長距離コンコール

Pandaのサドル:サンマルコ・コンコール。 これ、非常に気に入っておりまして、私のオシリと相性バッチリ!

しかし。 それは100kmとか200kmとかの話で、東京〜伊勢〜神戸の5日770kmでは、3日目の後半(500km超えた三重県あたり)から痛かったです。 昨年はその距離に達する前にリタイアしてるから、その痛さを経験することがなかったんですね、あーぁ。。

尻上がりのこのサドル、、後方の縁に乗ると脚が回しやすいのですが、3日目後半からは坐骨が当たる部分の皮膚が75kg近い私の体重に耐えかねて腫れてしまったのです。 走り始めが痛くてねぇ。。

1〜2cmほど前にズレると、山なりの形状により体重が分散させて楽チン。 そういう設計なのか?偶然なのか?よく出来たサドルです。 
5分もやってれ痛みに慣れてくるので、再び後方の縁に乗る。 これを目的地まで繰り返す。

何事もやってみないと分からない。
さらに長距離だと、どんな試練が有るんでしょう? 未知の世界??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)