チェーン切れ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7693.jpg今年に入って3回目の自転車通勤。 実に3週間ぶり。 
やっぱり、自転車通勤は楽しい!
しかし通勤往路、会社に近付くとリタノフの調子が悪く、意図せず勝手に変速してしまう状態。 普通だったらアジャスター調整で解決するのですが、どうもうまく直らない。 おっかしぃなぁぁ・・
帰路ではさらに具合悪くなり、しまいにはフロントチェーン落ち、数回。 ヤバイねぇ、これ。
しばし判走してた見知らぬローディ・TREK君との走りが楽しかったのですが、それもヤメ。
帰宅してワイヤーを締めなおすカナ、って思って何気に見ると。。。  ありゃっ!チェーンが・・・・!

DSCN7694.jpg写真に分かりやすく曲げたのではなく、本当にひん曲がっていました。
アブネェ、アブネェ、、、このまま乗ってたら転倒するか、チェーン飛ばしてさっき後方にいたTREK君を巻き込んでいたか、考えるとゾッとします。
自宅とはいえ、予備チェーンなんか持っていない。 どうやって解決するか? 当然、壊れた駒を取り除いて繋ぎ直すしかないネ。

続きを読む

佐渡ロングライドまであと112日

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

sadomap1.jpg2009 スポニチ佐渡ロングライド210が新潟県・佐渡島で開催されます。
日程は5月17日。
佐渡ロングライドへは初めてエントリーしました。 210km、130km、100km、40kmの4コースのうち最長の210kmにしました。 左図(クリックすると拡大)にして、佐渡島の外周を1周するコースです。
佐渡ロングライドは今年で4回目だそうで、同じく今年で4回目を迎えるツール・ド・ちばと同じ年歴でしょうか。
昨年、無事に(運よくか?)走破できたツールドちば2008の距離は389km。 3日かけて房総半島を走るもので、1日平均130km。 3日連日というハードルは、考え方を変えれば『130km走る毎に十分な睡眠がとれる』 というもの。 その他に、房総センチュリーライド(160km)銚子センチュリーライド(160km)など。
そして、今回は未踏の210kmとなったわけです。
正直、完走する自信はありません。 そんな長距離、走った事ないわけですから。。w
でも、自信ないからこそチャレンジする楽しみなので、厳しいほど制覇した喜びはデカイ。
ではこの210km
平らな210kmなのか?坂だらけの210kmなのか?海風はどれくらいキツイのか?
コース断面図は、こんな感じです。
    ↓

続きを読む

坂バカ シャカリキ!

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7687.jpg1月23日。 DVD 『シャカリキ!』 の発売日。
4ヶ月前に映画を見に行って、また見たいなぁって思ってたところにDVD発売。
Amazonに注文入れておいたら発売日に届きました。
『坂やったら誰にも負けへん』
『なんで走んのや?』
『アホか! こんな、オモロイもん、他に無いでぇ!』 のセリフが印象的。(^^)
漫画だったのが映画化されたもので、なかなか面白い。
走りの質を求めるというよりは、頑張って走るというのがこの映画。 シャカリキ!という題名ですから、シャカリキでないと。(^^)
私は同じようには走れませんが、この映画のシーンを思い浮かべては走る事、多々あり。w
この漫画・映画の影響かな。 けっこう走りへの気合いが変わりました。 いえ、気合いが変わっただけで走りが変わったわけではありませんので、あしからず、、、です。(笑)
とりあえず開封して、1回見ときました。(^^)
あらすじは、こちら ↓

続きを読む

佐渡島210km

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7680.jpg昨年のマイブーム。 ツール・ド・ちば2008
こんなオッサンでも練習すりゃ、3日かけて389km走ることも出来た。
すごく楽しかった。 満足しました。 “2009”も行きたいし、もっと速く走りたい。
そして。 遂に今年の目標がやってきました。
 2009 スポニチ佐渡ロングライド210
5月17日。 今度は1日で210km。
輪行で自転車を背負い日本海へ。 心して佐渡島へ渡ります。
明日から受付開始です。 申し込んだ瞬間から、準備開始です。
公式サイト http://www.sado-longride.com/
受付はスポーツエントリー http://www.sportsentry.ne.jp/event.php?tid=17450

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←未踏の210km、応援してくださいね~ 正直、ビビってます。
検索タグ: 佐渡ロングライド2009sd

