リタノフで熱海へ行こう

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

cg17-01.jpg7月17日(日) 3週連続の神奈川ライドへ行ってきました。
行き先が変わり映えしませんが、やっぱりここが好き。
R134(鎌倉~大磯)やR1(大磯~小田原)は、信号が少ない上に路面がキレイ、ところどころ海が見えて気分が良いという事で、毎週でも来たいです。
夏のR134。 自分が若き日に描いていた夏の姿が、今も変わる事なくそこにあります。
こう言ってる私はオッサンですが、水着で歩いてる20代の人達にも、20年後にはこの地は同じように映るのでしょうか。
写真の由比ヶ浜(鎌倉)は夏真っ盛り。 昔は積極的に日焼けしている人が多かったように思えますが、今はパラソルどころか、テントまでも。 テントは山で使う物?
海に入る事なく自転車に乗って陸から眺めてるだけですが、海は見てるだけでもワクワクします。

cg17-02.jpg左の写真は、由比ヶ浜から70kmほど進んだ小田原の海。 人で溢れてた由比ヶ浜とは打って変わって、人の姿が殆どない静かな浜です。
この日の計画は、小田原の先、R1最高地点(874m)を通って芦ノ湖(730m?)まで下り、再び登って箱根峠(846m?)を目指すというものでした。 箱根峠を越えて三島まで下ってしまうと帰って来れそうにないので箱根峠まで登るだけです。
しかし朝からの炎天下で、家から80km茅ヶ崎のあたりでバテ気味で、道中では「小田原に着いたときにまだ元気があったら箱根に登ろう」と。 走る気は満々ですが、坂には自信がなくなってきました。
小田原に着いてみて改めて考える。
ただでさえ坂が苦手なところに、暑さで体調が万全ではありません。 箱根の長い登坂は無謀としか言いようがなく、今回は箱根はヤメ。 ただし、平地ならもっと走れそう。
そこで。 行き先は伊豆半島に変更。
バテ気味とはいえ体調が悪いほどではありません。 過去に1ライドで走った最長距離253km(昨年末・湯河原)を更新してみようと思いました。
目指すは熱海。 253kmオーバーのロングライドへ行ってきま~す!

 



cg17-03.jpgR1を走って小田原市内の“早川口”交差点です。
直進すると先ほど断念した箱根ですが、ここを左へ曲がりR135へと入ります。
南下する主な地名は、小田原 → 早川 → (米神海岸) → 根府川 → (真鶴道路) → 真鶴 → 湯河原 → (熱海ビーチライン) → 熱海
となり、この区間で20km強です。
クルマでは散々来ていましたが、自転車でR135へ来るのは、「昨年末の湯河原(253km)」と「2週間前の米神海岸(227km)」に次いで、これが3回目です。
クルマと自転車とでは景色も違うし、道路(坂)の感じ方もまるで違います。 箱根の登坂を避けて平地を選んだつもりが、この認識がまるで甘かった様で、予想外に坂が多いルートでした。

cg17-04.jpg早川、根府川を過ぎると、真鶴道路です。
以前までは、左のR135は普通車200円(当時の真鶴道路)で、右の新道が310円、無料なのは山の中のR135旧道だったと記憶しています
それが今では、R135は無料、新道(真鶴ブルーライン)は310円が200円に値下がりしています。(昨年クルマで通った時には既にそうなっていたかと思います)
私が学生だった頃は、料金所は根府川にあって自転車も有料だったっけ。
真鶴ブルーラインへは自転車は入れないので左のR135を通る事になりますが、料金所を過ぎてからの登坂が自転車にはちょっとキツかったです。

cg17-05.jpg cg17-06.jpg cg17-07.jpg

cg17-08.jpg分岐した真鶴道路が再び合流してくる場所が吉浜橋という交差点、この先の信号を右折すると昨年末に来た湯河原となります。 ここを曲がらずに直進、少し行くと熱海ビーチラインが左へ分岐します。

cg17-09.jpg cg17-10.jpg cg17-11.jpg

cg17-12.jpg熱海ビーチラインもまた自転車は入れません。 仕方なくR135を走りますが、ここもまた海を見下ろすほどの高さまでの登坂となります。 キツイ坂でしたが、このひと山を越えて坂を下ると、そこは熱海です。

