雨なんか、降りたきゃ好きなだけ降れ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

cj09c04.jpg10月9日(日) この日もまた200kmライドのため、小田原方面へ走りに行きました。
写真は二宮で見たキバナコスモス(黄花コスモス)ですが、ここに達するまでもさまざまな出来事が。 そして今回はとうとうDNFとなってしまった、事件な1日でした。
いつものコースで横浜、鎌倉、R134と走り、茅ヶ崎でランチをしているとケータイが鳴りました。
 「こら、何処に居るんじゃぃ、どうせ茅ヶ崎だろ」
げっ! またQさんだ!
何処で会おうとかまったく打ち合わせてないのに、よく会うなぁ~

cj09a03.jpg今日はtakaさんとヤビツに行ってるからさすがに会うまいと思いきや、予定を変更して茅ヶ崎に来てるからセブンまで急いで来いと。 命令ですか?
この平穏を乱すような口の悪い男達ですが顔見るとホッとする。 しゃーないから、命令通り急いで行きましたよ。。
クルマで移動してんのか?と思ったのですが、Qさんお気に入りのFELT-F75takaさんCervero。 この人たちはどんだけフィールドが広いんだ?
もっと話していたかったのですが、待ち合わせがあるのでこの場はすぐに失礼させていただき、Qさん&takaさんは江ノ島方面へ、私は大磯方面へと走りだしました。



cj09a05.jpg待ち合わせは、fuji.sanさん。
先日互いにまったく面識が無いところ、箱根を登った帰りに私がfuji.sanさんを抜いたのがきっかけ。 クルマ並みのスピードながら適度に距離を置いて、付かず離れず後方をマーク?され、それでいて信号やルールはきっちり遵守してくる。 私としては友達になりたいローディなる走りでしたが、それはよくある、その場限りだけの出来事でした。
そして帰宅後、Twitter(Muirwoodsさん)を通して改めて挨拶をしたという不思議な縁。
小田原から平塚まで、ほぼ毎日フラットロードで通勤してるとの事で、あの日とは逆に、私が後方を付かず離れず走らせていただきました。
速いだけじゃなくて、周囲への気配りを含めたモラルある走り。 物欲党にも何人も居るなぁ、一緒に走るならこういう人がいいですネ。

cj09a06.jpg小田原に行く前に二宮を目的地としていた私。 そこまでご一緒できて嬉しかったのですが、私の目的地である吾妻山公園を熟知してるとの事。 なんと、公園の案内までしてもらっちゃいました。
実は、コスモスを見に来たのですが、案内板を見ると、コスモスは8月いっぱいで終わりですって。 公園のおじさん「また来年ね」ですって(ガッカリ)
記事の冒頭の写真はキバナコスモス。 私が見たかったのはピンク色の花のコスモス(一般的に秋桜と言われるオオハルシャギク)とは、名前は似てても別の花だそうです。 目的とは違いましたが、オレンジの花がキレイでした。

cj09a07.jpg cj09a10.jpg cj09a12.jpg

cj09a13.jpg吾妻山から見下ろす景色が好きで今までも何度か来ましたが、fuji.sanさんが案内してくれたのは今まで通った事がない道で景色もよく、新しい発見をした気分でした。
吾妻山公園を後にしfuji.sanさんは家路へとつきました。 歩きでの山のご案内、ありがとうございました~!
少しだけ西へ走り、小田原市内に入ってメーターが102kmになった所でターンして帰路へ。 横浜で予定があるので、今回ばかりは200kmへの帳尻合わせ?をやって、帰路を優先としました。
小田原からR1~R134へと走り続け、滑川(鎌倉)で休憩。 残り65kmほど、いつもホッとする場所です。 ホッとするのも束の間。
 雨が降ってきました  予報では降水確率0%の筈だぜ。。
雨ネ申たるや、雨如きで騒いでいられるかって。 降りたきゃ降れ!
この宣言がまずかった。 途中で雨が止む事はなく、横浜に着いたときには激しい雨となっていました。

