QRは使い回せ

前スレッドに続いて輪行の話です。

先代の輪行袋(オーストリッチ・ロード220)はサドル後面とリアエンドを底面とし、機材保護のためリアエンドには専用金具を用いてました。 

現・輪行袋逆さまに収納。 サドルとハンドルが底面なので、エンド金具はフレームのヨジレ防止だけを考えれば良さそう。

そこで。


ステンレスパイプとワッシャだけを用意。 クイックリリース軸(QR軸)はホイールから外したものを使用です。 先代のオーストリッチ製の時も、やはり付属のQR軸は使わずホイールのQR軸を使って荷物を減らしてました。


ホームセンターで売ってるステンレスパイプ(外径13×910mm)を、ワッシャー2枚の厚みを加算して100mmと130mmになるようにカットし、切り口はヤスリで磨きます。 約300円で売ってるので1台分で100円ほど。 ヤスイ〜