天高く火の粉が舞う

fa12-26二十四節気の第23が小寒で、第24が大寒。 小寒~大寒~立春の30日間は寒の内(=寒・寒中)と言われ、大寒は1年でもっとも寒い時期を表しています。

寒の内の真っ只中の1月12日。 寒さにめっぽう弱い私は、カッパ号で小田原の先のR135湯河原まで行って足湯につかり、輪行して帰るつもりでした。

R134からR1へ入る大磯で、何気なく、いつもより2つ手前の信号で大磯港のほうへ曲がると、西湘バイパスの桁下から見える大磯北浜海岸に見慣れないものが置かれていました。 気になって自転車を止めて砂浜へ歩くと、、なに?なに?

fa12-22おおお! お焚き上げですかぃ。 点火18時って書いてあるし。

大きく円錐状に組まれた藁にダルマが乗せられており、これがいくつも海岸に並んでました。(たぶん9基)

続きを読む