ハマに消え残る花筏

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

cd16-01.jpg横浜を流れる大岡川下流の長者橋。 川沿いに延々と桜が並んでいます。
ツバメ号に乗って2週間前(4/2・前スレッド)に来たときは、ほとんどの桜が開花寸前でした。
先週頃に桜は満開の“本番”を迎えましたが、あいにく私は見に来ることができず。。。
大方散ってしまっているだろうと思いながら訪問したのが4月16日(土)でした。
花は散り始め緑色の葉が見えていますが、それでも綺麗な景色です。 満開だった先週は、さぞ壮観だったのでしょう。
 
110410kn.jpgその“壮観の図”が左の写真。
横浜の友達がケータイで撮影して送ってくれた、大岡川の満開の桜です。 桜がキレイだし、バックにランドマークタワーってのがヨイ。
この景色が見れるのは、橋にして2つ上流へ進んだ“黄金橋”です。 それでは、早速(^^)v



cd16-13.jpg
 
cd16-14.jpg同じ場所ですが、桜満開の日とは色合いが少し違います。
白さは少ないのですが、それは桜の木の話。 少し離れて見ると、桜は自分の周囲を白で埋め尽くしているのがわかります。

cd16-07.jpg
 
cd16-08.jpg色鮮やかな緑色の葉が出始めた桜の木からは、風が吹くたびに沢山の花弁がひらひらと舞い降りて、道や川面を白く色づけていきます。
桜が散って水面を連なって流れる様子を、昔の人は 花筏 (はないかだ) と言ったそうです。
散り際の美しさ。 川面をゆっくり流れていく無数の白い光たちはどこへ去ってしまうのでしょう。 目に消え残った花筏。 また来年も。

cd16-10.jpg

cd16-09.jpg cd16-06.jpg cd16-11.jpg

cd16-16.jpg天気予報によれば、朝~日中は南の風が暖かさを運んできて夏日にも思える天候だと聞いていました。
南風に舞う桜吹雪は素敵ですが、これから南へ走る私にとっての南風は向かい風そのもの、一種のトラップです(汗) さらに、夕刻からは北風という予報の通りだとすると、行きも帰りも向かい風となります(実際そうでした・笑)
最近は雨にやられる事が減ったのに、風にやられる事が多くあります。 1日中ずっと向かい風という天候にも慣れてしまいました。
 
cd16-17.jpg横浜から25km先。 200kmライドでよく通過する鎌倉です。
2週間前に来た時、鶴岡八幡宮の参道の桜は、横浜と同じく開花が始まったばかりでした。
とあれば、先週が満開のはずで、今日は花が少ないだろうと来る前から容易に予想できていました。
実際来てみると、予想どころか、大岡川の桜よりも花が少なかったです。 トンネルのような参道の桜並木、ここは満開の時に見なきゃ勿体ないです。 来年こそ。
 

cd16-18.jpg cd16-19.jpg cd16-20.jpg

cd16-21.jpgそれでは改めて。 本日もロングライド志向で、3回目の 『三浦半島・時計逆回り』 にて、200km狙いのコースです。
材木座海岸から先は、逗子~葉山を通りR134を三崎方面へ南下しますが、坂が苦手な私にとっては、三浦半島を時計回りに回るよりも各所の坂がキツく感じるコースなのです。
1ヵ月後に迫った佐渡ロングライドの練習ではありますが、三浦半島に比べて自然な地形が多い佐渡島にはもっと長い坂が沢山あり、三浦半島の坂道でヘタる様では佐渡島1周もまだまだ厳しいかなとも思います(汗)
前記のように本日は南風が強く、登り坂+向かい風という厳しい条件も多々あり、ちょっとした試練でもありました。
 

cd16-22.jpg cd16-23.jpg cd16-24.jpg

cd16-25.jpg過去4回、自転車で三崎へ来ておりますが、そのいずれも三崎港を通っていました。 今日はこの三崎で方向を変え、城ケ島へ渡ってみる事にしました。
今まで行ってた三崎港から見上げてしまうような高い橋(城ケ島大橋)があり、これを渡ると城ケ島となります。 クルマは有料道路のところ、自転車は無料です(アハッ)
ベイブリッジの高さには到底至りませんが、それでも下を覗くと、高所恐怖症の私には目が回る高さです。
特に今日は風が吹き荒れており、ますます怖い。 落ちたらきっと痛いっしょ。。。

 cd16-27.jpg
 

cd16-29.jpg cd16-30.jpg cd16-31.jpg
cd16-28.jpg cd16-33.jpg cd16-34.jpg

cd16-35.jpg空への近さに少し興奮を覚えてしまう城ケ島大橋でした。
橋の途中で何人もの自転車乗りの人達とすれ違いながら、城ケ島へ入ると下り坂となります。
行き先は二択。 灯台 or 城ケ島公園 ? 
選択肢が少ない気がしないでもありませんがw、とりあえず灯台の方向へ。
 
cd16-36.jpg難なく灯台へ到着。 と思ったら灯台風の交番でしたw
本物の灯台はどこだ?、、、、丘の向こうにチラリと頭だけが見えました

cd16-40.jpg cd16-41.jpg cd16-42.jpg

cd16-43.jpg島内の案内図
僅かな距離で城ケ島の西端となりますが、灯台に行くには自転車を置いて少し歩かなければならない様です。 黄金町の桜と鶴岡八幡宮参道の桜とで時間をとりすぎた為、今日のところは灯台はパスとしました。。
その代わり? いかの下足焼きが美味しそうだったのでいただく事に。 足が10本、プリプリして美味しかったぁ~
足元には、本日のご当地マンホール。 三浦市の消火栓です。
 

