マグロ君に会いに伊豆半島・295km

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

ci24-01.jpg

ci24-02.jpgすっかり涼しくなってきました。 もう秋ですネ~
3連休の真ん中、9月24日(土) 天気予報では「文句ナシの秋晴れ」とも言われた日。 それは予報通り、空が高く感じた日でした。
7月頃から予定してたかな。 3連休だし、夜中2時に起床して350km以上の超ロングを走ろうという計画でした。
実際その日を迎えてみると、恵まれた天気に関わらず風邪をひいてしまい、自らの理由で超ロングライドは断念となりました。 不摂生ゆえの自業自得でしょうか。 夜はちゃんと寝ましょう。
無理のない範囲で早起きをし、6時半に家を出発しました。 え? 全然早起きじゃないって? ハハハ、すみません。 いつもの200kmライドも7時出発という遅さでして、低血圧じゃないのに朝は苦手なのです。

ci24-07.jpgこちらは茅ヶ崎。 サザンビーチの有名なオブジェです。 Cを真正面から見ると、その中央に烏帽子岩が見えます。
“C”の真後ろを振り返ると、そこには桑田くん? よく似てます。。w
本日は自転車乗りには最高の天候です。 晴れてながらもさほど暑くなく湿気もない。 風邪で喉の調子が悪い以外は体調が良かったので、出来るだけ長距離を走るつもりで、帰宅が非常に遅い旨を言って家を後にしてきました。
(一応“朝帰り”と自己申告してきましたw)
過去の1ライド最長は、熱海まで往復をした263kmでした。 今日は心に決めてきました。 熱海を少し通過した網代(あじろ)まで往復をして、最長距離を更新したい。 目標は270~280kmほど。
ペダルは新品のPD-6700、後輪も新品のIRC-ROADLITE。 調整とか慣らし運転とかケチな事言わず、いきなりロングで使用ですw やっぱり新品は気分がヨイです。
それでは伊豆半島へ! 熱海のちょっと先まで行ってきま~す。

ci24-08.jpg ci24-09.jpg ci24-10.jpg

ci24-11.jpgずっと平坦なR134、大磯から多少の坂道があるR1を進み、小田原までの片道100kmチョイ。 ここまでは、よく来ています。
R1箱根は箱根方面のところ、早川口の信号から左折をしR135へと出ます。
伊豆半島へは4回目となりますが、ここからは海際まで山が迫る地形で坂が頻発してきます。
このような地形に於いては大抵、小さな山を越えて海まで下ると市街地になる、というのの繰り返しとなります。 山というには大袈裟ですが、この記事の話の流れなんでご勘弁くださいませ。
R135へ入って少し走ると1つ目の山。 根府川~真鶴~湯河原です。

ci24-12.jpg ci24-13.jpg ci24-14.jpg

ci24-16.jpg湯河原から2つ目の山を越えると、そこは熱海です。
前記のように、この熱海を過ぎれば自己最長更新となります。

ci24-17.jpg熱海を過ぎるとすぐに3つ目の山となります。 R135の坂を上ったところのトンネル入り口で、左側(海側)に分かれる道。 錦ヶ浦へ行ってみました。

ci24-22.jpg ci24-21.jpg ci24-18.jpg

ci24-26.jpg錦ヶ浦はかなり高さのある断崖で、遠くまで見える海は絶景です。
少し行くとレンガと黒い鉄柵でデザインが統一された場所が続いていました。 景色がよく見渡せそうな場所で“錦浦・扇崎”と書かれた石碑の横の扉が開いており、自由に出入りできそうなので、図々しくもリタノフを持って入りました。
本当は自転車を入れちゃいけないと思いますが、、、大目に見てくださいw
ニューアカオの延長の施設なのでしょうか、お茶を飲めるようなテラスや扇先の展望台など、真正面に見える初島を含め左右までもの3方向が見渡せて、1日中風に吹かれて休んでいたくなるような爽やかな場所でした。(^^)
扇崎の下にはもう1つの階層があり、今のような遊歩道や鉄柵が出来る以前、悲しくも投身してしまった人達の群霊のための大きな仏像が海に向けて祀られていました(合掌)

