マンホール集めて東京湾

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

da29-01.jpg1月29日(日) 久々の東京湾1周ライドへ行ってきました。
東京湾を1周するのは昨年の2月13日以来、実に1年ぶりです。
東京湾をどっち回りで走るか?というのはサイクリストの間でも話題になりますが、過去に北3回はいずれも時計回りでした。 ナイトライドが好きなくせに、照明が少ない千葉の道路を終盤に持ってくるよりは神奈川県を後に持ってきたい私。 だから、やっぱり今回も時計回りにしました。(^^)v
北風に助けられ、内房の南下はずっと追い風。 週末に体調が悪くて食欲がゼロでしたが、午前のライドは体力をあまり使う事なく楽チンでした。
写真のモニュメントは、家から92km進んだ金谷港に有る 恋人の聖地 です。 このモニュメントは商標登録されたプロジェクト(=桂由美さん)で、現在は全国に100箇所以上となっており、金谷港には2010年の4月に設置されたそうです。
うーん。。。 男独りで記念撮影というのは、かなりワビシかったです。 壇上に上がらず撮影している間に、順番待ちのカップルが。 「すみません、すぐにどきます(汗)」
私が去る後方で、カラ~ン と鐘が鳴っていました。(^^)
では、フェリーに乗りましょう~

da29-04.jpg da29-03.jpg da29-05.jpg
da29-06.jpg da29-08.jpg da29-07.jpg

da29-09.jpg金谷と久里浜の間を2隻の船(しらはま丸・かなや丸)が交互に往復しており、本日はしらはま丸に乗船。
対岸が見えている近さで乗船時間は約40分。 座ってくつろぎ始めた頃に下船の放送が流れるので、アッという間に久里浜に到着です。 もうチョイゆっくりさせてくれぇぇ。。
外に出ると寒いから、すぐにスタートです。 感激しているヒマがないぞ。。

da29-10.jpg過去3回の東京湾1周では、久里浜から北上して横須賀・横浜へと向かっていました。 時には海岸線に沿って遠回りしながら走りましたが、国道を走る習慣がついてしまった今、国道ルートを行ってしまうと走行距離が200kmには到底足りません。
よって本日、前からやってみたかった 「変則・東京湾1周」 コースへと行くことにしました。
 房総半島西岸 + 三浦半島西岸
うっひゃ~ ウェストコースト・ライドとか言っちゃって良いのでしょうか?(クサッ)
久里浜港を出て南へ右折、北下浦海岸(左上の写真)を経て三浦海岸へ南下といたしました。

da29-11.jpg三浦海岸からは、外周となる剣崎方面へ。
剣崎は三浦半島の南の突先にあたり、風が強くてひと気の無い静かな場所です。 地図で見ると、海沿いに行くと数々の名所がありそうです。 今日は寒いからパスしますが、暖かくなったら、海際まで下りてみたいな。
そして三崎港 この場所は三浦半島の南端だから、達成感があるんですヨ。
三崎港と言えばマグロ丼。 ただこの日はオナカの具合が悪く食欲なんてとてもとても。 ナマモノは絶対ダメ。
そもそも、普段からグルメライドなど興味もなく、コンビニやファミレスしか行ってないので、今さらマグロ丼と言うもの自分らしくないw 次回は城ヶ島で、路上イカ焼きでも食べようっと。
三崎港は写真1枚でそのまま通過~ マタネ!

da29-12.jpg da29-13.jpg da29-14.jpg

da29-15.jpg

da29-16.jpg三崎港から再び海に近い道路へ、油壺マリーナ付近を通過、葉山、 逗子へ北上しました。 R134へ出ると何となく安心した気分。
鎌倉へ来て日没、そのままいつもの鎌倉街道・第一京浜を経由して帰宅となりました。
 走行距離: 212km
今回とうとうメーターが壊れてしまいました。 速度記録は無く、走行距離も過去データ+地図上の計測距離です(汗) 
サラッと記事を終えましたが、最後にオマケ。 通過した自治体(市町村)のご当地マンホールです!
実は、こっちが主題だったりしてw ここのところずっとマンホールの写真を集めていますが、これでもコレクター?としての拘りがあり、下水道(汚水・雨水・合流)のマンホールに限定しています。(^^)



da29-21.jpg da29-22.jpg da29-23.jpg

da29-24.jpg自宅のある江戸川区を出てすぐ。 江戸川を渡ったところの、市川市のマンホール。
市の木:クロマツ がデザインされています。 これとは別に、市の花:バラ のデザインが施されたマンホールもあるそうです。
船の絵柄は、船橋市のマンホールです。 市の花:さざんか に“五大力船”がデザインされています。
習志野市のマンホールには、「習」の字を表した市章が中央に施されています。 習志野市内にはちゃんと絵柄マンホールもあるのですが、R14沿いではこの汎用っぽいのしか見つける事ができませんでした。
千葉市は、市の花:オオガハス 市の木:ケヤキ 市の鳥:コアジサシ がデザインされています。 これには色々なバリエーションがあり、当ブログでも過去にレポしています。