cj09z31.jpg降りらきゃ降れとは、普段でしたら雨に濡れた負け惜しみに他なりませんが、今日ばかりは雨もラッキーアイテムの1つです。
帰路で私が来たかったのは、10月7~9日に横浜(象の鼻、山下公園、日本大通り、等)で開催されている スマートイルミネーション横浜 でした。
LEDや太陽光パネルを利用した省エネ型の夜景を楽しもうというもので、震災以来の節電で見れなかった夜景に出会えるチャンスです。 雨ならば人は少ないだろうし、濡れた地面は鏡となってイルミネーションを倍増させてくれるはず。
目指すは、象の鼻パーク
上空から見ると象の鼻に見える事から命名、赤レンガ倉庫と山下公園の間の水際の広場を、“象の鼻パーク”といいます。

cj09z18.jpg

cj09z27.jpg雨で全身ぐっしょり濡れて象の鼻パークへ到着した頃は、予想通り人が少なかったです。 地面にイルミが映えてるし、めちゃ嬉しかったです。
キングの塔(神奈川県庁舎)やクイーンの塔(税関)をライトアップさせ、公園内はアート調のイルミ。
イルミの一部には、果物栽培用の紙袋にLEDを仕込んだ、市民参加の「ひかりの実」が公園の樹木を飾り、水際の柵や遠くの赤レンガ倉庫やベイブリッジなど、すべての光が水に溶け出すようで、すごく感動的なロケーションでした。

cj09z13.jpg cj09z09.jpg cj09z10.jpg
cj09z23.jpg cj09z06.jpg cj09z15.jpg

cj09z29.jpg安デジカメで三脚ナシ、全身びしょ濡れでヘルメットを被った男はさぞ滑稽だったでしょう。 雨がやんでくれたのは良かったのですが、体が冷えてメッチャ寒い。
横浜から東京寄りに少し進んだ新子安近くのファミレスで着替え、温かい物を食べ、しばらく休みました。
体が温まった頃には時刻は23時を過ぎてしまったので、そろそろ帰ろうと思った矢先。
 また雨だ
マジっすか。。 鎌倉~横浜の近距離で体が冷え切ったところ、残り40kmを再び濡れて帰るのは正気の沙汰ではない。 輪行をしようかと決めるには、時すでに遅し。 小岩まで帰れる電車は終わってしまってました(唖然)
考え抜いた結果。 京浜東北線でアキバまで行くのならまだ間に合う事が判明。 アキバで自転車を組み立てれば、たとえ濡れてもたったの10kmで帰宅できるし。

cj09a15.jpg本日はここでDNF。 リュックに忍ばせておいた90リットルゴミ袋で輪行となりました。
偶然にも人身事故で京浜東北線が大幅に遅れており、秋葉原では総武線の最終電車が京浜東北線からの乗換客を待機していました。
ただし、こういう時の終電は鮨詰め状態なので輪行での乗車は断念、確認もせずに秋葉原の改札から出てしまいました。
駅のシャッターを閉めるために私を軒先に締め出した駅員さん曰く、総武線の最終は空いていたから輪行での乗車も問題なかったらしいw
人も殆ど居ない秋葉原駅前は、雨がザーザー降ってます。 すごい雨だわな。。
見慣れた蔵前橋通りにはクルマも少なく、家に向かって飛ばします。 車輪から跳ね上げた大量の水しぶきが顔にかかりますが、頭上から降ってくる雨量の方が多く、シャワーを浴びながら走っている状態で、汚れてる感じがしない。
昨年の同じ日、ツルちばは激しい雨でした。 あれはあれで雨が気持ちよかった。
それどころか、次の日のツルちばも雨だったっけ(汗)
今日も同じく、ここまで半端なく降ると気持ちいい。 DNFして黙々と総武線で帰るよりも100倍面白いッス~  顔にビシビシと雨が当たり、テンション上がりまくり! めっちゃ楽しい~!