cd16-44.jpg cd16-45.jpg cd16-46.jpg

cd16-49.jpgいかの下足焼きで幸せな気分を味わった城ケ島を後にし、剱崎の風力発電機を見ながら三浦海岸方面へと北上しました。
続いてのご当地マンホールは、先ほどと同じく三浦市の汚水用マンホール。 他の自治体と同様に汚水マンホールは沢山あります。(運よくトリプルも発見w)
中央に市の鳥である “うみう” と、周囲には市の花である “はまゆう” がデザインされています。
次に向かう地は三崎から20km先の久里浜。 目的は先月のリベンジです。
先月はアレを楽しみに寒空を走ってきたのに、営業時間終了だった。。。 今日こそは!

cd16-48.jpg
 
cd16-53.jpg くりはま・花の国
久里浜港を下に見ながら公園のスロープを歩いて登ると、そこはハーブ園の足湯です

cd16-52.jpg

cd16-54.jpg足湯。 先月は失敗でしたが、12月に来たときは足湯にありつくことが出来、非常に快適でした。
『湯足里(ゆったり」』という名のハーブ湯。 目の前にあるハーブ園で収穫したハーブを浸けた湯です。 イメージキャラクターは“くりはなちゃん”(^^)
遠慮なく靴を脱ぎ捨て、ローズマリーの湯に浸からせていただきました。 全身入りたいくらいですヨw
湯足里ですっかりくつろいだところで閉園の時間となりました。 太っ腹なことに、ハーブ園への入場どころか足湯も無料。 閉園と言われたら迷惑かけないようにサッと帰りましょう。

cd16-57.jpg cd16-59.jpg cd16-55.jpg

cd16-60.jpg日没が迫ってますが、これでもずいぶんと日照時間が長くなり、これからは自転車に快適な季節なのが嬉しいです。
すっかり暗くなった時間に通過したのは、走水(はしりみず)の海。 これから帰っていく方面の横須賀の光がキレイでした。
 
cd16-61.jpg

cd16-62.jpg横須賀から追浜、八景島へと抜け、磯子経由で横浜へと戻ります。
写真の遠慮がちな街灯は、馬車道のガス灯です。(3月26日にも訪問
エネルギー源がガスですから、節電推進の現在では重宝な街灯だと思います。
横浜の後は、交差点以外は大方の街灯が消えてる暗いR15を通って東京方面。 コースの殆どが向かい風で、けっこうハードなライドでした。

cd16-63.jpg 走行距離: 208km (Ave-Max:23.9-59.8km/h)
昨年の佐渡ロングライド(5月)以降、200kmの練習走行として16回目となりました。
(200kmライド自体は19回目、横浜ライドは30回目)
5月15日に開催される佐渡ロングライドまで、あと何回200kmライドに行けるのでしょうか?
始めた当初は練習のつもりでしたが、今では200kmライドが無理なく程良い自分のスタイルとなってきた気がします。 横浜という地も知らない場所が沢山ありますが、「ヨコハマ」という響きが安堵を覚えます。
目的だった佐渡が終わってからも、横浜ポタと200kmライドは変わらず続けていきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 桜の満開が見れなかった私にポチッとくださいw
 

ハマに消え残る花筏」への4件のフィードバック

  1. >佐渡ロングライドまで、あと何回
    連休中に毎日乗ると仮定して、カレンダー通りの休みだとしても7回はいけるでしょう。
    いえ、やって下さい! 必須です(笑)
    そしてこの調子で、あとは平均時速25キロへの挑戦もお願いします[絵文字:v-42]

  2. ☆ 暗示の帝王@らすかるさん
    あほかっ! 7回も行けるワケないっしょ~
    んでもね。 3~4回は行くつもりなんですヨ。 平均25km/hもねぇ、、、あんまりやる気ないんですがw
    ってか、昨年9時間16分って言った筈だけど、らすかるさんの言う通り9時間を目指し、登坂もギア1~2枚上げて走ってます。
    せっかく教えてくれたのに、肝心な富士山で生かせないのが残念でなりません。 来年はゼッタイ。
    そろそろ、大阪から自走で箱根なんていかがですか(笑)
    -----
      ▼追記(4/25)
      ・・・とは書きましたが、帝王に失礼があってはいけないので
      4/24に200km超かつav.25km/h超をやってきました。
      本気走りで全身ガタガタ、マジ疲れましたぁ~
      詳細は次の記事にさせていただきます(^^)v
     

  3. ごぶさたしてます。
    もうすぐですね~。
    がんばってください。
    しかし週末200kライドはさすがです。

  4. ☆ trueblue66さん
    ここまで来ると、片道100kmの場所は遠く感じなくなってきました。w
    しかし、佐渡には山あり(谷はありませんw)なコースです。 特有の地形で、「一旦山へ登ると、丁寧に海の高さまで下がる」という繰り返しで、しかも坂の1つ1つが長い。 
    その点、距離には慣れても所詮は平地の練習。 距離や風には慣れても坂には慣れていない。
    そして、信号のストップ&ゴーには慣れていますが、私にとっては赤信号は大切な小休止。 佐渡には信号が無く、延々と走り続けるノンストップ地獄。
    2度走っててナマジッカ知ってるだけに、佐渡は恐怖ですヨォ(大汗)
     

コメントは停止中です。