da29-25.jpg da29-26.jpg da29-27.jpg

da29-28.jpg市原市のマンホール。 市の花:コスモス 市の木:イチョウ 市の鳥:ウグイス がデザインされています。 同じ組み合わせで異なる配置とで、2種類見つけました。
袖ヶ浦市。 市の鳥は市原市と同じくウグイス。 市の花:ヤマユリ 市の木:シイ とがデザインされています。
君津市はマンホールに記載の通り、市の花:ミツバツツジ が5箇所にも配置されています。 これとは別に、亀山ダムの絵柄マンホールが有るそうですヨ。
なんと! 木更津市と、富津市のマンホールは、ボケッとしてて通過しちゃいました。 見逃した2市のうち、木更津市は狸を主体とした可愛らしいマンホール柄です。 大きな獲物を逃した気分でなりません。 要・リベンジです。
ここまでが千葉側で見つけたマンホールです。
海を渡れえぃ~

da29-30.jpg da29-31.jpg da29-33.jpg

da29-34.jpg海を渡ると、そこは横須賀市(久里浜)です。 横須賀市はマンホールの宝庫とも言える地域?? 私が見た限りでは、下水マンホールだけで4種類もありました。
1つ目は、市の花:ハマユウ をデザインしたもの。 色付きが珍しかったので掲載しましたが、路上で使用されている物の殆どは無色です。
市の木:オオシマザクラ をデザインしたものは2種類ありましたが、使用されていたのは、その殆どが左側でした。
今回は横須賀市から南下して一旦三浦市に入り、三浦半島南端から西岸(相模湾側)を北上すると再び横須賀市へ入るという経路です。
その相模湾側でほんの少しだけ、ペリー・黒船・観音崎灯台を模したマンホールがありました。 今回走らなかった久里浜よりも東京寄り(東京湾側)は、このペリー柄が殆どで、オオシマザクラ柄とハマユウ柄は時々見かける程度です(過去記事)。
さらに、東京湾側は消防水利のカラーマンホールの宝庫。 しかし、相模湾側ではあまり見かけませんでした。 とにかく、横須賀市のマンホールは凄いのだなぁ(興奮気味)

da29-29.jpg da29-35.jpg da29-36.jpg

da29-37.jpg横須賀市から南下した三浦市のマンホールです。 中央に市の鳥である “うみう” と、周囲には市の花である “はまゆう” がデザインされています。
三浦市過去記事
相模湾側の横須賀市を通過した先は葉山町で、町の花:ツツジ 町の木:クロマツ 町の鳥:ウグイス で、海とヨットが大きく模されています。 日本で初めてヨットが帆走したのが葉山だそうです。
葉山町過去記事
ほんの少しの区間だけ逗子市を通過しますが、マンホールの収穫は無し。
鎌倉市は頻繁に通りますが、下水マンホールは汎用っぽい物しか見たことがありません。 どうしても絵柄マンホールが欲しい場合は鎌倉駅前へ行けばOK。 鎌倉駅の時計台に市の花:リンドウ 市の木:ヤマザクラ がデザインされています。 ただし、これは街路灯用のマンホールらしく、他の自治体で見てきた下水マンホールではありません。 ザンネン。
鎌倉市過去記事

da29-38.jpg da29-39.jpg

da29-40.jpg最後に、いつもの帰り道。
横浜市は市の花:バラ 市の木:6種類(ツバキ・シイ・サザンカ・サンゴジュ・イチョウ・ケヤキ) 市の鳥:指定なし となっており、区ごとにさらに細かく分かれています。
反面、マンホールは横浜市全体に配置されているためか、花木鳥とは関係なく、ど真ん中にベイブリッジ。 横浜の隅までこのマンホールなのかは不明です。
川崎市は、市の花:ツツジ 市の木:ツバキ の2つがマンホールにデザインされています。
最後に我が東京都。 都の花:ソメイヨシノ 都の木:イチョウ 都の鳥:ユリカモメ のうち、マンホールにはソメイヨシノが大きく描かれています。 私は都内でマンホールはちゃんと見ていませんが、おそらく23区内はこの1種類だろうと思います。 固有番号が振られているのが特徴です。
自転車で走ったというよりも、マンホール探索に行った気がしないでもないです。 東京湾1周と言いながら、習志野市、木更津市、富津市、逗子市のマンホールが無い。 不覚なので、これはいずれ撮影したいと思います。
なお、この記事を書いてる時点で10日ほど経っちゃっていますが、この次の週も200kmライドに出かけています。 出来るだけ早くアップしたいと思いま~す!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← マンホールのコンプリートとなりませんでしたが、頑張ります。 ポチッとください(^^)v
  

マンホール集めて東京湾」への4件のフィードバック

  1. あんまり下ばっかり見てないでまっすぐ前見て走らないとダメですよw

  2. これが噂の……200km走ってるうちに、ノロウイルスがどっかいっちゃったという……。
    どれだけ伝説を作れば気が済むのでしょう(^_^;)
    それにしても、マンホール色々あって面白いですね。

  3. ☆ Ryuさん
    変態さんに変態さんと言われてしまったのだな。。
    マンホールって一旦気になり出すと地面ばっかり見るようになって景色を楽しまなくなってきます。 景色はまぁいいとして、私が探している下水マンホールは市街地に多いですから、歩行者や信号の見落としには注意が必要です。
    マンホールの柄で市町村が変わったのに気付くっていうのも、これまた面白いかも?
     

  4. ☆ はまちょさん
    伝説だなんて、、、汗
    それを聞いて、はなわ氏の歌「伝説の男」を思い出しました。 明らかに褒められてないですけど。。
    すっかり治ってから、医療機関の友達に「その症状はノロウィルス」だと聞かされた次第です。 感染させて迷惑をかける事を考えたら、単独ライドにしといてよかったです。
     

コメントは停止中です。