T4君の素敵なランドナー


ミカシマ・プライム・シルバンロード。

これ、10年ぶり。 当時(2007年)の記事で既出ですが、裏に踏み面がなく重力によって必ず逆立ちするため、漕ぎ始めがチョット難しい。

初めて手にしたのは1978年頃で私は中学生、ランドナーに標準装備されてたと思います(兄からお下がりなので不詳)。 裏返すと使いやすい事に薄々気付いてましたが、何故そんな形なのか?



板橋の実家から、片道23キロ先にある世田谷区のT4君宅(お金持ち!)へ息を切らせて汗だくで、よく遊びに行ってました。 心拍数コントロールなんて知りませんから、車道を突進して片道23キロで体力を使い切る走りを往復とも。 今そんなことできませんがな。。



T4君もランドナーに乗ってまして。 エンペラーかタムタムロードだったかと記憶してますが、、、ペダルにはトゥクリップ&ストラップ。 こんな使い方があるなんて知らなかった!

39年経った今、こうして3回目のトゥクリップ&ストラップをつけ、クロモリのカッパ号へ。(^^)ウワィ



T4君のランドナーにはトゥーグリップ付のクイルペダルをはじめ、セーフティレバー、フレーム付けのインフレーター、距離計、大型懐中電灯などいろいろ。

私も刺激受け、同じようにカスタマイズしました。



T4君とは氏名にTが4回出てくるのですが、私の同級生が読んだら『あぁ、あいつね』と分かるくらい目立つ男でした。 今、どうしてるんどろう?

私がランドナーに跨がる前に、近所に住んで毎日のように遊んでたA7君が乗るミヤタのサイクリング車も素敵だったなぁぁ。 その話はいつかまた。 A7君の名前の説明は不要ですかね。。?

ピカピカバーテープ

ブログ更新をすっかりサボってました(汗) 
久々のネタに、昔から苦手な作業。 バーテープ巻きのお話です。 

ハンドルを握りやすい厚手のものが一般的ではないかと思いますが、私個人は薄手のものやクラシカルな物が好きです。 
例えばニワトリ号(チネリ)。 初期はフレームに付属されていた厚手のバーテープを使用していましたが、超薄手のOGKプロフィットバーテープへ交換。 ある程度の衝撃はカーボンハンドルバーが吸収してくれるため、超薄手のバーテープでも大丈夫です。


続いて、カッパ号(MASIクロモリ)のブルホーンバーには、これまではコットン製バーテープ。 薄手でクラシカルで不満はありませんが、、、ここでちょっとした物欲(^^)

1980年代に私に跨がってたランドナーはコットンバーテープが標準でした。 当時の池袋西武スポーツ地下2階の自転車コーナーでパーツを入手してた私。 そこにビニール製のバーテープがありました。 パールホワイトっぽく、テカテカと派手。

これが忘れられず色々探しても見つからなかったのですが、Facebookの自転車仲間が『ヤスオクでベノットって検索してみて』と。

うおお! あった!あった! 

古い品のストックの様。 目的のパールホワイトが無かったので黄色を落札。 同一品(の色違い)かどうか不明ですが、風合いはこんな感じかな。


薄手で両面テープもなく、購入時の巻きはコンパクトですが、リーチが浅いブルホーンバーのため片方分の1巻で両側をかカバーできました。 

テープは半透明。 ブルホーンバーの地の銀色が反射して、見た目グッド! 巻いてから500kmほど走りましたがズレてくることもなく汚れもせず、ひとまず大成功。

クロモリによく合うじゃん! と大満足。 パールホワイトあったら最高なんですが、復刻で販売しないかなぁ。 でなきゃ、国内メーカーさんで作ってくれないでしょうか。(^o^) 待ってます、ベノット風ぅ


発つ前に立て

スタンドはスポーツ系自転車では敬遠されがちです。 私も、ロードバイクであるカッパ号とニワトリ号では使っていません。 理由は? スマートでないから。 フレームに傷がつくから。 重そうだから。 いちいち外さないと輪行できないから。 等々

だからと、出先で建物等に沿って横向きに寄りかけるのは一種の迷惑行為かもしれません(自覚)。 ともあれ、有れば便利であるという理由から、クロスバイク2台にはキックスタンドを付けています。 とりあえず3種類、使ってみたスタンドを検証したいと思います。