カーボンのワックス

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7644.jpgツバメ号がやってきて10ヶ月半。 雨をかぶる度に汚れまくったスプロケ&チェーン清掃。 ついでにボディも洗うのですが、最近はツヤが無くなってきました。 細かい傷もそうだし、暑いときには汗もついてしまいます。 泥水がかかった上に目も届きにくいのがフレームの裏側。 なんか汚いネェ。 洗っただけではそんなもんか。 皆さんの自転車はどうされていますか?
そうだ。 ワックスかけてみよう。
思い立ったらオートバックス。 行ってみると色んな種類のワックス(コーティング)が。 ダーク系、メタリック系、、、コンパウンドの有無など。 クルマだと分かるんですが、 カーボンの自転車には何を使えばいいんだか。 いえね、、ワックスの箱の説明欄をザッと読むかぎり、『樹脂部への使用はNG』というのが一部にあります。
ちゃんと説明欄を読んでよかったかな、とりあえず買うのをヤメて帰ろう。
・・・と思ったら、目に飛び込んできた。 聞き覚えのある商品。

DSCN7643.jpg プレクサス
ひろさんのブログで聞き覚えがあった物です。
傍にパンフレットがあったので読んでみると、、戦闘機のキャノピー(強化プラ製の風防)をはじめ、樹脂部分などにも有効だとか。 (詳しくはサイト)
ザッと読んだ限り、コーティングされていない金属部分や布のように吸収してしまう場所以外はオッケーで、プラ系の部分はドンと来い! ってな感じ。
それに、ひろさんも大丈夫だと明記してるし、それなら安心。 うっかり普通の車用ワックスを買わなくてよかったです。
ハイ。 決定。 買いましょう、買いましょう。 プレクサス。 早速使ってみました。

続きを読む

牛革の自転車だっ!

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7625.jpg横須賀の“mシダータのアトリエ
このブログで何度かご紹介していますが、革製品を手作りで作ってくれるところで、私は自分のバッグの製作をお願いしたりしています。
さて、この自転車は何ぞいね? パッと見るとピストですが、普通のピストとは違うんです。
よく見ると~・・・革張り! ハンドルバー、トップチューブ、ダウンチューブ、サドル。 付属品には、サドルバッグ、トゥーストラップまで色を揃えてあります。 なかなかファッショナブルな自転車ですねぇ~

DSCN7631.jpg写真の自転車は売り物ではなく、お客様のピスト。
現車はブレーキなしですが、トップチューブの左サイドを見ると、Rブレーキのアウターワイヤーを通す部分があり、これも革紐で出来ています。
ロードバイクの場合だとアウター受けが装着されているからこの革紐は不要ですが、ピストにブレーキを装着するには便利そうですね。
私、mシダータさんとはお付き合いも長くお気に入りのショップなのでPRしちゃいますが、革製品をオーダーで作ってくれる所で、世界に1つしかない自分だけのバッグが欲しいとか、そのバッグのメンテが本業なので、自転車屋さんではありません。
最近は自転車をドレスアップするのを始めており、サイクル誌にも記事が書かれています。 後述する革製バーテープなどは既に売り始めています。
では、各部の検証といってみましょう。
オマエは調査員かよって? ハイ。 調べてこそブログですから~w

続きを読む

バンク Part.2

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7579.jpgケイリン!!
4日経った今でもまだ興奮から覚めない私ですが、きもけんさんのブログを見ていたら、TMR・モクさんが撮影&編集した動画がアップされていました。
BGMがレコされているので、音を出して見るとこりゃスゴイィィ~!
徐々にスピードアップされている様子。 編集が良いと、こうもキレイに仕上がるんですね。
この私も画面の端っこに登場します。 動画1:55で画面の右端から現れる2台の自転車の後ろ側。 上下・白のウェア着たのが私。 12秒後の2:07で消えます。w
いえいえ、私を見ろ~・・・じゃなくて、BGMを聞きながら全部見てくださいネ。
Youtubeにアップされていたので、そのままリンクして次の画面に表示させていただきました。
モクさん、きもけんさん。 ありがとうございました。

続きを読む

ケイリン! バンク!

