チューメン野郎の洋モノ原チャ

110ccのスクーターを購入しました。 

50cc超〜125cc以下のバイクを道路運送車両法では原付二種、道路交通法では小型自動二輪車といわれ、損害保険では50ccと同様に扱われ税金は大差ない。 それでいて原付50ccのように30km/h、二段階右折の制限がありません。

今回は仕事の足代わりなので趣味色はさほど無いし、過去に250cc乗ってたけど10年も前なので現在はビギナー同然。 そこで。

自転車では2007年にリタノフが新車で14,500円で極めて廉価だったように、今回も同じ始まり方で。

HONDA CLIQ(クリック) 車体価格は10万を切っててオール込みで13万と、新車にして破格。 

HONDAと銘打ってますが、これはインドのHONDAで本家HONDAとは別物。 パーツ手配に時間がかかる場合があるそうです。 現代の主流:インジェクションに対しキャブレター。 これを落とし穴と感じるならヤメればいい話。 まぁ、私が乗ってたハリケーン(CBR250R)なんて、古すぎてパーツなくてチョークのワイヤが切れても使ってました。 それを思えば新車である時点でオッケーですね。

何よりも、スクーターに乗るのがほぼ初めて。 気をつけて乗らなきゃ〜ですよ。

貯金箱フル満タン

貯金箱がほぼ満タンになりました。 

自分で定めたルールのもとで500円玉と100円玉を投入してるので中の金額は分かっており、12万円あたりからスムースに入らなくなってきて13万円弱で満タンという毎回の流れだったのですが。。。


振っても音がしなくなるまで。 

そんなつもりが、打撃を加えるように。 ガンガン!とやると隙間があくのが面白くてねぇ。。 推定138,300円。

左は新品で、右が崩壊寸前で直立できない貯金箱。

こうやって今まで自転車やらPC機材やら、まとまった買い物してきました。 チマチマ貯金箱、バカになりませんぜ〜

パイ・PAI・π

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

pn2005.jpg

    円周率。 小学校で習ったのは 3.14
700×23c のタイヤ周長は 2096mm で、サイコンに入力する際に必要な数値です。 タイヤ周長も円周率ありきの話。 が、しかし。 仲間と100kmくらい走っていると、メーターの数値が最後に少しばかりズレてきます。 商品自体、摩耗、空気圧。 これによって、同じ規格のタイヤでも誤差はあるだろう。 正確な直径さえ分かれば、距離も正確に出るはずだ。
・・・なぁんて、考えた事もありますが、それを知ったところでどうするんだ? という結論から進まないのが一般人。 私もその一般人。
そんな一般人の私ですが。。 書店で面白いものが目に入りました。

続きを読む

汚れた英雄

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN3192.jpg自転車!自転車!と騒いでいる私ですが、中高生の頃に26インチのランドナーに乗ってた頃も自転車が好きでしたが、その間20年以上もブランクがあります。 ブランクの頃は、バイクに乗っていました。 んまぁ、結局は二輪車全体が好きなんですが。 スキーを含めて体で風を切るスポーツはイイですね~
ブログのサイドバーにいつも鎮座しているこの写真は、ホンダCBR-250R(通称:ハリケーン)で、一時期は通勤にも使用していました。 車検が無いという理由から250ccですが、排気量の大きなバイクにはパワーでは到底及びません。 まして、4ストだし。
そのパワー不足を補うには250ccにして4気筒の高回転型エンジンで歯を食いしばりながら気合い入れて運転をする他にならないのです。 いえ、このハリケーンは大人しく乗っていたので転倒はゼロでした。

pn1306.jpgハリケーンは自前の写真ですが、こっちはネットから拝借しちゃいました(勝手にすみません)
これは、若き日?に乗っていた、ヤマハFZ-250 PHAZER で、ハリケーンと同じく4スト4気筒です。 ハリケーンに比べるとスリムなスタイルですが、これまたスピードが出る事。 皮ツナギを着て峠に出掛けては、地面に膝を擦りながら走り、運転がメチャクチャでしたから十数回は転倒したかな、ヘルメット2個を壊し、皮ツナギ2着を破きました。
昔は「転倒した」とか「違反キップ切られた」というのを勲章の如く勘違いしていた自分がいました。 んー・・・大人になって考えたら、愚かでバカだし、沿道の人にはずいぶんと迷惑をかけました。 ゴメンナサイ、二度としません。
そんなに飛ばしたければ、きちんとライセンスをとってサーキットで走ればいいんですよね。
サーキットでの正しい飛ばし方を覚えればベストでしたが、とにかく、この映画の影響が大きかったです。

