50回目の200kmライド

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

dh25-26.jpg佐渡ロングライドの練習で2年ほど前から始めた“200kmライド”ですが、2011年の佐渡で大幅時短が出来てからも、練習のつもりだった200kmライドはそこで終わりませんでした。 2012年の佐渡は欠場してしまいましたが、それでも200kmライドだけは飽きることなく続いており、今回で50回目となりました(パチパチ)
達成感という魔力にハマってしまいましたが、このお陰で、多少なりとも自分の得意・不得意が分かってきました。 まず、登坂と寒さが苦手なのは確定かな。
では、何が得意なの?と言われりゃ、、、、得意だったり長けてるのではありませんが、向かい風への苦手意識が無くなりました。 真夏の暑いのも意外と平気だったりします。 雨が降っても構わないのを加えたらば、これから先は全天候型ライダーを目指せるかもしれません(ウソ)

dh25-24.jpgさてと、実際のロングライドの話。 8月は所用で休日のタイミングが合わず、7月末の霞ヶ浦から4週間ぶりとなってしまいました。
このまま乗らないのはストレス、強烈に太陽が降り注ぐ暑さを押して、8月25日(土)、リタノフで200kmライドへ行ってきました。
いつものR134。 いいですねー! 鎌倉&由比ガ浜。 自転車に乗ってるからますます楽しいし、楽しすぎてここいらでノンビリとしちゃってました。
暑さが平気と言いながら日陰を探しは休憩をしまくり進みがやたらに遅く、まだ江の島に着いていないのに時刻は15時!? 陽が西に向き始めてるし。。 ヤバイ。
今日はヒマワリを見に行くつもり。 着いたら日没だったなんてシャレにもならない。 目的地へ急ぐとします!

 



dh25-30.jpg

dh25-34.jpgいつもの様にR134・江の島を通過します。 目的地へは江の島から北上する方法もありますが、やはり200kmを走りたいので遠回りをして茅ヶ崎を経由する事とします。
湘南大橋の手前、特徴のある白いアーチへ向かって左折し、新湘南バイパスへと向きますが、新湘南バイパスへ自動車専用道ですから、その脇道の県道46号を進みます。 その先は産業道路と書かれていますが、大師橋(多摩川)の産業道路のようにトラックがガンガン走ってるのとは違って、こちらの産業道路は自転車にも走りやすい道路です。

dh25-35.jpg dh25-36.jpg dh25-38.jpg

dh25-40.jpg県道46を北上すると高座郡寒川町を通過。 そこで、恒例のご当地マンホールです。 寒川町の町の花はスイセン、町の木はモクセイ、町の鳥はダイサギ。 マンホールにはスイセンがデザインされています。
町の鳥であるダイサギって何だろ?と思って調べてみたら、名のとおり、サギの一種らしい。 この日、隣の海老名市あたりで信号待ちのときに電線にとまっていた鳥が面白くて撮影したのですが、もしかするとこれがダイサギなのでしょうか? ネットでダイサギを調べると、よく似ています。
続いて海老名市。 市の花はサツキ、市の木はツゲ、市の鳥はカワラヒワ。 マンホールには、サツキとツゲ、そして相模国分寺の七重の塔がデザインされています。 半周ほど大きくデザインされている、水滴?花火?流れ星? 何なのでしょう?

dh25-41.jpg dh25-42.jpg dh25-72.jpg

dh25-50.jpg海老名市を通過した先、本日の目的地である座間市となります。
座間市では5.5haの場所に55万本のひまわりが植栽され、私が訪れた3日前まで「ひまわりまつり」が行われていました。 残念ながら私は3日ほど出遅れて、まさに「後の祭り」状態(苦笑)
祭りが終わって間もないためか、幸いにして会場へ誘導する立て看板が街の随所に残っており、そのお陰で迷うことなく、日没にギリギリセーフで到着しました。
周囲が田畑のところへそこだけ黄色でいっぱいなので、遠くから見ても分かります。 ひまわりを見るためのお立ち台があるのが目印かなw