ci24-30.jpg熱海から錦ヶ浦へと上った3つ目の山を越え、長~い坂を下った先の平地は伊豆多賀・網代となります。
最初の予定では、ここ網代でUターンして帰るつもりでした。 ところが、あれやあれやと走っているうちにタイミングを逸してしまい、網代港を過ぎてしまいました。
網代港の先で4つ目の山に差しかかっており、「この坂の向こうに行けば、きっと何か面白い事がある」などと根拠のない期待を持って上り坂に臨みました。
せっかく目的地を過ぎたわけだし(←意味不明)、ここまで来たら、何か見つけてから帰ろう~ 目的地は有っても目的そのものが無いのって、無計画?

ci24-32.jpg ci24-33.jpg ci24-34.jpg

ci24-35.jpg網代港の先、4つ目の山を上ると長いトンネルがあります。 トンネルを出ると海を正面に道は右にカーブという場所で、クルマでは何度も通ってます。
かなり昔クルマで来たときは狭くて真っ暗なトンネルだったのが、いつの日からか新しいトンネルに変わっていたのを思い出しました。
ココに限らず何処へ行ってもそうなのですが、クルマに比べて自転車は遅めのスピードでじかに風に当たっており、クルマで何度も通った場所であっても、改めて自転車で訪れると景色そのものが違って見えます。
トンネルを抜けた先が“網代パノラマバイパス”。 4ヶ国語で書いてあります。。 橋の柵がしっかりしているため海は絶景とは言えませんが、橋の終わりのトンネルの入り口に魚が大きく描かれているのが面白いので、コレでよしと。

ci24-36.jpgメーターが140kmをさしたところ(小田原の早川口からは約34km)で、上の看板には伊豆半島の各所への距離が示されていました。
なになに? 下田まであと62kmですって?
帰路の140kmが確定しているので『なんだ、下田の方が近いじゃないか』と思ってしまいましたが、万一、下田まで行ってしまったら往復400km?? 明らかに1日で走れる距離じゃない。
200km走って輪行で帰るのも勿体無いから、1泊して200kmずつ2日走れば400kmライド? なんか、どエライ場所に来てしまった感がありますがな。。

ci24-38.jpg先ほどの看板から1分ほど走った場所。 遂に? 伊東市に入ってしまいました。 ちょっと笑いが止まらないネ。

ci24-42.jpg ci24-45.jpg ci24-46.jpg

ci24-47.jpg電柱に書かれた住所は宇佐美 ははは、ウサミ、USAMI。
伊東市まで来た嬉しさから疲れも吹き飛んで、テンションが上がりまくってる自分が居ました。
(この時点で帰路の事は考えていません)
宇佐美の街が見えてきて、坂を下ると再び海沿いの平地となります。 右へ行くと伊東駅とか書いてあるし、今日はこの辺でオワリにしよう。
この成り行きからタイミング良く、左前方に最終到達地に相応しい場所を見つけました。
伊東に行くなら、どこ?

ci24-50.jpg

ci24-48.jpg  サン・ハトヤ
  隣は大漁苑
食事も出来るし海底温泉も有るとか。 温泉なんか入ってしまったら、その快楽に旅が終わってしまう気もするので、温泉はパス。

ci24-52.jpg ci24-53.jpg ci24-54.jpg

ci24-55.jpg温泉には入らないとして、お土産に宇佐美の海産物を買いまして、、、
「エンヤトット、エンヤトット、前はうぅみぃ~」 の独り遊びが気軽に出来る、マグロ君を抱っこしまして、、、、
場違い的ローディーな私は、サンハトヤのロビーで1時間40分ほど、ノンビリと休憩をとらせていただきました。
ここまでの距離は147km。 同じ道を帰宅すると294~295kmになる筈です。
ほんの2~3kmだけ足を伸ばせば難なく300km達成なのですが、今日は伊東のサン・ハトヤに来れて十分に満足したので、300kmライドは次回のお楽しみ。(^^)v