cg17-13.jpg cg17-14.jpg cg17-15.jpg

cg17-16.jpg 遂に来たっ! 熱海! 自宅から片道130km
130kmという距離自体はそう遠くはありませんが、帰りも自走する事を考えると私にとっては簡単には踏み出せない距離です。 自転車でいつか来たいと思っていたそんな熱海は達成感でいっぱいでした。
熱海では、お約束の記念撮影スポットと思われる、お宮の松。 撮影する人の順番を待って、“貫一とお宮の像”の前で記念撮影をいたしました(嬉)

cg17-18.jpg

cg17-17.jpg熱海から初島は真正面。 フェリーに乗って、リタノフで初島を走れないものでしょうか。(^^)

cg17-19.jpg熱海へ来るまでに休憩が多かったため、帰路へつく頃には日没となってしまいました。
日が暮れても相変わらず暑かったですが、日照りがきつい昼間よりずいぶんと楽で体調も復活、結果オーライという感じでした。
走り自体は快調でしたが、江の島でパンク。 ツバメ号の後輪が1年半ぶりにパンクしたのが6月の事で、今日はリタノフの前輪がパンク。 なんだかパンクが続いたような気がしました。
鎌倉の建長寺付近でメーターは200km。

cg17-20.jpg220kmを超えた横浜からは疲労が出てきてきました。
気分がハイになってスピードは上がるのですが、信号で停止して脚をついて止まると異様にダルくなるので止まりたくないというもの。 この時ばかりは信号を無視したかったです。
すっかり真夜中になりましたが、パンク以外のトラブルなく無事帰宅でした。
走行距離:  263km
 平均速度:25.0km/h 最高速度:57.3km/h
お陰さまで、自己最長記録253kmを10km更新することができました。
熱海から先は、、、
網代、宇佐見、伊東、川奈、富戸、伊豆高原、熱川、稲取、今井浜、下田 となります。 小田原から下田までは100km近くあるので、自宅からは片道で200kmです。 片道だけなら走れそうですが、往復すると400km??
夢が広がります、伊豆半島 (^^)

cg16-01.jpg最後にオマケ。
この前の日(7月16日)は江戸川CRの小岩~野田橋を往復してきました。
走行距離は55kmですが、17日と合算すると土日で318km走った事になります。 意外と走れるものだと実感する一方で、幸いにして3連休。 18日(祝)はサッカーの優勝に日本が沸き立っている中で私だけぐったりとしていました。
7月の走行は現在で748km。 明日(23日)はなかこ~さんと小田原まで走りに行く予定で予想距離は210km、完走すると958kmとなります。 なかなか達成しにくい“月間1000km”(過去1回)ですが、今月は頑張ってしまおう~と思います。 土日がもう1回あるしネ (^^)v

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 箱根の挑戦に、ポチッと応援お願いします
 ♪♪♪

リタノフで熱海へ行こう」への4件のフィードバック

  1. 一昨年行ったっきりだわ( ̄▽ ̄;)
    しかも大幅に帰り道を間違えて280kmぐらい走った思い出の場所です。
    秋ぐらいには大島まで渡って一泊して次の日は大島一周してフェリーで帰ってくる企画を考えております(`・ω・´)キリッ

  2. ☆ スタさん
    根府川駅ね~! よくご存知で。
    関東の駅百選というのは知りませんでしたが、中学生の頃(30年以上前ねw)に東海道線の写真を撮りたくて、カメラを入れたジェラルミンケースを担いで何度も来ていました。
    根府川駅は崖の上に建ってて駅を出るとすぐに鉄橋となり、ちょっとした絶景です。
    谷をこえて真鶴側の斜面からの景色も最高です。 しかし、当時は私道(私有地)だという意識がなくてみかん畑に勝手に立ち入って撮影していましたが、これって軽犯罪?w
    根府川と聞いて、すっかり興奮しちゃいました (^^;

  3. ☆ Mきんぐさん
    そういえば、昨年一緒に江の島でしらす丼を食べた前後あたりに、真鶴に行ったとか聞いてたけど、その事ですか?
    280kmとはスゴイっす。 どうせなら、皇居を4周して300kmにキリよくまとめてほしかったです(爆)
    大島ってプランは素敵ですねー 竹芝から出発でしょうか。
    Ryuさんなんか、しまなみ海道に行くとか言ってるし、みんなスゴイっす。
    2ヵ月前に北海道に行ったきりまだ走ってる人もいるしw
     

コメントは停止中です。