橋か。 車掌さんの心意気が嬉しいですね。

カクテイ日立

仕事がらみで茨城県の日立まで行ってきました。 契約者は日立へ転勤してる友人なのですが、何かにつけてわざわざ上京してくれるので、たまにはこっちから行こうと。 

 

が、それ。 予想外にものすごい距離でした。


江戸川区に住んでる者としては、茨城県なんて千葉のちょっと先くらいの感覚ですが、実際の茨城県は縦に長い! 

 

職場から3時間半。 快速と普通列車乗り継ぎという青春18きっぷみたいな交通手段で日立駅へ。


日立駅に着くと目の前に海がバーッと広がります。 眺望がスゴイ。 

 

ここは自転車でまる1日かけて、どっか泊まって朝日を浴びて海沿いを走ったらさぞ楽しいだろうなって思いました。 少し先は高萩、さらに先は福島県。 もう、東北行っちゃう??


この距離で特急を使おうという気がなく、やっぱり18きっぷみたいな旅が好き。 ブログネタにしてませんが、昨年まで3年連続で夏、大分まで18きっぷ旅してました。 めちゃタノシー! 

 

帰路は混んでドア際に立った私。 皆さん『すみません』と言いながらドア開閉に手を伸ばしてきます。 そうそう、ドア際の人は皆のために操作する暗黙のルールがあります。 4駅目あたりで皆さんのお気に召すタイミングで開閉ができるようになりました。(^^)v 

 

自転車旅もいいけど、チンタラ電車旅もいいなぁ〜


夏休みの宿題

私の実家の2mある大谷石の外壁。 私の記憶では40年も昔、当時は見た目に立派な外壁でしたが、厚さ僅か16cmで鉄筋なし。

先月の大阪の地震でお子さんが下敷きになったという痛ましい事故がありました。 

倒壊、きっと怖かったでしょう。 私感ですが、下敷きとか生き埋めなど、、何よりも恐怖を感じてなりません。 地震や災害で尊い命を終えてしまった方々へご冥福をお祈りいたします。


あのニュースを見て、今度はウチが同じ事故を起こす!?と慌てる思いで、とりかかりました。 

何でも自分でやりたい派として。 大谷石の塀は庭の土留の役割をしてるので、次の作業のため、ある程度の土を取り除きます。 掘った土は圧縮から解き放たれ容量アップ! 土嚢袋で23袋。 けっこう重労働です。。手作業ですから。


何でもやる派と言っても、ここから作業はプロのおじさん任せ。 ユンボでガッツンガッツンやって、トラックで運んでいっちゃいました。 プロの仕事は速いしキレイ。 

土嚢袋の作業は工費をケチっただけですけどねw まぁ、そこは質の低下にはならないでしょう。


8月のお盆あたりの日程で大谷石の撤去に1日。 休日2日あけてアルミ製フェンスの設置に2日。 あっという間に完成しました。 予算や工事規模から全部とまではいきませんが、グラつく危険のある部分はなくしました。 なんか、ホッとした瞬間。 

 

工事で変わりゆく写真がありますが、絵日記の数ページにしやすそう? 

 

そーいやー、子供が小学生のときは宿題手伝ったけかなぁ、、、嫌な大人の私は、自分がやった痕跡として大人の技術を宿題の中に残しときました(自爆)

停電ヤバいぞ

ブログ主題の自転車と関係なく、再びパソコン系のお話です。 

昨年6月にNAS(ナス)を自社へ設置、ネットが繋がれば外からアクセスできるのは便利、またRAID(レイド)によりデータが二重に保管される点(内蔵させた2台の媒体の一方が壊れても復旧可能なSHRというレイド方式)のは安心だ、と思ってました。

しかし、詳しい人に聞くと幾つも問題点が。 今後徐々にアップしますが、大きな問題点の1つが電源。 

(興味あったら続きをお読みくださいw)




続きを読む