実用的でポピュラーな、シートステーとチェーンステーで支える物。 8年以上昔に購入したミノウラのアルミ製で、風雨にさらされても腐食せず優秀な品で、普通に使っている分には不満はありません。

輪行という点では、スタンドを収めた状態でもフレーム後方に突き出る為、都度、工具で外す必要があります。



手軽に輪行をするために、後輪のQR軸に取り付けるジャイアントのアルミ製をゲットしました。

QR軸だけで固定するためアジャスターの調整にコツがいります。 説明書ではQRの左右を逆にせよとあったり(私は逆にしてません)、独断ですがエンド130mmに対し135mmのQR軸へ交換したり、初期設定がちょっと大変。

Pandaで半年ほど使ってみましたが、簡単に着脱できるし、金具がコンパクトなので軽いし邪魔になりません。

自転車を立てるときに安定性がイマイチなのが難点です。 駐輪する場所に僅かな傾斜が有るとダメ。 荷物等で車重が増すと安定が良くなるので、後ろすぎる取付場所のせいかもしれません。

総合的に見て優れた品だと思います。 輪行する人にはおススメです。



クランク付近のチェーンステーを挟んでに取り付けるものです。 スタンドを上げるとチェーンステーの下部に収まるため、輪行の時も邪魔になりません。

Panda(Gios Mistral)では2年前、FDケーブルと干渉するため装着不能。 アダムセブン(Giant Escape R3)には装着できましたが、使ってるうちに振動やスタンドの上下でだんだん位置がズレてきますし、装着部位はキズだらけ。

バイク(自動二輪)はこのあたりにスタンドが付いてるし、きっちり固定されていたら安定はよさそうです。 一方この品は固定が甘いし車種を選ぶ為、人様にはオススメできないかな、私も今は使っていません。

使用レポはこの3種です。 QR取付タイプが最善と思っていますが、きちんと固定できるセンタースタンドがあったらいいのにな~って思います。



番外ですが、5年前に持ってたルイガノの折りたたみ自転車は標準でセンタースタンドでして、チェーンステーブリッジにスタンド専用の穴がありました。

可搬性を優先したフォールディングバイクならではの設計でしょう。 収まりの良いスタンドがきっちとり固定されています。 素敵ですね~



私が取り付けたいクロスバイク(2台)には同じようにチェーンステーブリッジが有り、いずれも横方向に穴があいています。 泥除け装着用の穴でしょうか。 ロードバイクにはチェーンステーブリッジが無いところを見ると、このブリッジはフレームの補強が目的ではなさそうです。 かと言って、自己判断でブリッジを加工するのはよろしくない。。

泥除け用とセンタースタンド用の穴の両方がある700cのクロスバイクが有ったら、かなり素敵なんですけどね~



バナナは大きいほうがヨイ

Panda(Gios Mistral 2014)のVブレーキ:BR-M422 を、BR-T610(ディオーレ)へ換装しました。

一体型のシューを少し高級?なカートリッジ型にしたいと思ったところ、少し足せばBR-T610本体が買えることが分かり購入しました。 価格的に僅かなグレードアップです。

Vブレーキには、ケーブルを自転車本体側からブレーキアーチへ導く円弧状の金属パイプがあり、シマノではインナーリードユニット、他ではVブレーキバナナとかヌードルとか呼ばれる様ですが、このインナーリードには色々な形状(長さ・角度)があります。

BR-T610 はフロント用・リア用が共通の品で装着時の向きを変えるだけの様ですが、ここには90度のインナーリードが同梱されています。

ところが。 Pandaでは長さと角度が違っていることが、装着時に判明しました。 フロント135度で長め、リアは45度で短め。 うーむ、知らなかった。。 クロスバイク3台やってて気付いてなかった自分。
それならば、元の BR-M422 のインナーリードを使えばいいやと思うわけですが、残念な事に先端の形状が合わない。 ケーーッ!! 同じシマノだろうが!(怒りモード)

