革命のサムシフター

7月末から1ヶ月半もかかってますが、パーツが届かなかったり工具が足りなかったり。 実質的にそんな作業時間かかってませんが、学ぶことが実に多く、また頑丈なママチャリも思った以上にダメージを受けてることが分かりました。


チェーン、スプロケット、7Sサムシフター、グリップを用意し、スポーク折損により後輪自体を新たに購入(ここまでは前スレッドの話)。 その後、ケーシングが破けるほど後輪タイヤが劣化していることが判明しタイヤも購入。 これらの消耗品が約8,400円。 今回購入したユニバーサルホルダー等の工具は含んでません。

ここでは趣味と割り切ってますが、普通はここに工賃も加算されるので、こんなにもダメージ受けたら買い換えるのが普通かも。。


さて、6段→7段とした結果。 写真のマル印2ヶ所に問題がありました。 

ディレイラープロテクターにリアディレイラー(以後RD)が当たって6→7へシフトできない。 これはディレイラープロテクターを取り外し、RDは外側へシフトできるよう可動域を調整。 RDが7段に対応してるかの互換性は調べていませんが、正しく変速されるしキャパシティ(ローとトップの歯数差)は同じなので、これでオッケーとしました。 

あと、6→7へシフトするとチェーンカバーの固定ボルトが貫通して裏に突き出た部分にチェーンが当たる。 短いボルトを持ってなかったため、ワッシャー2枚を挟みボルトを浅く挿して対処しました(いーのか、こんなんで??笑)。


スプロケットのデータ等でのサイズが不明で、実測もしていません。 同じ変速幅の中で6段7段と刻みの違いだと勝手に思い込んでましたが、状況から推測して6段より7段のほうがスプロケットの厚みが増したかの様。 結果的にうまく動きましたがRD可動域を広げる必要があったので、互換性どころか規格を外れた改造だっと思われます。 ママチャリの多段化は、人さまにはオススメできないカスタマイズです。

さておき、フラットバーのママチャリ(シティサイクル?)は大抵、リアキャリア無しでサイドスタンド。 リアキャリア+両立スタンドはチョッパーハンドルが多く、今回のフラットバー+リアキャリア+両立スタンドはあまり見ない気がします。

けっこう使いやすいですよ、これ。 特にサムシフター最高! オススメしませんが、お気に入り^^