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7607.jpgここはどこだ!? 競輪です! ケイリン! ケイリン!
スロットというギャンブルから足を洗って1年半、今度は競輪デビュー?
観客席ではありません。 今度は地面に足が着いてます。(^^)
競輪場へ自転車持ち込み! ヒャッホ~
短距離走が苦手な私ですが、TMR・きもけんさんからお誘いいただき、夢のバンク走行へ行って参りました。 お誘いいただき、ありがとうございました!

DSCN7582.jpg記事を書きながら再び興奮しておりますが、これを見てください!
自転車だけの為に作られた素晴しくも神聖な空間。 走行への安全を誓うのは一般道と変わりありませんが、いくらでもスピードが出せる場所。
陸上のトラックと同じく1周400m。 高速走行でも曲がれるように最大34度の斜度が付けられた壁のようなバンクがあります。 擂り鉢のようなバンクの頂上に上ると2階建の屋根くらいの高さがあります。
この急傾斜(カント)のついたバンクを通過するには60km/hの速度がちょうどいい設計だそうで、一般に競輪の速度は60km/h~・・・速い選手で70km/h程だとか。 バンクを駆け降りる時などはもっと出ているんでしょうね。
いえいえ、これは競輪選手の話です。 オマエはどうよって? ウヒャ~!
では、このヘボ男のバンクデビュー?のお話、後半へ続きます。

続きを読む

よく効くブレーキ

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7566.jpgリタノフのブレーキ交換。 記事の最初は前回のおさらいです。
2年近く乗った結果キャリパーのリリースレバーの動きが悪く、昨年末にキャリパー交換をしましたが、シューの向きがリム方向に合わずかなり曲がって装着となり困りました。
「リムとシューは平行」だと思っていた私ですが、実はこれは『後方が少し浮いてる状態=トーイン』とする必要があり、それは先日、トーイン調整できるシューセット“シマノBR-6600”に交換することで、前輪は解決しました。
前(つま先=トー)が閉じてハの字状態がトーイン、前が開いて逆ハの字状態がトーアウト。
では、ここからが今回の作業~完成編です。(^^)v
左上の写真は、キャリパー交換後まだ何も処置を施していない後輪ブレーキですが、こちらは前開きのトーアウト状態。 片方が開いた状態という時点でキーキー音が鳴るのは防げるしブレーキもちゃんと効きます。 ですが、せっかくここで『0.5mmのトーインが良い』と分かったので、再び、シマノ(アルテグラ)シューセット:BR-6600をもう1組購入しちゃいました。
では、作業といきましょう。

続きを読む

ブレーキの角度

※旧ブログから移行した記事です。リンク切れ、画像・改行・文字装飾がお見苦しい点ご容赦ください。

DSCN7526.jpg昨年末にリタノフのキャリパーブレーキ交換を行った際にブレーキのシューがリムに平行に当たらずに困ったことがありました。
いえ、それは私の経験&知識不足によるもので、ブレーキシューは平行ではなくて“トーイン”と言って、若干斜めに接触するように設置するのが正しいというのを、コメント欄で教えていただきました。  教えてくれて感謝!
その後調べた結果では、シューとリムが完全に平行になっていると、シューがリムに当たったときに音鳴りの原因になったり、微妙な当てブレーキがしにくくなったりする弊害が出るため、前方から先に接触する向きで後側が0.5mm~1mmくらい浮く状態が良いとか。
では、リタノフがどうなっているか? 写真を見るだけでもお分かりと思いますが、トーインは出ていてもこんなに開いていてはブレーキはろくろく効かない酷い状態。 実際に使用してみてブレーキ自体は効きますが、本来のパフォーマンスは出ていないでしょう。

DSCN7529.jpgキャリパー部をグイッって曲げるのも何なので、もっと簡単に調整できる方法がないか?って調べた結果がコレ。
トーイン調整ができるロードブレーキシューセット。 シマノ・アルテグラ BR-6600。
このシューセットは、キャリパーに固定する際にその角度を変えられるという便利モノです。 実売2千円弱。 Dura-Aceだと4千円近くって高い! 2千円ならいいだろうネ、って思って通販で即注文。
ここで大きな間違い発覚・・・! 2千円って1組の価格で、1組買ったはいいけど、、、ブレーキって前後あります。 やばい、2組買わないといけないぢゃん。 アッチャー・・・やっちまった。
無い物を悔いても仕方ない。 大きな問題があるのは前輪なので、今回は前輪だけ交換する事として作業開始しました。

続きを読む