御幸の空と三の酉

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

ck26-01.jpg

ck26-03.jpgだんだんと寒くなってきましたねぇ。 気持ち的には半袖派なのですが、会社に行くにももうコートを着る始末です。
11月26日(土)
この日の天気予報は最高気温が13度。 朝は当然寒いし、いつものライドを思えばどうせ最後は夜間走行になるのだから、防寒はしっかり準備していかないとネ。
この3日前の23日(水)は祝日で横浜だけ行ってきましたが、週単位では、これで江ノ島は5週連続となりました。
この先はいつもと変わらず小田原方面です。 他に行く所が無いのか?とも言えますが、これだけの長い道のりの知らない地を通るのだから、知らない場所や知らない景色がまだまだ沢山あるはずです。
今日は小田原の大好きな海の話です。(^^)

ck26-04.jpg ck26-05.jpg ck26-06.jpg

ck26-07.jpgR1をどんどん進むと、小田原城の手前でT字路に突き当り、すぐ向こう側が小田原城です。
ツバメ号でも小田原へは何度も来ていますが、小田原城の前に来るのは初めての事です。 とりあえず、ツバメ号で記念撮影。。
前回と前々回はメーター上の平均速度を上げてみようとガチに走ってみましたが、スポーツとはいえ基本は遊びですから、あんまりガチでやると続かなくなります。 安全と身の程を考え、今回は少しスピードを落としてきました。
再びR1へ抜けて箱根の山が見える所まで出てきましたが、楽をしたついでに箱根方面もパスw
食事をして、ゆっくり海でも見てから帰ることにしました。

ck26-09.jpg

ck26-08.jpg小田原城は比較的海に近い場所に位置します。 小田原城から見えるほどの所にR1、海側に少し進むと海岸線に沿って西湘バイパスが通っています。
西湘バイパスをくぐったところに広がる海岸が 御幸の浜(みゆきのはま) となります。 昔は“小田原海岸袖が浜”と呼ばれていたのが、明治6年(1873年)に明治天皇皇后両陛下が地引網を見学された以降からは、御幸の浜と呼ばれているそうです。
 → 小田原市HP
ここへ来るのは初めてではなく自転車では何度も見に来ていますが、来る度に海の色が違って、ときには薄緑色をした日もありました。
球状の石と目の粗い砂で構成された砂浜、西湘バイパスがすぐ後ろにある点は人工的な海岸っぽいのですが、逆に余計な建造物が見えず、海の色がキレイな日が多く、人がまばら(←季節的要素もあります)で、私にとっては大好きな海岸です。

ck26-13.jpg ck26-11.jpg ck26-14.jpg

ck26-12.jpg小田原を後にし、いつものルートを逆戻りして地元気分な 横浜 へ帰ってきました。
前スレッドでも書きましたクリスマスのイルミネーションへと行きたいところですが、今日はもっと賑やかな場所へ来ました。
金比羅大鷲神社 11月の3回目(2日・14日・26日)の酉の日 三の酉 です。
んもうね、人・人・人でビッシリでした。 熊手を買った人へはシャンシャンと手拍子! 小さな熊手は小さな手拍子、デッカイ熊手を買ったら三本締め。 酉の市らしく威勢がいい場所でした。 この私は、オナカが減ったのでたこやきを買っちゃいました。


ck26-15.jpg横浜で帰った気分になってる場合ではない。 最後はメッチャ寒い中を帰京でした。 衣類はちゃんと用意したつもりでしたが、それでも寒い(風邪気味) ウィンドブレーカーの内襟にカイロを貼って首を温めてみたら効果あって、暖かくなったのを通り越して汗まで出てきました。 寒い日に暖をとるには有効な方法かもしれないです(※ヤケドに注意)
 走行距離: 214km
  平均速度:26.6km/h  最高速度:52.6km/h
最後に、今月の記録です(近所等の細かいライドやカウント落ちは除く)
 11月5日 211.05km
 11月12日 222.42km
 11月20日 164.59km
 11月23日 113.29km
 11月26日 214.66km
11月の合計が、926km。 次の日(日曜)に74km走れば1000kmとなるのは分かってましたが、無理するよりは気楽にやったろうと思い日曜日は家でユッタリ。 11月 はこの 926km で終了です。
うむむ。 月間1000kmをやるか、いまだ未達の300kmライドをやるか(最長で295km)、200kmライド5週連続(最高で4週連続)をやるか。 いろいろと目標を考えたりはするのですが、もともと200kmライドも予定など立てずに前日(前夜)に思い立って走ってるだけなので、こういった好き勝手なペースでやってるのが性に合ってるようです。
アバウトな200kmライド。 まだまだ続けますヨ~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 江戸っこなら都内の酉の市? そこらは大目にみてポチッと。
  ♪♪♪
 
 

御幸の空と三の酉」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。横浜方面に行くとき、いつも悩むのが六郷橋なんです。横浜へ向かうときはOKなんだけど帰りは自転車は通っちゃならん!てな標識が。別の橋を通るほうが便利なんでしょうか。

  2. ☆ スタさん
    ハハハ
    たしかに、R15を走る人にとっての共通の悩みどころですね。 横浜方面は車道を走り、東京方面は必然的に歩道を走らないといけない(最後にグルグルねw)
    下流へ行くと大師橋です。 産業道路は数回走った事がありますが、トラックがビュンビュン肩をかすめて身の危険を感じるし、おまけに路面が粗いので、私は避けたい道路です。
    上流だと、R1の多摩川大橋ですね。 つい先日初めて走ってみましたが、多摩川大橋自体は渡りやすかったです。 しかし、R15に比べてR1は全般的に坂が多いし、何となく道路の造りにゆとりが無いんですよね。
    (たった1回なので、単にR1に慣れていないという要因もあります)
    なお、R15で路肩にゆとりが無い区間は、品川~大森、蒲田付近、鶴見~生麦の3箇所で、あとはわりと路肩のゆとりを感じます。
    個人的な好みに他なりませんが、慣れている点も加え、自転車で走るならR15かなって思います。
    それでも、R1こそメインなる東海道ですから、一度走ってみてくださいませ(^^)
     

  3. R1で、三田から横浜まで行ったことがあります。東京都側は坂を別にすれば幅はまぁまぁでしたが、神奈川県側に入ったとたんに道幅が狭くなって辟易としておりました。
    (それで帰りは、いつものR15)
    やはり六郷橋のグルグルが無難な所なんでしょうかねぇ。
    ちなみに最近、六郷橋を渡ったら多摩川の土手でも良いけど混雑しているので、ちょっと横の道を通って羽田の鳥居のほうへ進むようにしています。鳥居まで行く必要はないんですがまぁ記念撮影。
    それで北上すると昭和島にほうに抜けるルートを開拓しました。これだとR15の狭い区間を迂回できます。

  4. ☆ スタさん
    昭和島を通るコースですか。
    第一京浜(R15)より東には産業道路や海岸通りなどがありますが、クルマとの関わりを避けて通るには、モノレールよりも東側を抜けるべく大井埠頭エリアや品川埠頭エリアとなるのかな。
    安全な道なので私も以前は使っていましたが、横浜まで3時間以上かかってしまうので、今はR15になった次第です。 R15経由だと休憩入れても2時間程度だし~
     ▽2年前の記事 (^^)
     http://blog.roady.jp/2009/07/23030141.html
     ▽3年前の記事 (^^;
     http://blog.roady.jp/2009/07/23030141.html
    自分の記事を読み返してみると、たまには昭和島もいいかなって思います (^^)v のんびり気分で走るには最適です。
     
     

コメントは停止中です。