dh25-56.jpg dh25-64.jpg dh25-68.jpg

dh25-66.jpgひまわりに辿り着けたのはヨイのですが、その時間帯に大きな問題がありました。
例外は1つとなく、すべてのひまわりが東を向いていました。 太陽の方を向くからひまわりだから、夕方には西の方を向いてくれてもよさそうなのに、、、ここは頑なに東向き。 写真はすべて逆光です、ハハハ
それにしても立派な花です。 この先は、この花に沢山の種をつけるのでしょう。 1つの花で沢山の種が実るのがひまわりの魅力だと思います。


dh25-70.jpgひまわり畑のオマケ。 太陽側から見えたひまわり。 ぜんぶ背中を向けちゃって。。
綺麗に撮りたかったら、朝のうちに来ましょう。 来年は是非、輪行??

dh25-85.jpg帰路は平塚経由で遅めの帰宅となりました。
  走行距離: 213km
  平均速度:23.9km/h  最高速度:51.1km/h
炎天下は苦手意識ないと書きましたが、やはり無理は禁物だし、ここまで太陽にさらされるとスピードは上がらず、平均速度は24km/hにさえも達しませんでした。

dh25-84.jpg本日のスペシャル?なアイテムはアジシオ。
大量に汗をかくと、汗とともに塩分も失われます。 この日は5回以上も脚が攣りそうになりました。
脚が攣ったときはストレッチやマッサージなどは無意味で、ミネラルを補給する必要があります。 ミネラル補給の方法の1つが『塩を舐める』でして、1~2分くらいで攣った脚が治るから不思議です。
いつもなら塩を常備しているのですがうっかり忘れてしまい、炎天下で大量に汗をかくのは確実だったので、途中の100円ローソンで塩を購入。 たった1回のライドでかなり塩分を補給してしまいました。
塩を常備するというのも、ロングライドを重ねてきた経験からの安全策です。

dh25-57.jpgそんな200kmライド。 冒頭で50回目である旨を書きましたが、これは200kmを超えたライドの回数です。 私の中では『予定のコースは最後まで走ったけど200kmに僅か足りなかった』も200kmライドとしてカウントしており、それを含めると200kmライドは52回となります。
最後まで安全に走り切ることが第一であって、終盤の疲れたところで帳尻あわせにわざわざ遠回りして帰宅するのは安全面を含めて無意味な行動と考えます。
(中盤で少し遠くへ足を延ばして距離を稼ぐのはアリですけどネw)
今までを振り返ると、第一京浜(R15)、鎌倉街道、R134、R1を経て主に小田原方面というのが多くを占めます。 同じ場所に行っても飽きない性分なのでコースを変える気があまりありません。
ブログネタ的には面白くないかもしれませんし、同じコースで応用が利かないデメリットはありますが、反面、ペース配分の基本形を成しやすいという利点があると思います。 また、路面の悪い部分がアタマに入っているので、初めて走る道よりも圧倒的に安全です。
という事で。 これからも懲りることなく、R134をホームグランドとして200kmライドを続けていきたいと思います。 明日も塩を持って200kmライド(^^)v

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 暑さに負けないようにポチッとお願いします~

50回目の200kmライド」への2件のフィードバック

  1. じゃなくて、200キロライド 50回突破おめでとうございます。
    200キロ以上の距離なんて、自転車を購入してから数えるほどしか
    走ったことがないので、ただただ”凄い”としか言いようがありません。
    ブログネタに困ったら、改造ネタを書いちゃいましょうw
    でも、たまにはレース模様もあったらいいのになぁ。
    これからも200キロ頑張ってください。

  2. ☆ 暗示の〇〇
    おおおっ! 佐渡の練習をしなきゃいけなくしてくれた張本人だな(笑)
    本文にもあるように、200kmライド自体が目的になってしまったので、これからも続きますヨ。 この記事に続いて、昨日も行ったしw
    ブログネタにはまったく困っておらず、ネタはあっても書く時間がないばかりで。。 やっぱり、同じ場所ばかり行ってる記事が続くと読んでるほうは飽きますよね。。
    とは言え、200kmライドに関しては自分の為の備忘録でもあるので続けて書きますが、そろそろ改造ネタ。 あるんですヨ。 そろそろ大改造!? うっしっし

コメントは停止中です。