pn1304.jpg  汚れた英雄  THE LAST HERO
1982年(角川春樹事務所/東映株式会社)
製作・監修:角川春樹  原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一  撮影:仙元誠三  音楽監修:甲斐正人
キャスト: 草刈正雄 レベッカ・ホールデン 木の実ナナ 浅野温子 勝野洋 貞永敏 朝加真由美
この映画は何度観たことか。 いつでも観れるように、ちゃーんとメディアで購入してました。

続きを読む

雨神の天気あれこれ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

pn0192.jpg3連休初日、18日(土)
軽く自転車で走ってみよう~・ということで、妻と息子と3台で江戸川CRへ。 最近、江戸川ばっかりで荒川に行ってないなぁ~
アダムセブン号に乗った息子は相変わらずのんびりマイペースで走ってますが、それでも昔に比べると速くなったかな。
アンジェリーナ号に乗った妻はスピードアップの為、明日には“アレ”デビューします。 アレって何だろうね?w あとで記事にします。

pn0195.jpg雨神の私は自由に雨を降らせる事が出来るということは何度も書いてますので、このブログへお越しの皆さまはご存知かと思いますが、今朝も北の空に向かって呪文を唱えましたら、やっぱり雨が降りました。w ほんの10分ほどのパラパラ雨でしたが。。
こういう雨天のせいかな、サイクルロードのすぐ横にキジがいました。
家から15km先の三郷が目的地、軽く食事をしてから戻り往復30kmでした。
ポタリングの記事、いつもに比べるとサクッと終わらせましたが、本題はコレではなく、空の話です。

続きを読む

ANIZO 本当の自分?

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

pn0174.jpg大人の皆さま。(^^)
ANIZOってご存知ですか? いえ、私はよく知りません(ドテッ)
メーカーサイト・1 メーカーサイト・2
ANIZO(アニゾー/バンダイ)は玩具売場やスーパーの片隅などにあるガチャポンの商品。 昔はガチャガチャって言ってスーパーカー消しゴムとか、カプセル入りの玩具をランダムにゲットした懐かしいマシン。 1回100円。
メーカーもよく考えている様で、時期を見ては“第○弾”と称して商品を総入替し、コレクターを継続的に魅了している様子です。 1弾につき10種類、現在は第17弾まで来ています。
その罠にまんまとハマっているのがウチの小6の息子。 よくまぁ集めたものだ(感心?) どうやら、ダブった分は友達とトレードしている様です。。。 お金持ちの子は全種類持ってるとか(笑)
その息子、時々私に何が欲しいかを聞いてきます。 ま、だぶった余り物だけをくれようとしているのは分かってますがw、うーん、、、、私はどのキャラだ?
親バカ? 高所恐怖症? ふんだりけったり???  ・・・牛?
どうもしっくりくるのが無い、、、息子には悪いが、欲しい物がない。
しかし。 第17弾にして、遂にビンゴがありましたっ!
その存在を知った時は、息子に500円を渡しソレが出るまで買い続けるように依頼しました。 本当は3,000円くらい渡しておきたかったのですが、子供に大人買いを教えるのは教育上よろしくない(自爆)
私が欲しがった、“ビンゴ”とは・・・・・!   (大体、想像つくでしょ)

続きを読む

B型風物詩

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

pnb001.jpgもう夏も目の前ですね。 暑い日の比率が高くなってきました。
ウチはマンションの5階なので窓さえ開ければよく風が入ります。 階下の住人がエアコンを使って室外機からの熱風が上昇してきた時だけエアコンを使う程度で、普段は扇風機さえあれば十分です。
風呂から出たら目の前に座って、たまにプロペラに向かって 『あぁぁぁ・・・』って声を出すのも面白いッス (お前は子供かっ)
ずーっと使ってた扇風機。 平成1桁頃から使ってたのですが、昨年あたりから調子が悪いのです。
ソフトタッチのスイッチで風量調整・首振り・タイマー等を操作しますが、これが言うことを聞かない事しばしば。 つまり、故障って事です。 何年も使ったから仕方ない。 まだ完全に壊れたわけではないけど、ここまでお疲れ様って思いました。