cj09a18.jpg終盤の30kmほど輪行しましたが、最後は激しい雨をたっぷりと楽しみ、無事?に帰宅となりました。
走行距離:  178km
  平均速度:26.1km/h  最高速度:47.5km/h
帰宅しても楽しみはまだまだ続きます。 雨こそ自転車を洗い流す絶好のチャンス。 走ってる間から、帰宅後すぐに自転車をキレイに掃除しようと決めていました。
イベントに出たことが殆どないリタノフは好天が前提で、雨の経験が少ないのです。 逆さまにすると、フレーム末端の穴から水が大量に流れ出てきました。 これは安い自転車だから? それとも元々そういう設計? 雨後に放置してたらフレームが腐ってしまうのかも。 やっといてよかったッス。
リタノフをキレイにしたら、今度は濡れた服の整理。 最後に熱い風呂で本日の締めくくりとなりました。
波乱万丈な1日。 疲れを忘れるほど楽しかったです。
 雨なんか、降りたきゃ好きなだけ降れ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 200km未達でしたが最後は大雨を走ったので、ポチッとお願いいたします
  ♪♪♪

雨なんか、降りたきゃ好きなだけ降れ」への8件のフィードバック

  1. 本来の終電よりもさらに遅い時間帯の土砂降りのなかの走行ですか。私だったらあっと言う間に体調を崩してしまいそうです。
    ところで着替えって、雨で濡れないようにビニール袋に入れてあるんですか?

  2. リアルお疲れ様でした(笑)
    わざわざ小田原までお越し下さって?ありがとう御座いました。帰り道は大変だった見たいですね。夜、雨が降ってるのは知ってましたけど、そんなに降ってるとは知りませんでした?
    ジャージが来ましたら、一緒に走りましょう。

  3. 以外の言葉が見つかりませんねw
    ところでてっきり今年のツルちばも参加されるものだとばっかり思っていたので(勝手な思い込みですみません)、エイドステーションに着く度にゴードンさんを探しちゃいましたww

  4. え!雨降られたんですか~?さすが雨男
    うちらは全然降られてないっすよ!晴れ男だもんね~~!イヒヒ

  5. ☆ スタさん
    行動時間がズレてるのは自慢にならないですね~
    着替えのシャツは常に何組か持参していますが、ダイソーで買った圧縮パックに入れてあります。 濡れ防止ではなく、サイズを小さくしてリュックに詰めるのが目的です。
    リュックはドイター製なので、大抵の雨はレインカバーで大丈夫ですし、濡れて困る物はビニール袋に包んでます。 今回の雨でも、荷物の被害はありませんでした。
     

  6. ☆ fuji.sanさん
    当日はご案内など、ありがとうございました(^^)
    予報に雨はなかったので、滑川(鎌倉)で降られたときはするに止むだろうと思ってましたが、雨は強さを増す一方でした。
    またの機会は、雨が降ってないときにしましょうネw
     

  7. ☆ いずも@戦場ヶ原蕩れさん
    HNが長くなりましたねえぃ(そこかよっ)
    いずもさんはツルちばだったんですね。 思えば昨年、Stage-1,2が雨、Stage-3が晴れで、いずもさんと先頭Gでのゴールでした。 最後はハードだったし、すごく楽しかったなぁ~ いずもさん、今年も先頭Gで帰還ですか?
    今年は諸般の事情があってツルちばは不参加でしたが、そのかわりに「ツルちば3日分を1回のライドで走る」ってやってみようと思っていました(東京湾2周とか)。 でもまだ実力及ばず、伊東まで往復した295kmが最長。 楽しかったけどそれなりに過酷で、さらに距離を伸ばすには準備が必要です。
    その点、宿泊地を含めきちんとプロデュースされたツルちばは素晴らしいと、一度離れてみて分かりました。
     

  8. ☆ Qさん
    予報をはねのけて雨を降らせた私を褒めてほしいです。 雨の後は自転車の整備が大変ですが、自分が濡れるのは大して気にしていないです(雨男ですからw)
    あんまり笑ってると、そっちにも雨を降らせますよっ!
     

コメントは停止中です。