ワイドレシオなスプロケ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

pn1343.jpgロードバイクはパーツを換えるだけで性能アップする事が出来ます。 このブログで言うリタノフ。 買った当初に比べるとかなり軽快になりました。
競技をする人への恩恵もさる事ながら、私みたいな速く走れないオッサンにも効果抜群。 『ひょっとしたら自分が速いのでは?』 と素敵な妄想を抱かせてくれます。 自分に適した機材という場合もあるし、自分が求めている機材という場合もあります。
今回。 自分が求めている機材がやってきました。
いつもならばリタノフやアンジェリーナ号が改造の餌食となっていますが、今回はツバメ号を改造することとしました。 こんだけ改造好きな私でも、『自転車はプロショップに依存してこそ価値が上がる』というのが基本。 ツバメ号はフルオーダー車だし、掃除以外のことはライトサイクルさん任せです。

pn1345.jpgそこで私のもとに来たのが、 CS-6700
67アルテグラのカセットスプロケットです。 今までは CS-6600 の 12-25T という標準的な物でしたが、今回は違います。
ギア構成: 11-28T ワイドレシオだっ
何故にこんな物を? もうすぐ佐渡だから? いいえ違います。 これは6月のMt.富士ヒルクライム対策です。
このオッサン。 少しばかり楽をして登ろうという魂胆です。 ただし、ショップに相談の上で使用条件(この記事で後述)を伴っているので、佐渡では使用しません。
それなりの理由、それなりの効果、それなりの楽しみ、そしてそれなりの欠点。 検証してみました。

続きを読む