ci24-56.jpgあとの帰路は暗い夜道をひた走りです。
ここのところ毎回、メーター速度:Ave.25km/h超と、休憩ポイント間30km以上(できれば40km)を目標にしています。
(その代わり、1回あたりの休憩時間はやたら長い(自爆))
往路は色々な場所で止まっては写真を撮ってたとして、復路の休憩は4箇所(網代、二宮、江ノ島、横浜)に抑えました。 脚が攣ったり等のトラブルはありませんでしたが、280km(残り15km)あたりから、足首が痛かったかな。。
帰宅したらすっかり朝(自爆) 24時間弱のライドでした。 一応予定通りですが、どんだけ休憩時間が長いんだって?
走行距離:  295km
  平均速度:26.1km/h  最高速度:61.5km/h
単発ライド300kmは未達でしたが、自己記録を大幅更新できたのは嬉しかったです。
また行きたいッス。 伊豆半島。 今度は温泉に入ってみるかなぁ~(嘘)
▼▼▼
最後に皆さまに質問です。 私、魚の種類がよく分からないのですが。。
   質問1 ハトヤに置いてある抱っこ用のお魚はマグロでしょうか?
   質問2 この動画(リンク)で少年が取り逃がしてしまうブリでしょうか?
、、、分かる方、正解を教えてくださいませ。。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← そこまで走ったらあと5km走れよ! って思ったらポチッと。
  ♪♪♪
 

マグロ君に会いに伊豆半島・295km」への8件のフィードバック

  1. なんか自転車を買った時にいったようなと言いながら、食べに行ったなあ。伊東。伊豆のアップダウンって意外と風によって辛さが違いますよね。でも、海をみながら走るのは楽しいですね。でも、300㎞弱お疲れ様でした。

  2. ☆ kaol_suppleさん
    海沿いにあるR135は、時々、登坂にして向かい風、、なってときもあるかも。
    風はあんまり気にしていないのですが、私には坂は辛いモノがあります。 これが平坦だったらもっと先まで行こうと思うんですが。
    伊東の先もさらに目指したいと本気で思っていますが、やっぱり起伏が激しいんですよね。 困ったもんだ(苦笑)
     

  3. やっぱりゴードンさんも分析好きだけあってトレーニング思考してますよね。
    単純に距離にこだわってれば無理やり300にしちゃうしね。
    最初はホントどちらかと言うとかなりの機材マニアかな?
    と思っていたけど違いますね~
    って言うか最近目覚めたのかな?
    僕もホント自転車で色んな所行きたい気持ちはあるんだけど、ちょっと長期的に考えて一旦ここらでバイクもランも走れる体に肉体改造してみたくなって暫くはラン中心でやってます。
    新しい何かをはじめるなら少しでも早い方がイイって考え。
    自転車では機材に頼っちゃってる分、ランでは逆に徹底的に生身で勝負したくて素足シューズまで手を出してますw
    仲間でワイワイ仲良くも楽しいんですが暫く自分の満足いくレベルに達するまではあえてトレーニング思考にしようかと。。。
    まあある意味物欲党失格です。。。でも除名しないでくださいね!
    いずれ戻ってきたい場所なので、、、物欲党はあえてトレーニングでなくユルイ感じがイイと思うし、ただガラの悪い連中の集まりにはならないように品質はある程度保った方がイイかも知れませんね~^^;

  4. うおぉぉぉ~
    相変わらず超人的な走行をしていますね~
    しかも24時間とは、凄すぎる。。。
    ハトヤに置いてある抱っこ用のお魚はマグロでしょうか?
    ◦見た目は、マグロに見えますけれど・・・
    ハトヤさん的にはハマチなのかと思います。
    この動画(リンク)で少年が取り逃がしてしまうブリでしょうか?
    ◦ハマチでしょう。(大きくなるとブリなので)
    (^0_0^)