現状、前後とも90度を使用しています。 少し違和感あったり、なかったり。 リアがちょこっとはみ出てるので、走行中たまに脚が当たっては、内心イラッとします。

その後、先端が合う135度と45度を買いましたが、未装着。 こういうのを直すのは、正直億劫。 『明日やろうは馬鹿野郎』と言われそうですが、、、そのうちやりますって(笑)

肝心のブレーキ換装の実感。 記事的には『すげぇ!』と書きたいところですが、正直そんな差は感じなかったです。 でも、見た目には剛性感ありそう。 心情的に満足w

つるつるホイール

長いこと休眠(^^; 勝手ではありますがぼちぼちと。

復活の整備ネタ?は、古いWH-R500の話です。

このR500は元所有者が不明のところを2008年にリタノフに譲り受け、アンジェリーナR3を経て現在のアダムセブン号へ渡り歩いてきています。

アダムは会社に置きっぱなしで仕事で急いで乗るという繰り返しでしたが、磨耗した上に砂が噛んだブレーキシューをも放置。。
歩行者が振り向くくらい、ギャンギャンと異音が酷くなったので、自宅へ持ち帰りました。

が。 既に手遅れ。 リムには救いようのないほどの傷が沢山つき、シューを交換しても全く改善せず絶望的。
R501があるからそれを後釜に、この子は廃棄と判断したそのとき。 天から声が。。

  やすりで削れ

いえいえ、私は神とか宇宙と交信できませんから。
無責任?に発言した友人の声なのですが、まさか本当にやるとは思ってないでしょうね。

早速、紙やすりを用意しまして。
♯60、♯120、♯240、♯500(耐水)、♯1000(耐水)へと5段階アップ。
タイヤを外し、名刺が入ってたアクリル箱の小さい面に紙やすりを巻き、極力平面同士を当てるように回転方向に沿って削りました。


おおかた磨いたのですが、深く削れた溝までは消えませんでした。 しかし結果は良かった。

装着し運転してびっくり! 異音が完全に消えたうえに、とにかくブレーキがよく効く! すげぇな、これ。


リムの油脂や異物をそぎ落とす為に、ラバー砥石という商品があります。
  
私も持ってたのを忘れて紙やすりを使ったのですが、500~1000くらいの耐水ペーパーなら1枚あたり100円で代用できるし、耐水ペーパーを小箱に巻き付ければ平面を作れるから、むしろ有用でしょうか。


なお、リムには摩耗を示すインジケーターがあります。 シマノの場合はバルブの反対側に針ほどの小穴があり、それが消えると使用限界とされています。
 
損傷が大きい場合、基本的には買い換えるか、プロショップへの相談が良いと思います。


曲がったスポーク

vhd04-01かなり久しぶりの記事です(汗)。 ちゃーんと生きてますし、ちゃーんと自転車乗ってます。 ただ、この数か月はクロスバイクが中心でした。 
カッパ号(Masi)とニワトリ号(Cinelli)の2台のロードバイクは、パーツが要交換だったり要修理だったり。 その要修理のひとつがホイール:WH-7900-C24。

再利用のコンポがさらに磨耗して歯飛びするようになったニワトリ号。 今や稀少となったFC-6650G純正チェーンリングをネットで探し、チェーン・スプロケも含み駆動系をリフレッシュしました。 3回で536km走りロングライドで良い出だしだと思った矢先、私の不注意で回転中の前輪に荷物をぶつけ、スポークを曲げてしまいました。

vhd04-021本が曲がっただけで、ホイールがグニャグニャして真っ直ぐ回らないんですよ、ほんと。 久々に復活して喜んでいたのに、また乗れないなんて。。

これを物欲党の仲間(つゆ監督)に愚痴ったら、『クロスバイクに履かせてるアルテグラ使えばいいじゃん』 って。 
たしかに。 そりゃそーだけど、そいつにも問題がありまして。。 長いこと使ってるから、少し左右に振れて回転毎にブレーキがスリスリと当たるのです。 カッパ号のホイール(WH-7801SL)もハブ清掃したいし、とにかくまともな物が無い。。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

スポーク曲がったデュラ7900と、ブレーキにスリスリするアルテ6700のホイール。 プロショップならすぐに直りますが、せっかくプロに相談するなら! と思い、ライトサイクルに行きまして。

。。。アレをください!