pnb002.jpgそこで。 床に近いこのスイッチ。 A型の私にはアンビリバボーな話。
手で操作する前提のスイッチなのに、事もあろうか
B型の方は足で操作するのです
足の指は手の指の如く器用に動くというのは、かの有名な 『B型自分の説明書』 にもシッカリと書いてあります。(^^)
『誇り高き変人』 とも言われるB型は、我が家には妻&息子の2名で50%を占めており、私と娘はA型。
足で操作したからパネルが壊れたとは思ってませんが、足操作は次からは阻止したい。
そういう歪んだ思いの私。 扇風機・完全死亡の前に新しい扇風機を買う事となりました。
そして、遂に新たな扇風機を見つけ、足取りも軽く我が家に持ち帰ったのです。

続きを読む

モノクロ映画をゲットだぞ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN5465.jpg仕事で移動中の時のこと。 神田駅の改札のすぐ外に、いろんな駅で見かけるCD&DVDのワゴン売りがありました。 通れば何となく見るし、映画には興味あります。
何となく西部劇みたいな映画を見たい気分、、、って思ってると、目に入ったのが『3枚1,000円』 えらい安いね~!
最初に手にしたのが『駅馬車』 主演ジョン・ウェインです。 あとは何にしようかって思った矢先、さらに横には2枚組の薄いケースのDVDが。 特に価格は書いてないから、これも3ケースで1,000円ってことか。 てぇことはだな、6枚で1,000円ですと?
ヘッヘッヘッ! 買っちゃえ、買っちゃえ! 目的の駅馬車もある。
そして店員さんに1,000円を渡し、6作品を手に入れたのでした。
  『駅馬車』 1939米
   監督:ジョン・フォード
   出演:ジョン・ウェイン トーマス・ミッチェル
  『舞台恐怖症』 1950英
   監督:アルフレッド・ヒッチコック
   出演:マレーネ・ディートリッヒ ジェーン・ワイマン
  『荒野の決闘』 1946米
   監督:ジョン・フォード
   出演:ヘンリー・フォンダ ビクター・マチュア
  『陽のあたる場所』 1951米
   監督:ジョージ・スティーヴンス
   出演:モンゴメリー・クリフト エリザベス・テイラー
  『バルカン超特急』 1938英
   監督:アルフレッド・ヒッチコック
   出演:マーガレット・ロックウッド マイケル・レッドグレーヴ
  『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 1946米
   監督:テイ・ガーネット
   出演:ジョン・ガーフィールド ラナ・ターナー

これらの映画は60年ほど昔の映画でいずれもモノクロです。 たぶん?著作権(肖像権?)の期限が切れたからこんなに安いのでしょうか。
モノクロの映画でいうと、自宅に『ローマの休日(オードリー・ヘップバーン)』や『真昼の決闘(ゲイリー・クーパー)』があったっけ。 とりあえず、並べてみよう。
・・・って、思ったら。 おやぁぁ??

続きを読む

夏シューズ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN4887.jpgシューズ! でも、ビンディングとか付いてないッス。
フツーの靴。 普通と言っても、私には1年越しのリベンジのような靴。 デッキシューズは、私の年代の人にはわりと馴染み深い靴ですが、時代遅れの形をしててあまり履いてる人はいません。 昨年まで持っていたのですが破れてしまい、次を探したものの売ってない。 (昨年の記事
今年になって諦めていたのですが、錦糸町で偶然見つけ、即買いでした。 CederCrestあたりが良くて、TopSiderだと高すぎ、、、こんな贅沢な選択肢を持ってたものの、こうも売ってないようでは、あるだけラッキー。 私みたいなヤツが買ってしまって売り切れては大変なので、見つけ次第買うしかないわけです。 (8,190円はお買得♪)
早速履いてみよう・・・って、靴をおろすのは朝にしなさいって親に教わったっけ。
では、準備だけでも。 そう、デッキシューズは素足に履くものですが、そうとも言い切れない。

続きを読む

さようなら。 ハリケーン

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN3192.jpg私、自転車の話題が殆どを占めてますが、バイクも好きで、結局「二輪車が好き」というのが正しいところです。
写真のホンダCBR-250R、カウルにも書かれた通り“ハリケーン”という別名を持ちます。
バイク乗りの人には「懐かしい」と思われるくらい古いバイク。 今どきフルカウルのバイクなんぞ流行らないのは分かってるのですが、それでも私はこうしたロード系バイクが大好きです。

続きを読む