昆虫向けシートポスト

ニワトリ号。 先日ステムを短くしたのに、それでもまだハンドルが遠い。 後端で坐骨を立てると脚が回りやすいサドルなので、必然的にハンドルは遠くなるが、、、、むむむ? カラダが固くなった!? アリエルナ


今回は、後方へオフセットされたシートポストからオフセットゼロへ換装して自分のカラダを前進させることに。 これまではコロンバスの軽量なカーボン製。 

新たなアイテムとしてKCMC、TNI、WOODMAN等の超軽量アルミも気になりましたが、足回り以外の軽量化を数十グラム拘るくらいなら73kgの自重とアタマ(つまらん拘り)を軽量化せい、、、と、デザインが良くそこそこ軽量でお手頃なアデプトのアルミをゲットしました。 


私より先に仲間も使ってて、カッコよくてコスパ優れたシートポストだと思ってました。 ただし、ヤグラ部が難解パズルのようで、手が4本ないと無理らしい。 昆虫かっ!


そうなんです、軽量シートポストってヤグラがバラバラになるのが多いでしょ? 前述の比較相手の超軽量シートポスト3種。 カッコイイけど、どれもみんな手が4本ないと。。


と思えば、こっちの仲間(物欲党T監督)は、そんな難しいのなら早起きして手伝いに来いと命令調、、、召使いかっ! 


面倒なので丁重にお断りしたところ、お酒飲みながらすぐ出来たという報告。 実は器用なんだ? よかった、よかった。 イカズニスンダ


肝心のニワトリ号。 取り付けは次回。(^^)v 

一応書いときますが、昆虫の6本あるアレは全部、足です。 手ではありません。 

ニワトリ号は先日箱根を走ってきましたが、前輪のエアーが抜けがちで、間もなくタイヤも交換予定。 ポジション直して完全復活か? だと嬉しいですねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)