  5. ☆ Ryuさん
    私の周囲の方々の中ではRyuさんが直江津まで300km走ったのが最初の超ロングで、それ以来、いつかは300kmって思っていました。 ただし今回は走りの中身での達成感が欲しく、同時に300kmを達成してしまっても感激は半減するので意図的に寸止め、300kmは敢えて見送りました。
    200kmライドを始めた当初は「佐渡ロングライド9時間切り」「最大40kmあるAS間の走破」が練習ネタで、同大会は7時間51分、メーター読みAve.28.6km/hでした。
    佐渡が終わった今では、休憩回数は少なめ(1回あたりの休憩は長いけどw、)、後半をしっかり走り切ってAve.25km/h超を目的としています。
    佐渡島と違って、私が通る区間は信号が無数にあり、Ave.25km/h超を出すには32~40km/h巡航となり、けっこうハードです。 こんな奴が荒川や江戸川のCRに現れたら危険&大迷惑に他ならず、いつも国道がメインになっています。
    いろいろな点で、Ryuさんのトレーニングは学ぶものが多いです。
    しかし、、、物欲党のガラが悪い部分は、Ryuさんが占める要素がかなり多いと思ってるんですけどねぇ、、、どうよ?(爆) 不在とか除名なんて思ったことは一度もありません。 むしろ、アナタはアクティブメンバーだから、どうか品格落とさないでとRyuさんにお願いするほかにありません。 うはは
    ゆるい人もアスリートな人も、楽しさ主体の仲間意識1つで共存できるもんね~ 物欲党、楽しくて大好きな集まりです(^^)
     

  6. ☆ しゅたろーさん
    ウヒャヒャ
    一旦休憩にはいると長いし、信号待ちもかなりの回数なので、24時間計画は妥当かと(自爆)
    そっか~! 魚の事は料理職人のしゅたろーさんに聞けばいいんだ、なるほど。
    ハトヤさん的にはハマチが売りなんでしょうか(なんか笑える)。 それでも、抱っこ用の魚はマグロ? さばかないでくれ、と書いてあるけど(爆)
    ブリはハマチの出世魚で、80cm以上がブリだとか。。。 するってぇと、少年の体の大きさから判定して80cmはなさそうだから、逃げるアイツはハマチ??
    ブリだと少年が倒れるし、ましてマグロじゃ大怪我しそうですね。。。w
     

  7. ロードを買って、富士山登って、鈴鹿走った翌月辺りに、家から自走で
    琵琶湖一回りしたら300キロ越えてました。
    確かあの時は10時間近くかかってたように記憶しています。
    (昼ごはん休憩1時間とその他の小休憩含む)
    当時の走力でよく完走し帰宅できたもんだなぁと自分でも関心するばかりです。
    最近の練習では100キロ越えることなんて殆ど無し!
    9月の総走行距離に至っては150キロ未満!
    これが今の私の実力です[絵文字:v-17]

  8. ☆ ○すかるさん
    ○すかるさんは山を攻めたりレースに出たりしてますから、距離というより中身のほうでしょう。 私は極限状況を避けて楽チンなロングライドですから、苦も無く距離は伸びるってもんです。
    300kmの距離を休憩時間を含めて10時間以内って? そりゃ、ブッタマゲもんですぞ。 佐渡を6時間台前半で走った片山右京並みです。
    (あの方は、もはや人間じゃないw)
    そんなんで、改めて今回の295kmの自分の記録を見てみましたら、メーター計測で走行時間は9時間39分でした。
    むむむ、、、24時間近くかかった私は、14時間以上も停車していた事になります。 信号待ちを差し引いても、休憩は明らかに12時間を超えます。 休憩回数はそう多くないので、1箇所あたりの休憩が異様に長いって事。 恥ずかしくて言えないかも、ハハハ
     

コメントは停止中です。