続きを読む

ニワトリ号と折檻イス

vha24-01ニワトリ号、ひさしぶり!

リタノフやツバメ号で酷使したパーツを寄せ集めニワトリ号でさらに酷使したため、チェーンリングが限界まで磨耗。 やがて加速時や登り坂でチェーンがガツン!と脱落するようになりまして、、これ、けっこう怖いし危ないので以来1年半、ニワトリ号は玄関先のオブジェとなっていました。

部分的に交換しても磨耗したパーツが全体の偏磨耗の原因ともなります。 ホイールを共有しているカッパ号の分も含め、時間をかけてパーツを買い集めました。

とりあえず今回はニワトリ号の駆動系パーツを一新します。

chb04clg5チェーンリングにFC-6650(アルテグラSL)50Tです。 品薄の中、運よくネットで見つけました。 チェーンはCN-7801(デュラA)でやはり品薄気味。 スプロケットはCS-5700/12-25T。 一世代新しくても互換があり、高級感あるアルテグラでなくピカピカした105です。 僅かに重いが変速性能は劣らないそうで、ここは見た目の好み優先!

世間は11段へと順調に変遷していく中、私はこうして10段に居座ることにします。

続いて、例のアレを。

続きを読む

クロスバイクと硬いサドル

vha09-03Pandaはタイヤ・ホイールの換装で933gの減量。 あと67gの大台へと乗るところまできました。

スタンドや前カゴをつけてる時点で、軽量化なんて何のことだ?って話ですけど、フカフカすぎて長距離には不向きと感じていた初期サドルを硬めのものに変えたいと思っていたところなので、サドルを使って67g軽くしてみたいと思います。

ということで、サンマルコ・ポンザを用意いたしました(ここまでが前回の話です)。

vha09-06が。 実物に手にした感触は私が求めていたものでなく、、、もうちょっと硬いのが良いんですヨ。 ポンザは装着することなく未使用のままヤフオクへ出品、その代わりに、ちょいとスパルタンなサンマルコ・コンコールをゲットしました。

コンドルのクチバシに似た形状だからコンコール。 往年のコンコール(スーパーコルサ)や、ランスやコンタドールといったツール名選手の愛用品のコンコールライトとは異なり、こちらのコンコールは現代風にアレンジされた形状で、さらにセンターに溝・穴があります。

vha09-91これまで使用してきたサドルのうち、座面中央が全体に凹んでいるサンマルコ・アスピデスペシャライズド・トゥーペは200km走っても平気なほど、私には相性ピッタリでした。 対して、このコンコールの座面後部(座骨が乗るあたり)がアスピデやトゥーペほど中央が下がっておらず、かつて、名品にも関わらず相性NGだったサンマルコ・リーガルに似た座面を成しています。

高確率で失敗しそうなのに、形状がカッコいいという理由だけで買ってしまった。 という事です。

それでは、本題?である重量比較へいってみたいと思います。

続きを読む

1キロ軽量化

vgi28cf-11先日、Panda(Gios Mistral)のタイヤ換装が失敗に終わりました。

純正のワイヤービードをアラミドビードへ換装し500g超もの軽量化でしたが、結果、旧タイヤのほうがスピードに乗りやすく、おそらくそれはトレッドパターンが要因だったかと思われます。

vgi28cf-51そこで。

快適な28c、スリック、軽量、廉価という条件から適した品を探したところ、全て該当する品はなく、パナのクローザープラス(Panarecer Closer Plus)700x25cとなりました。 タイヤ自体の嵩(かさ)が少ないため、さらに軽量化されるというオマケがつきます。

28cに対し25cはタイヤ自体の嵩(かさ)が少ない分さらに軽く約220g。

バネ下重量、特に外周部の軽量化は、単なる車体の軽量化の何倍!?もの効果あると言われます。 せっかくの機会だし、余ったアレを使っちゃいます。


続きを読む

3本目チューブレス

gj03md01何とも幸運な話。 仲間が使わなくなったホイールをお譲りいただきました。

WH-7900-C24-TL

グレードはデュラエースで、アルミにカーボンを被せた軽量かつ頑丈なホイール。 チューブレス派の私には嬉しい、7801SL、6700に続く3本目のチューブレス向けホイールです。

続きを読む